”冬ファッション”ラフ感がカッコイイメンズストリートコーデアイテム

”冬ファッション”ラフ感がカッコイイメンズストリートコーデアイテム

ある程度、メンズアウターが出揃ってきたところで、多くの方も情報を集めてどのアウターにしようか決め兼ねているところだと思う。難しいのはサイズ感だったり、色具合など迷いがあるのも事実なので、アウターコーディネートを参考にしてキメるのもアリだと思う。

メンズの冬ファッション着こなしと合わせて、単純に『カッコいい!』と感じるアウター(ダウンジャケット多め)をチョイスした。なので、細かい防寒性だとか機能性だとかはバラバラである。

本来、スーツで着るチェスターコート類は入れていない。売り切れ状態のブランドアイテムは選んでいないが、タイミングと時間で売り切れもある。デザイナーブランド、メーカーとのコラボ、セレクトショップオリジナルを合わせていく。

【冬ファッション】メンズ着こなし大本命アウター:ダウンアイテム

ダウンアイテムと言えば簡単だが、コットンボディの着丈の短いブルゾン、コットンボディの着丈が長めのミドルとロング、ポリエステル素材やナイロン素材を使ったボディ、レザーとダウンのミックスなど様々ある。
ダウンの代表的なブランドである『モンクレール』、『デュベティカ』は紹介しない。すでにされている。

メンズアウター着こなしダウンジャケットブランド:CANADA GOOSE(カナダグース)

冬ファッション アウター メンズ

2017〜18にかけて、メンズアウターの大本命といえるのが『カナダグース』。セレクトショップの力の入れ具合からも想像は容易にできる。それだけ、今の空気にマッチしているということだ。

CANADA GOOSE / カナダグース
1957年、カナダ/トロントに創業したメトロスポーツ社のブランド。 厳密なプロダクトコントロールと、常に革新を続ける確かな技術力で「made in canada」にこだわり生産しています。創業当初からカナダ北部やシベリア、アラスカといった極寒地で生活する人々や、南極探検隊、エヴェレスト登山隊などのプロフェッショナル達に製品を提供し続け、実体験に基づくデータを製品にフィードバックしてきました。
via:MAGASEEK

JASPER
カナダグース ジャスパー 画像1
カナダグース JASPER

販売店、取り扱い店舗、希少サイズによって価格は変動する。それだけ、人気があるモデルがジャスパー。
カナダグースの代表的であり、一番人気なのでまずはジャスパーからというメンズも多い。

> Amazonで見る
> 楽天市場で見る

MAITLAND
カナダグース MAITLAND 画像1
カナダグース MAITLAND

タイトシルエットになっているM-65をデザインソースに。本来の野暮ったいシルエットを持つM-65をスタイリッシュに現代的かつ保温性もプラスされたアウターだ。
色はカモ柄の他にブラックなどベーシックカラーもあるので、販売店舗、取り扱い店舗で好みの色が見つかると思う。

> Amazonで見る
> 楽天市場で見る

LANGFORD PARKA
CANADA GOOSE(カナダグース):フーデッド ダウンジャケット LANGFORD PARKA 画像1
カナダグース LANGFORD PARKA

耐久性撥水加工が施され、雪や雨を弾く「ARCTIC TECH」を使用。
カナダグースの「ARCTIC TECH」のダウンジャケットは年によってブラッシュアップされているが、少し前のモデルでも違和感はない。どこまで機能性を求めるかで変わってくる。
着た時のカッコよさを重視するのか、あくまで自分に合った防寒性なのか。人それぞれだ。

> Amazonで見る
> 楽天市場で見る

Constable Fusion Fit
カナダグース Constable Fusion Fit 画像1
カナダグース Constable Fusion Fit

ビームスの取り扱いになるモデルで、スリムフィットシルエットと防寒性を両立させたダウンジャケット。

> Amazonで見る
> 楽天市場で見る

メンズアウター着こなしダウンジャケットブランド:NANGA(ナンガ)

NANGA アウトドア ダウンジャケット

アウトドアフリークにお馴染みの『NANGA』。メーカーの実力通り、多くのセレクトショップ、ブランドとコラボラインのダウンジャケットが人気で、サイズ切れ、色切れは想定しないといけない。

【NANGA(ナンガ)】

“ジャパンブランド”である“NANGA(ナンガ)”。社名の由来はヒマラヤにある8,000メートル級の高峰“ナンガバルバット”。伊吹山の麓、滋賀県米原市の創業74年の国産「羽毛商品」メーカーです。主にシュラフ(寝袋)やジャケット・パンツ等登山アパレルを国内生産しています。羽毛の安全性と質にこだわり、熟練した縫製職人によってNANGAの製品は完成します。
via:MAGASEEK:UR SELECT

MANUAL ALPHABET×NANGA:PCU DOWN JACKET
ナンガ アウトドア ダウンジャケット 画像1
MANUAL ALPHABET×NANGA:PCU DOWN JACKET

デイリーユースで着るようにとは言え、ハイスペックなダウンジャケットの機能性を持つアウター。
言葉では説明できないが、なんとなくというファッショナブルな匂いを感じるのだ。

>> 詳細・見る

> Amazonで見る
> 楽天市場で見る

URBAN RESEARCH iD×NANGA:AURORA 3LAYER DOWN BLOUSON
URBAN RESEARCH iD×NANGA:AURORA 3LAYER DOWN BLOUSON 画像1
URBAN RESEARCH iD×NANGA:AURORA 3LAYER DOWN BLOUSON

多孔質ポリウレタン防水コーティング素材で、透湿・保温・撥水を持つ素材を使ったアーバンリサーチとのコラボダウン。
斜めジッパーによるアクセントでミリタリー感をプラスしたファッションアウターとしてコーディネートできる。

> Amazonで見る
> 楽天市場で見る

メンズアウター着こなしダウンジャケットブランド:THE NORTH FACE(ノースフェイス)

ノースフェイス バルトロ ダウンジャケット 画像1

ノースフェイスのダウンジャケットモデルで、一気に人気に火が付いたのが「バルトロ」。セレクトショップとのコラボモデルはほぼ完売に近づいている。
なかった場合は、他のダウンジャケットモデルか、防寒性の高いアウターに切り替えよう。

バルトロライトジャケット
バルトロライトジャケット 画像2
ノースフェイス バルトロライトジャケット

「ノースフェイス バルトロ ダウンジャケット」または「ノースフェイス バルトロ ライトダウンジャケット」の2つで検索してみるとサイズ切れしていないモノが見つかるかもしれない。
写真のバルトロライトジャケットはカラー展開が7つもある。

> Amazonで見る
> 楽天市場で見る

メンズアウター着こなしブランド別アイテム【冬ファッション】

さて、今年はなんといってもダウンジャケットの勢いということで『カナダグース』、『NANGA』、『ノースフェイス』を特別扱いした。
では、目星のアウターはあったけれども、サイズ、カラー、間に合わなかったということで、即戦力のブランドメンズアウターをご紹介する。

Magine(マージン):NYLON N3B ダウンジャケット

Magine(マージン):NYLON N3B ダウンジャケット 画像1
Magine(マージン):NYLON N3B ダウンジャケット

タイトで着丈が短めのダウンジャケットでIラインシルエットが好きなメンズに。
肩から腕にかけての細身のアームホールラインがキレイ。

>> 詳細・見る 

> Amazonで見る
> 楽天市場で見る

Magine(マージン):NYLON STAND HOOD SKINNY ダウンジャケット

Magine(マージン):NYLON STAND HOOD SKINNY ダウンジャケット 画像1
Magine(マージン):NYLON STAND HOOD SKINNY ダウンジャケット

光沢感がある高密度タフタナイロンボディのダウンジャケット。
首元のボリューム感と反対するようなスマートなサイジングが特徴だ。

>> 詳細・見る

> Amazonで見る
> 楽天市場で見る

CAMBIO(カンビオ):German Cross Stretch ショートモッズコート

CAMBIO(カンビオ):German Cross Stretch ショートモッズコート 画像1
CAMBIO(カンビオ):German Cross Stretch ショートモッズコート

先に言わせてもらうと、おそらく冬の一張羅アウターとしては寒い。住む地域によって充分という方もいるし、アウターの下に着るセカンドアウターとして使うのもアリだ。

>> 詳細・見る

> 楽天市場で見る

nano・universe(ナノ・ユニバース):MELTON ショートモッズコート

MELTON ショートモッズコート 画像1
nano・universe(ナノ・ユニバース):MELTON ショートモッズコート

閉めて着ると、デザインされたシルエットが活きてくるスリムボディのモッズコート。
メルトンで防寒性を高めて着丈もショートにし、動きやすさのある軽やかな印象のコーディネートできる。。 

> Amazonで見る
> 楽天市場で見る

SHIPS JET BLUE(シップスジェットブルー):ウールダウンジャケット

SHIPS JET BLUE(シップスジェットブルー):ウールダウンジャケット 画像1
SHIPS JET BLUE(シップスジェットブルー):ウールダウンジャケット

アウターを前からチェックしていた私から見ると完売は早いだろうなぁと予測していた。
シンプル過ぎて、似たようなアイテムを持っているメンズが多かったのだろうか。だからこそ飽きがこなくていいのにと思っている。

> Amazonで見る
> 楽天市場で見る

TATRAS×SHIPS JET BLUE:別注 KRAZ ウールダウンジャケット

ATRAS×SHIPS JET BLUE:別注 KRAZ ウールダウンジャケット 画像1
TATRAS×SHIPS JET BLUE:別注 KRAZ ウールダウンジャケット

タトラスとコラボレーションし、元来のベストセラーモデルをアレンジ。
高品質なウール素材で、スポーツ感を消し、高級感とファッション性に磨きをかけた一枚。

> Amazonで見る
> 楽天市場で見る

nano・universe ROYAL PARM:別注 ラングラー ランチコート

nano・universe:別注 ラングラー ランチコート 画像1
nano・universe ROYAL PARM:別注 ラングラー ランチコート

ラングラーと言えばランチコートだ。いままでも多くのブランドとコラボしたモデルがある。
ラングラーのみのランチコートも魅力だが、ブランドコラボモノはファッションブランドのフィルターが通されるため、また一味違う雰囲気に仕上がっている。簡単に言うと、今の空気感に合うということ。

> Amazonで見る

BEAMS(ビームス):スタンダード ダウンジャケット

BEAMS(ビームス):スタンダード ダウンジャケット 画像1
BEAMS(ビームス):スタンダード ダウンジャケット

ダウンジャケットを買いそびれた人のターゲットになるであろうと感じる。ポリエステル、ナイロン混紡のボディはマットな仕上がりで柔らかい印象をつくり、奇をてらったデザインを排除。
コーディネートを選ばない一枚だ。

> Amazonで見る
> 楽天市場で見る

BEAMS(ビームス):ウール ダウン パーカ

BEAMS(ビームス):ウールダウンパーカ 画像1
BEAMS(ビームス):ウール ダウン パーカ

こちらは、先程のダウンよりも光沢感を増して都会的なカジュアルファッションに合うように落とし込んでいる。 
これもすぐなくなるだろうなぁと感じていたが、再入荷があったりしているようだ。だけど、そろそろ打ち止めだろう。

> Amazonで見る
> 楽天市場で見る

DANTON×BEAMS:別注 ダウンジャケット

DANTON×BEAMS:別注 ダウンジャケット 画像1
DANTON×BEAMS:別注 ダウンジャケット

今の若いメンズにはなかなか響きづらい質感だと思うが、アメカジやワーク、アウトドア好きにはビタリとハマる。
無骨すぎない、土臭すぎない、絶妙な雰囲気に仕上がっているので、年齢を重ねる程に似合うと思う。

> Amazonで見る
> 楽天市場で見る

ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ:シープ シングルライダースジャケット

ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ:シープ シングルライダースジャケット 画像1
ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ:シープ シングルライダースジャケット

脇のサイドポケットと袖のジッパーも主張を控えたデザインになっていてシープレザーのボディを引き立たせた。
スタンドカラーのプレーンなシングルライダースは、他のアイテムの邪魔をしないで馴染んでくれる。

> Amazonで見る
> 楽天市場で見る

BEAMS(ビームス):レザー シングルライダース

BEAMS(ビームス):レザー シングルライダース 画像1
BEAMS(ビームス):レザー シングルライダース

ラムレザーを使用し、ツヤ感のあるボディが色気を感じさせるシングルライダース。
大きめは無粋、タイトに着よう。防寒はマフラーやインナーでカバーする。

> Amazonで見る
> 楽天市場で見る

【冬ファッション】メンズアウター着こなしの種類:ダウン・コート・ブルゾン

前に、ダウンジャケットジャケットのメンズ着こなしを書いたので、コートタイプとブルゾンも混ぜていく。

ダウンジャケット×リーバイスジーンズのアメカジミックス

ダウンジャケット×リーバイスジーンズのアメカジミックス 画像1

via:wear

アウター:ノースフェイス
インナー:WTAPS
ボトムス:リーバイス

カナダグース着用の人と一緒とは、アウター対策万全である。王道的なアメカジコーディネートに今の空気感を上手にミックス。

NANGAのダウンジャケットでカジュアルストリート

NANGAのダウンジャケットでカジュアルストリート 画像1

via:wear

アウター:NANGA
ボトムス:アーバンリサーチドアーズ

NANGAのオーロラボディのダウンジャケットをラフにカジュアルに。
こういうアウトド感を程よくミックスし肩の力が抜けたファッションはアーバンリサーチは得意。

アーバンリサーチドアーズ NANGA×DOORS Aurora 画像3
アーバンリサーチドアーズ NANGA×DOORS Aurora

> Amazonで見る
> 楽天市場で見る

グレーコート×クラシックスタイル

グレーコート×クラシックスタイル 画像1

via:wear

アウター:RAWLIFE
シューズ:RAWLIFE

落ち着きのクラシックトラッドスタイル。古臭くならないのは、少し光沢のあるクレーコートを本人が自然に選んでいるセンスから。

ディッキーズでルーズストリートに

ディッキーズでルーズストリートに 画像1

via:wear

アウター:ノースフェイス
ボトムス:ディッキーズ

相性の良いブランドアイテムのコーディネート。ルーズシルエットを選んでいるけど、スリムなディッキーズパンツでも真似できる。

ダウンブルゾン×ブラックパンツ×スエードモカシン

ダウンブルゾン×ブラックパンツ×スエードモカシン 画像1

via:wear

アウター:JOURNAL STANDARD relume
ボトムス:JOURNAL STANDARD relume

モノトーンコーディネートをしないメンズは参考に。色使いを多めにしてまとまりを見せるには、シルエットをスッキリとさせること。
とくに、アウターの着丈の長さが命である。長すぎても短すぎてもダメ。

JOURNAL STANDARD relume T/W ダウンブルゾン 画像1
JOURNAL STANDARD relume T/W ダウンブルゾン

>> 詳細・見る

バルトロダウン×スウェットパンツ×アディダス黒スニーカー

バルトロダウン×スウェットパンツ×アディダス黒スニーカー 画像1

via:wear

アウター:ノースフェイス
ボトムス:アーバンリサーチドアーズ
スニーカー:アディダス

カッコいいね。帽子とダウンのカーキ以外はモノトーンで、色の配置が上手くメリハリのあるバランス。
真似しやすいんじゃないかな。

ミリタリーコート×スキニーパンツ

ミリタリーコート×スキニーパンツ 画像1

via:wear

アウター:glamb
ボトムス:ナノ・ユニバース
スニーカー:アディダス スタンスミス

コートの着丈が絶妙。長すぎない、短すぎないバランス。トップスはややルーズ、ボトムスもややゆるのタイトシルエットでキレイにまとまってる。

ストリートブラックコーディネート

ストリートブラックコーディネート 画像1

via:wear

アウター:wjk black
ボトムス:FREAK’S STORE

冬の時期はトップスにボリュームが出るので、あえてウィンターIラインと呼ぶ。
サイズ感としては、トップスとボトムスともタイト。アクセントは細かいディティールでつけるテクニック。

ダウンベスト×フェアアイル柄×アウトドアカジュアル

ダウンベスト×フェアアイル柄×アウトドアカジュアル 画像1

via:wear

アウター:BEAMS PLUS
インナー:BEAMS PLUS

ワークテイストとアウトドアテイストを共存させた玄人の着こなし。
暖かい地域や気温が高い日はダウンベストコーディネートを冬のファッションスタイルに取り入れてみよう。
楽ちんかつレイヤードも楽しめる。

▼ダウン関係なしに大人がするこなれ感があり、変に頑張っていないストリートコーデの見本例

▼秋冬活躍のブランドニットもセール価格。デザイン別にまとめている。

▼ダウンジャケットコーデの際の下に着るインナーについて。

GOOGLE CUSTOM SEARCH

PAGE TOP