ファッション猛者におすすめするカッコいいメンズアウター厳選

ファッション猛者におすすめするカッコいいメンズアウター厳選

 始めに書いておきますが、防寒性はハッキリ言って重視しておりません。オシャレな農家がプライベートファッションで着る、本当にカッコよくて、コーディネートもしやすい、または、個性が強い、着こなしのセンスに自信のあるメンズ向けのブランドアウターとなっております。
 
 万人受けがしないと最初からハラをくくってますので、「なんじゃこりゃ?」「こんなん着れねーよ」「安くもないし高い」などと思われるかもしれませんが、ファッションに詳しいメンズは「こうするといいな」「コレと合わせればイケるな」などと自然にイメージ、考えるんじゃないかと思うわけです。

 ファッションスタイルのジャンルとしては、「ハイエンドカジュアルストリート」とでも呼びます。

glamb(グラム) マーキュリーライダース

ブランド名:glamb(グラム)
商品名:マーキュリーライダース
カラー:全4種

 グラムが2012年にリリースしたモデルをモディファイ。ファッション猛者は見た瞬間に「俺だったらこんなコーディネートしたい」と自然に連想したのではないでしょうか。

 シープレザーを使用し、柔らかさもあり、肌に馴染みやすく、着込んで自分だけの味やアタリを出していきたいアウター。スリムデニムパンツと合わせて全体シルエットを縦に強く出していきたいところ。

 細かいディティールに、肩のエポーレットでミリタリー感、左胸に入ったジッパーなど、細かいところにアクセントが効いており、ブランドらしさが滲み出ているライダース。オススメはネイビー。

マーキュリーライダースおすすめコーディネートイメージ

クラッシュデニムパンツ×某ミュージシャン?Tシャツ

ブラックスキニーとも合う

チェックシャツとルーズシルエットのスラックスでストリート感を

CAMBIOで見る >>

glamb(グラム) パトリックジャケット

ブランド名:glamb(グラム)
商品名:パトリックジャケット
カラー:カモ柄

 バックのメッセージに目が行く、後ろ姿もカッコいいジャケット。カモ柄に溶け込んだ胸と脇にあるポケットなど、目立たないけどさりげないディティールがナイス。

 コーディネートするなら、アメカジ、ワークがベースになるかなと。アイテム自体にアクが強いので、全体で見える時にやりすぎないように調整するセンスが必要です。
 
 変に上品にコーディネートするんじゃなくて、カジュアルでストリート感も強いけど、清潔感があるというのが良いバランスじゃないでしょうか。ボトムスはスキニーでもルーズ系でも合わせやすい。

パトリックジャケットおすすめコーディネートイメージ

ロングのインナーでトレンド感を。もちろんインナーの着丈はベルトあたりでもOK

オーソドックスに合わせるなら、こんな感じのサイズ感

glamb Patrick JKT グラム【先行予約】*【送料無料】

CAMBIOで見る >>

ALLTERRAIN×JS Mountaineer Long/別注 水沢ダウン

ブランド名:ALLTERRAIN×JS
商品名:Mountaineer Long/別注 水沢ダウン
カラー:全4種

 前にも紹介しましたが、オルテラインは私達も注目している”デサント”の新しいラインで、アウトドアとは違うのですが、どこかにノースフェイスのようなモノを感じるのですね。

 そんなデサントの人気ダウンモデルである「水沢ダウン」に別注をかけたジャーナルスタンダード様。ありがとうございます。着丈がミドル丈になっているなど、ユーザーへの配慮も抜かりなし。

 オルテラインらしい、ミニマルでマットな質感のジッパー、シームレスなボディ、無駄がないストレスフリーのポケットへのアクセスなど機能面も超優秀です。

【ALLTERRAIN】
オルテラインは、allと、地形という意味のterrainを組み合わせた造語です。オルテラインコレクションが提供する商品は、Scene-less, Age-less, Time-less。特定の年齢層や、特定のシーン、領域というものを敢えて考えずに、かつ流行に流されない真のモノづくりはなにかということに取り組む、このことをオルテラインのデザインの根幹においています。スポーツウェアは、着る人によって、使い方によって、無限の可能性があります。緻密な設計やデザイン、その試行錯誤は、スポーツウェアを通して、人の心を豊かにしたいという思いひとつで支えられ、この思い、情熱が、デサントのスピリット、このオルテラインです。

via:MAGASEEK

MAGASEEKで見る >>

▼「Mountaineer Long 別注 水沢ダウン」で検索したら、違う別注モデルがありました。

ユナイテッドアローズバージョン

narifuriバージョン

Magine(マージン) 3Way マウンテンパーカー

ブランド名:Magine(マージン)
商品名:3Way マウンテンパーカー
カラー:全4種

 防寒性で選んでいないのですが、中綿にライナー入りでかつタイトシルエットが美しいマウンテンパーカです。コレがマージンが得意とするデザインだよなぁと感じます。

 ボディはコットンナイロングログラン素材で、強くはないですが、撥水性を持たせているなど、マウンテンパーカらしい機能性も持たせています。ちょっと小雨が降ってきたなんて時に助かります。

 カラーは4種類あり、たぶん、どれを選んでもいいんじゃないかな?と。アウトドアファッションが好きな人、ストリート感のあるファッションが好きな人、キレイめカジュアルが好きな人でもコーディネートしやすいはず。

3Way マウンテンパーカーおすすめコーディネート

ドレスシューズでキレイめ大人カジュアルに

イエローを選び、スエードシューズでタウンユースアウトドアスタイルに

Magine CTN/NY GROSSGRAIN 3WAY MOUNTAIN PARKA マージン【先行予約】*【送料無料】

CAMBIOで見る >>

SEVESKIG(セヴシグ) クレイジーカモ柄 ハンティングジャケット

ブランド名:SEVESKIG(セヴシグ)
商品名:クレイジーカモ柄 ハンティングジャケット
カラー:全2種

 ジャストサイズでもビッグシルエットでも着こなすことができる、不思議なパターンと存在感を持ったデザインのハンティングジャケット。

 ジャストはジャストで着ても引き締まったコーデにあるし、ビッグはビッグで、ラフで肩の力が抜けたコーディネートもできるしと、いざ、サイズが大きかったなんて事があっても、腕まくりなどして、なんとかなりそう。

 カモ柄がもつミリタリーデザインは、ワークテイストでも、タイトシルエットを使ったストリートファッションでも合うので、あまり考えなくても自然と男性らしい着こなしになりますね。ですが、ミリタリブーツは合わせないように。

クレイジーカモ柄 ハンティングジャケットおすすめコーディネート

ブラックスキニーパンツとオールスターでピリッと

ワークショーツ×キャップ×サンダル。春、秋、冬とインナー次第で着回しが出来る。

【SEVESKIG(セヴシグ)】【予約販売1月中旬〜下旬入荷】-JK-SV-HS-1005-CRAZYCAMOHUNTINGJACKETジャケット

CAMBIOで見る >>

NANGA×F/CE×RELUME 別注 N3B ダウンジャケット

ブランド名:
商品名:【Begin掲載】 別注 N3B TYPE A JKT ダウンジャケット
カラー:全3種

 少し前に、ダウンジャケットの特集でも紹介しましたね。これは黒だ!黒が一番かっこいいんだ!という。

 詳しい説明は、前に書いていますので省きますが、とにかくいいんですよ!カッコいいんですよ!一番人気の色がカーキで、これはすぐになくなるだろうなぁと思ったら、完売で再入荷待ち状態です。

 そんなカーキがないのですが、黒も実はサイズでLしかなく、SとMは再入荷待ち状態です。MAGASEEKに再入荷待ち連絡が殺到しているでしょう。

 グローブやストールも背面ポケットに入れれるし、脇のポケットも使えば、小物程度の荷物ならバッグいらずで出かけることもできちゃいます。

別注 N3B TYPE A JKT ダウンジャケットおすすめコーディネート

パーカー×スリムパンツでカジュアルアクティビティーに

MAGASEEKで見る >>

Magine(マージン) スウィッチングタクティカルダウンジャケット

ブランド名:Magine(マージン)
商品名:NYLON HOOD SWITCHING TACTICAL DOWN JKT ダウンジャケット
カラー:全3種

 マージンらしい、タイトシルエットが映えるデザインがストイックなカッコよさ。同じ素材で切り替えている、肩と肘のディティールがアクセント。

 製品機能の説明があまりないのですが、このシルエットがかっこいいなぁと。着丈も70センチ前後になっていて、自分のサイズを選ぶことで、ボトムスとのバランスも取りやすい。
 
 ボトムスのシルエットでAライン、Iラインでコーディネートが楽しめ、アウトドア過ぎない、シティライクなコーデにも使えるアウターです。

スウィッチングタクティカルダウンジャケットおすすめコーディネート

スリムジーンズ×ドレスシューズでオーソドックスにスタイリング

カーキカラーでカジュアルミリタリーライクに

Magine NYLON HOOD SWITCHING TACTICAL DOWN JKT マージン【先行予約】*【送料無料】

CAMBIOで見る >>

終わりに

 防寒性を重視して、アウターを選んでいません。まずは、カッコよさが第一ということで、選んでみました。クセの強さももちろんあるにはあるのですが、自分になじませる着こなしが出来るメンズはクセの強さは気になりませんし、住んでいる環境、出かける環境に最適化されたコーディネートをすると思い、チョイスしております。

GOOGLE CUSTOM SEARCH

PAGE TOP