リーバイス501着こなし【メンズ】オシャレに穿くテクとサイジング

ジーンズと言えば『リーバイス』、デニムと言えば『リーバイス』、『リーバイス』と言えば”デニム”という図式が成り立ってしまうほどのザ・キングであるデニムブランドであり、ワークウェアブランドが『リーバイス(Levi’s)』。

代表モデル「501」のレギュラーストレートシルエットは今日のトレンド的なシルエットではありませんが、穿き方次第で穿く人の魅力、個性が出るデニムパンツ。

そして、「501」の中でも現代向けに改良されたタイトストレートシルエット、スキニーがリリースされているなど『リーバイス』は進化と変化を続けています。

『リーバイス』501ジーンズのザックリとした歴史と古着

ウェキペディアや他のウェブサイトでも書いていることですし、本格的にジーンズと呼ばれ、戦後のザックリと概要だけ。

最初は鉱夫が寝泊まりに使うテントのキャンバス地(綿帆布)

Miners
Miners / Phillie Casablanca

ゴールドラッシュで沸くアメリカ。多くの鉱夫が求めたものはタフさ、丈夫さ。安く簡単に仕立てしやすいキャンバス地のパンツが後のデニムパンツ、すなわち後に出る『リーバイス』501の原型。

古着ですが同じ501ジーンズでもシルエットは微妙に違う

古着ですと「66」と呼ばれる前期と後期で大きくヴィンテージの価値が違うのですが、この近い年代でも違いますね。

過去に穿いた人の体型も影響していますが、穿いていないデッドストックと呼ばれるものでもシルエットの基準があるにせよ、着用感が違う。これは現代とは違う縫製技術、素材、生地のせいかなと思っています。古着の『リーバイス』501を買う方の参考になれば。

『リーバイス』501のテーパードストレートシルエットジーンズ

テーパードストレートシルエットは私のようにレギュラーテーパード、レギュラーストレートと呼んだりする方もいます。ウエストは腰履き用になっていないので細めで、股上も深くなっていて、膝から下にかけてゆっくりとテーパードされた形。

ブランド表記では同じウエストサイズでも、27インチであったりします。『リーバイス』のジーンズでは30インチで76センチくらいです。

『リーバイス』501ストレートジーンズをおしゃれに穿く3つの基本テクニック

『リーバイス』501ストレートジーンズをおしゃれに穿く3つの基本テクニック 画像1
昨今のスキニー、スリムパンツのように穿くだけでスマートなシルエットを作れるわけではないことは事実。だからこそ、自分の体型を活かした細かい着こなしテクニックがある程度は必要になってきます。ザックリと箇条書きで書いていきます。

Levi’s
LEVI’S(R) VINTAGE CLOTHING 1947モデル 501(R) JEANS NEW RINSE

1・手っ取り早いのはアンクル丈や少しロールアップ、あとレングスはワンクッションくらいに抑える
2・リジッドよりもある程度色落ち、ダメージがある
3・アメカジも良いけど、トラッドファッションやアウトドアファッションをミックスする

リーバイス501ストレートジーンズのサイジング

リーバイス501ジーンズのサイジング 画像1

via:WEAR

あくまでも、オリジナル501のサイジングになります。

腰回りと太もものシルエットはスッと縦に落ちるように、膝周りと裾も膨らまないようなサイジングが理想的。横に膨らむシルエットは無骨すぎてスマートじゃないかなと(昔ながらのアメカジや渋カジを通すなら話は別です)。

裾処理もレングスは30インチくらいまでで、ロールアップもつかいながらシュッとコンパクトにまとめるとバランスが整えやすい。

『リーバイス』501ストレートジーンズの無骨だけどスマートなメンズ着こなし

501をロールアップでシルエットをスッキリと軽やかに

『リーバイス』501の無骨だけどスマートなメンズ着こなし 画像1

via:WEAR

シャツ:JUNYA WATANABE
デニムパンツ:リーバイス501
スニーカー:VANS
リュック:ARC’TERYX

上品な『ジュンヤワタナベ』のミントグリーンのシャツに無骨なシルエットの501をロールアップで。ローカットスニーカーで足首を見せてスッキリとした印象を与えるオシャレ感抜群の着こなし。

ヴィンテージ感のあるトラッドスタイル

『リーバイス』501の無骨だけどスマートなメンズ着こなし 画像2

via:WEAR

デニムパンツ:リーバイス501
シューズ:Dr. Martens

ピーコートとレザーシューズでトラッドスタイルに501を。余計なレイヤードもなく、色合いと質感で魅せるこなれ感。

計算された引き算のシンプルコーデ

『リーバイス』501の無骨だけどスマートなメンズ着こなし 画像3

via:WEAR

ニット:VINTAGE
デニムパンツ:リーバイス501
スニーカー:オールスター

キレイな色落ちとアタリがでているライトブルーの501と白のケーブルニットの組み合わせ。

スニーカーを合わせてトラッドテイストを弱くしてカジュアルとバランスを取っていますね。オシャレ感がにじみ出ています。

ライトブルーの501に黒を効果的に使ったメリハリコーデ

『リーバイス』501の無骨だけどスマートなメンズ着こなし 画像4

via:WEAR

デニムパンツ:リーバイス501
手袋:SILAS
スニーカー:オールスター

501をタイトめに穿き、ロールアップも強めでスケーターとバイカーを足して2で割ったような雰囲気のストリートミックスファッション。

ロックを感じるけど、ロック過ぎないさじ加減。

相性がいいアメカジとアウトドアテイスト

『リーバイス』501の無骨だけどスマートなメンズ着こなし 画像5

via:WEAR

アウター:HB
シャツ:HOUSTON
デニムパンツ:リーバイス501
ブーツ:Danner

ネイティブジャケット、チェックシャツ、マウンテンブーツに501をあわせて、アウトドアとアメカジをサラリとミックス。タイトなトップスのサイズバランスもイイです。

501のスリムタイプは、全体をIラインシルエットで着こなす

『リーバイス』501の無骨だけどスマートなメンズ着こなし 画像6

via:WEAR

アウター:SHIPS JET BLUE
デニムパンツ:リーバイス501
ブーツ:RED WING

穿いている501は新しいスリムモデルかなと思います。相性がいい『レッドウィング』のワークブーツで足元はドッシリと固めて、トップスはベーシックで今日的アイテムで。

日本と海外のいいとこ取りな雰囲気

『リーバイス』501の無骨だけどスマートなメンズ着こなし 画像7

via:WEAR

アウター:URBAN RESEARCH
インナー:Champion
デニムパンツ:リーバイス501

501デニムパンツを合わせ、ストリート感を残しながらもトラッドな着こなし。カッコいい色落ちをしている501で勝負は決まっていますね。コーデはあとから自然とついてくるです。

ルーツ強めのクラシカルな501の着こなし方

『リーバイス』501の無骨だけどスマートなメンズ着こなし 画像8

via:WEAR

アウター:VINTAGE
デニムパンツ:リーバイス501

古着のピーコートを合わせてクラシカルな雰囲気がカッコいい。501のシルエットがわかりづらいですが、無駄がなくて本人の雰囲気に合っている着こなし。ピーコートのミドル丈も絶妙な長さ。

ネイビー×インディゴのデイリーユース501コーデ

『リーバイス』501の無骨だけどスマートなメンズ着こなし 画像9

via:WEAR

プルオーバーパーカー:URBAN RESEARCH DOORS
デニムパンツ:リーバイス501
スニーカー:オールスター

パーカーに501のデニムパンツを合わせたシンプルなネイビーコーデ。リジッド感の強い501に、胸ポケットがついたナイスなディティールのパーカーと赤のオールスターでアクセント。

▽合わせるスニーカー、レザーシューズ、ブーツについて:

▽合わせる際のコツも書いています。501と共通する部分も多い:

▽501に限定されていない、『リーバイス』アイテムの着こなし:

進化する『リーバイス』501ジーンズの現行と種類

過去モデルや最新モデルは『リーバイス』公式でチェックを。501®オリジナル、501®スキニー、501®T(TAPER)の3ライン。

501® オリジナル

オーセンティックな501を楽しめるオリジナルライン。新作ももちろん、ヴィンテージクロージングも人気。リジッド、ウォッシュ、アイスブルーなど多数ありますけども、リジッドが経年変化を含めて穿き回しやすい。

501® スキニー

501ベースでありながら、今時のシルエットに調整しているスキニーライン。ジッパーフライが多い中、501を象徴するボタンフライは健在。こちらも、リジッド、ウォッシュ、ダメージなど店舗によって様々に展開。

501®T(SLIM TAPER)

股上をスキニーより深めにしながらも、オリジナルとスキニーの中間であるタイトライン。ストレッチが苦手な方はこちらのほうが穿きやすい。

全般的に主流となっているパンツシルエットが楽しめる。シーズンによって色、加工など在庫はバラバラ。

LEVI’S E-SHOP リーバイスオフィシャルストア
LEVI’S E-SHOP
リーバイスオフィシャルストア

▽ロールアップテクと501は併用したい:

▽『リーバイス』と合わせたいワークブーツ関連

▽『リーバイス』と『チャンピオン』パーカーとの組み合わせは王道。今のアイテムを使えば昔のようなコテコテなアメカジにならないと思います。

▽合わせて読みたい:

Thumbnail by:MAGASEEK:LEVI’S(R) VINTAGE CLOTHING 1947モデル 501(R) JEANS NEW RINSE

RELATED ARTICLE

  1. メンズ農家の服装。好印象を持たれるカジュアルファッション

    メンズ農家の服装。好印象を持たれる大人カジュアルファッション

  2. ダウンジャケット着こなし【メンズ】冬コーデはやっぱりダウン

    ダウンジャケット着こなし【メンズ】冬コーデはやっぱりダウン

  3. おすすめレザージャケット特集|冬に着たいメンズアウター

    おすすめレザージャケット特集|冬に着たいメンズアウター

  4. レッドウィング着こなし|きれいめアメカジコーデ術【メンズ】

    レッドウィング着こなし|きれいめアメカジコーデ術【メンズ】

  5. 6月服装。初夏のメンズファッションコーデ【東京(本州)と北海道】

    6月服装。初夏のメンズファッションコーデ【東京(本州)と北海道】

  6. 春の即戦力新作アイテム【メンズ2022】アウター、インナー、パンツ等

    春の即戦力新作アイテム【メンズ2022】アウター、インナー、パンツ等

  7. 寒い真冬のライダースジャケットのインナー着こなしテクニック5

    寒い真冬のライダースジャケットのインナー着こなしテクニック5

  8. 気温29度の服装【メンズ】夏のこなれ感あるサンダル着こなしコーデ術

    気温29度の服装【メンズ】夏のこなれ感あるサンダル着こなしコーデ術

PAGE TOP