チャンピオンパーカーコーデ|6つの着こなしメンズファッション

チャンピオンパーカーコーデ|6つの着こなしメンズファッション

1919年ニューヨーク州ロチェスターで創業され、クラフトマンシップが溢れるスポーツ・カジュアルブランド『チャンピオン』。縫製、ディティール、素材、生地のこだわりから作られる製品の雰囲気は「あぁ、チャンピオンだよね」と感じるオリジナリティ。

代表的アイテムの1つ、『チャンピオン』のパーカーを使ったメンズコーデをご紹介。様々なファッションジャンルの着こなしを自由に横断できるミックスコーデが楽しめる。

チャンピオンのパーカーがハマる6つのファッションタイプ

ストリートタイプ

チャンピオンストリート 画像1

via:wear

ルーズシルエット、タイトシルエットのメリハリ、ごちゃ混ぜ感とちょっとやんちゃな雰囲気を感じさせるストリートコーデに”ドッシリ感”をチャンピオンのパーカーは与えてくれます。

近代感と言いますか、銀系とも言いますか、いい意味で地に足がついた感覚ですね。

アメカジタイプ

チャンピオンアメカジ 画像1

via:wear

アメカジタイプはそのままです。ただ、ここでいうアメカジは90年代に多くありがちなイメージのアメカジだけではなく、近代的になっているストリート感覚を上手に取りいれたアメカジも含んでいます。

アメカジと強く関係する”ラギッド”ファッションもチャンピオンのパーカーは相性良しです。

アウトドアタイプ

チャンピオンアウトドア 画像1

via:wear

チャンピオン自体が”スポーツ・カジュアルウェアブランド”ですから、パーカーとの相性はモチのロンです。
細分化するとアウトドアでも、スポーツ要素が強いアイテムで着こなすタイプ、あくまでライトでワンポイント使い、タウンユースで使いやすいアイテムで着こなすタイプなど分けられます。

スポーツタイプ

チャンピオンスポーツ 画像1

via:wear

細分化すると説明がややこしくなるので今は書きませんが、アウトドアタイプと同じように程度のバランスですね。簡単なのはスウェットパンツ、ジャージパンツをボトムスにチャンピオンパーカーをサラッと着るパターンが多い。

シンプルタイプ

チャンピオンシンプルタイプ 画像1

via:wear

シンプルタイプは、ファッションジャンルワケが明確に出来ない、普通と呼ばれるそつなくというタイプと、上手に各ファッションジャンルを散らばせて馴染ませるのが上手いタイプに分けられます。

チャンピオンのパーカーは、トレンド的と普遍的の2つの要素を持っていますので、シンプルタイプのファッションが好きな人も取り入れやすいアイテムですね。

大手セレクトショップタイプ

大手セレクトショップタイプ 画像1

via:wear

時代の流れを上手に、店ごとの色を出しながらも、品よくカジュアルコーディネートのバランスを取るタイプです。

シンプルファッション+αですね。当然、コラボアイテムも作るセレクトショップですので、チャンピオンのパーカーはモチのロン。

『チャンピオン』のパーカーは懐が深い、大きい

ファッションジャンルタイプで、気がついた方も多いと思いますが、チャンピオンのパーカーは『ほぼ、どんなファッションでも合う』のが結論。あとは、自分が好きなファッションスタイル、着こなし方、色具合、シルエットと相談です。

では、6つのファッションスタイルのテイストをミックスしている着こなしを『アメカジ』、『アウトドア』、『スポーツ』、『シンプルストリート』と分けてコーディネートを紹介。

大きく分けていますが、随所に6つのファッションジャンル要素を何処かに取り入れているテクが入っています。

チャンピオンパーカーコーデ【アメカジミックス】

ライダース×チャンピオンパーカー×ジョガーデニム

ライダース×チャンピオンパーカー×クライミングデニム 画像1

via:wear

アウター、パンツ:ジャーナルスタンダード レリューム
パーカー:Champion

オーソドックスなライダース×パーカー×デニムのアメカジ着こなしを、スポーティなチャンピオンとジョガーデニムでアレンジ。
スマートな印象を残す爽やかなチャンピオンパーカーのスポーツ×アメカジコーデ。

チャンピオン×スタジャン

 画像1

via:wear

アウター、パンツ:ジャーナルスタンダード
パーカー:Champion

上品な大人のアメカジとストリートをミックスした着こなし。シンプルな着こなしにサイジングとカラーバランスが光る。

ストリート色をかなり強めに。ミックスセンス抜群

 画像1

via:wear

カバーオール、ジーンズ:リー
パーカー:チャンピオン
シューズ:ドクターマーチン
帽子、バッグ:MONITALY

アメカジ、トラッド、ワーク、ストリートのエッセンスを上手にミックス。
ワークテイストできれいなアメカジを感じさせるのはサイズ感とリーのウェアを選んでいるから。

パーカー×デニムジャケット×デニムパンツ

デニムデニムジャケット×デニムパンツ 画像1

via:wear

デニムジャケット、デニムパンツ:ドゥニーム
パーカー:チャンピオン

定番的なアメカジも、サイズ感とアイテムの選び方、髪型、体型でガラッと変わります。
今の気分では、アメカジ感をどれだけ土臭く感じさせないのがチャンピオンのパーカーをおしゃれに見せる着こなしポイント。

アメカジ×ストリートの上手なバランス

 画像1

via:wear

パーカー:チャンピオン
カットソー:フリークスストア
デニムパンツ:フルカウント
スニーカー:バンズ

今日的な、アメカジファッションで真似しやすいメンズも多いのではないでしょうか。
サングラスとキャップのかぶり方でストリート感を強めにして、チャンピオンパーカーでほのかなアメカジを。

サイズをタイトめにして今日的アメカジ

サイズをタイトめにして今日的アメカジ 画像1

via:wear

パーカー:チャンピオン

都市部でのアーバンなサーフファッションに近いチャンピオンパーカーを使ったアメカジファッション。
帽子とトップスをグレーで合わせるのがポイント。サラッとしてますよね。

チャンピオンパーカーコーデ【アウトドアミックス】

アメカジ×スポーツ×ストリートにアウトドア感をちょい足し

アメカジ×スポーツ×ストリートにアウトドア感をちょい足し 画像1

via:wear

パーカー:チャンピオン
ボトムス:アズールバイマウジー
スニーカー:プーマ スウェード
キャップ:DEUS EX MACHINA

ジャンルミックスが上手。霜降りになっているチャンピオンパーカがストリート色を感じさせ、デウス・エクス・マキナでサーフ感、プーマでスポーツ感を。

アウトドアミックスに決めたのは、ベストのサイドポケットデザインと雰囲気です。

リーズナブルカジュアルブランドでスポーツアウトドア

リーズナブルカジュアルブランドでスポーツアウトドア 画像1

via:wear

ダウンベスト:ギャップ
パーカー:チャンピオン
ボトムス:ユニクロ
スニーカー:ナイキ

お手軽と言ったら失礼ですが、スポーツテイストとアウトドアテイストを上手に。
アウトドア感を感じるのは、本人が持つ雰囲気、顔立ち、ダウンベストの色です。

コーチジャケット×パーカー×チノパン

コーチジャケット×パーカー×チノパン 画像1

via:wear

コーチジャケット:チャンピオン×アーバンリサーチ
パーカー:アーバンリサーチ
ボトムス:ディッキーズ

最初に断っておきます。パーカーはチャンピオンじゃございません。ピックアップした理由はコーチジャケット。
アウトドアレジャーやストリートシーンでアウトドアテイストを作るアウターとして、マウンテンパーカーに次ぐアイテムだからですね。

元々、チャンピオンのパーカーじゃなくても着こなしはできますが、チャンピオンのロゴ、リヴァースウィーブパーカーのディティールを見せるスタイリングでアクセントをつけるのもイイです。

インディゴチャンピオンスウェットでアメカジ感とアウトドア感を

インディゴチャンピオンスウェットでアメカジ感とアウトドア感を 画像1

via:wear

スウェットパーカー:チャンピオン

チャンピオンのインディゴスウェットとペインターディティールのパンツでワーク感のあるアメカジとアウトドアもプラス。全体シルエットでスポーティなアクティブ感もイイ。

ワークジャケット×チャンピオンパーカー×パンツ

ワークジャケット×チャンピオンパーカー×パンツ 画像1

via:wear

アウター:PORT LONGBEACH
パーカー、パンツ:Champion

アウターのワーク感とパンツの色合いが絶妙なアーバンなアウトドアミックスになっていますね。フィールドと街をつなぐファッション。
ロールアップしたボトムスシルエットも、ユルさもあるんだけど無骨でカッコいい。

チャンピオンパーカーコーデ【スポーツミックス】

チャンピオンブルーパーカー×カモ柄パンツ

チャンピオンブルーパーカー×カモ柄パンツ 画像1

via:wear

アウター:CORISCO
パーカー、パンツ:Champion
スニーカー:アディダス

スポーティな印象を受けるネイビーパーカーとカモ柄パンツの組み合わせがイイですね。ナチュラルだし、アウトドアテイストもベストでちょい足しもイイ。

スリムスウェットパンツでスポーツとアメカジのミックス

スリムスウェットパンツでスポーツとアメカジのミックス 画像1

via:wear

デニムジャケット:ZARA
パーカー:チャンピオン
ボトムス:GU
スニーカー:オールスター

アーバンサーフ、アメカジ、スポーツです。スポーティなブランドではなく、GUのスウェットパンツの生地感とサイズ感、チャンピオンパーカーのカレッジロゴ感で見せています。

グレーパーカー×リブパンツ×リュックで適度なルーズな感

グレーパーカー×リブパンツ×リュックで適度なルーズな感 画像1

via:wear

アウター:Ciaopanic
パーカー:チャンピオン
ボトムス:GU
リュック:GU

スポーツミックスと呼んでいいのか難しかったのですが、あくまでミックスするということならば。
ルーズシルエット具合とパーカーのグレーで、アウターをカジュアルに見せるキメすぎない感じがいいなぁと。

チャンピオンブラックパーカー×アディダストラックパンツ

チャンピオンブラックパーカー×アディダストラックパンツ 画像1

via:wear

アウター:ALPHA
パーカー:チャンピオン
パンツ:アディダス
キャップ:Supreme

ベタだけど、黒でまとめた男気あるスポーツミックススタイル。この方はアウターとパンツのさじ加減で色んな着こなしが出来ますね。

パープルパーカー×ニードルズのネイティブジャージ

パープルパーカー×ニードルズのネイティブジャージ< 画像1

via:wear

パーカー:チャンピオン×チャオパニック
ボトムス:ニードルズ
アクセサリー:South2 West8

ニードルズのジャージがすごい!似合う人はかなり限られる。このパンツにチャンピオンパーカーを合わせてスポーツミックスファッションに一線を画す着こなし。

チャンピオンのパープルパーカーのゆるめサイズ感も絶妙。

チャンピオンパーカーコーデ【シンプルストリート】

パーカー×ネイビーカーディガン×リブパンツ

ネイビーカーディガン×リブパンツ 画像1

via:wear

カーディガン:ビームス
パーカー:チャンピオン
ボトムス:GU
シューズ:バンズ

大手セレクトショップ系の着こなしテイストをラフに、カジュアル、シンプルにコーディネート。
ほのかに感じるスポーツやサーフ感もナイス。

グレーパーカー×ブラックパンツのモノトーン

グレーパーカー×ブラックパンツのモノトーン 画像1

via:wear

パーカー:チャンピオン
ボトムス:H&M
スニーカー:オールスター

スニーカー以外、黒とグレーのモノトーン中心でチャンピオンパーカーを着ているけど、スポーツ感とアメカジ感を消したシンプルコーディネート。
真似しやすいし、好感度が高い大人の普段着ファッション。

霜降りグレーパーカー×ルーズチノパン

霜降りグレーパーカー×ルーズチノパン 画像1

via:wear

パーカー:チャンピオン×チャオパニック
ボトムス:ディッキーズ

決め手は、チャンピオンパーカーの霜降り生地、ディッキーズのワイドシルエットのチノパンのサイズ感です。

スニーカーとサングラスはオマケ程度で、ブランドの特徴、テイストをきちんと理解出来ているメンズならではの、チャンピオンパーカー着こなし。

味のあるヴィンテージアウター×チャンピオンパーカー

味のあるヴィンテージアウター×チャンピオンパーカー 画像1

via:wear

アウター:ヴィンテージ
スウェットパーカー:Champion
パンツ:ADAM ET ROPE’
バッグ:ficouture

トップスにボリューム感をもたせたザックリとしたシルエット。ミドル丈のアウターとパーカーのボリューム感が合っていてまとまっているコーデ。

サイジングとアイテム選びで上品なシンプルストリート

サイジングとアイテム選びで上品なシンプルストリート 画像1

via:wear

パーカー:JS×Champion
パンツ:JS×Gramicci

2018春夏新作のバックプリントと質感がカッコいいチャンピオンのパーカーを主役に。適度なゆとりのあるトップスにテーパードシルエットのグラミチのクライミングパンツでストリート感を。

コラボパーカー×ジャージパンツ

 画像1

via:wear

パーカー:CHAMPION×relume
パンツ:AUGUSTA
スニーカー:アディダス

スポーティにも感じますが、それよりもテイストミックスが強く出ているストリートコーデ。白と黒を基調にしてまとまりのあるシンプルな着こなし。

▽チャンピオンパーカーと合わせたい『グラミチ』と『ロックス』のクライミングパンツ。アウトドアとアメカジのミックスがしやすい。

▽王道の『リーバイス』501との組み合わせ。ベタ…だがそれがいい。

GOOGLE CUSTOM SEARCH

PAGE TOP