ストリートコーデメンズ|MIXファッションが本質【春夏秋冬】

ストリートコーデメンズ|MIXファッションが本質【春夏秋冬】

ストリートファッションの醍醐味は「ミックスアップ」にあります。アバンギャルドシルエット、派手なカラーを使ったコーディネート、デカめのパーカー、ボリュームのあるブーツなどを使えば”ストリートファッション”ということではありません。

様々なファッションジャンルとカルチャーを上手にミックスしてこそ、こなれている大人のストリートファッションコーデになります。私の方では奇をてらうようなストリートコーデじゃなく、大人がするファッションを楽しんでいる着こなしを紹介します。

ストリートファッション、ストリートコーデの概念と本質

【attack the mind 7】ATMJ032-LE01-Graffiti NEW CYCLONE RIDERS PRINT :004 New York City Dream ライダーズジャケット

via:CAMBIO:【attack the mind 7】

大まかにですが、”ストリート”と名前がついていることから、街の若者が発端となるようなイメージネーミング。海外で言えば、音楽カルチャーの影響が非常に大きい。

ざっくり言うと、ロックンロール、モッズ、サイケ、グラム、パンク、ニューウェイブ、ニューロマンティック、ソウル、ディスコ、ハウス、ヒップホップ、ダンスホール、レゲエ、テクノなどなどですね。細分化するともっとありますが。

グラム Patrick JKT パトリックジャケット

via:CAMBIO:『グラム』パトリックジャケット

若者のアイデンティティーを誇示する、自分の立ち位置を主張するスタイルを指すので、時代背景が顕著にでます。このことから、見た目のスタイル的には見えるようで見えないようなモノなのがストリートファッションの本質。

あとは、若者発端にみられがちですが、殆ど裏で糸を引いているのは、マーケティング能力が高い「大人」がいます。
では、ストリートファッションの概念と本質はここまでで、メンズストリートコーデを書いていきます。

『グラム』Karl knit カールニット画像1

via:CAMBIO:『グラム』Karl knit カールニット

ストリートコーデは基本的なファッションスタイルにカルチャーを加えたもの。このカルチャーは音楽だけじゃなくて、アウトドアやワークスタイルなど個人のライフスタイルも指します。
子供っぽくない”大人の”ストリートコーデにするには、落ち着きのあるサイズ感、生地感のアイテムを合わせると都市らしい洗練された着こなしになります。

メンズストリートコーデ【春】

スリムシルエットを活かしたスポーツアウトドア

スリムシルエットを活かしたスポーツアウトドア 画像1

via:wear

アウター:ノースフェイス
パンツ:モンキータイム
シューズ:ニューバランス
キャップ:CA4LA

『ノースフェイス』のマウンテンジャケットを主役に、パンツとスニーカーはスポーティに。

アンクルパンツで軽やかなきれいめストリート

 画像1

via:wear

ニット、シャツ:ラウンジリザード

シャツとニットを重ね着してトラッド的なトップスにアンクルパンツと『ナイキ』スニーカーでスポーツテイストを加味。
キャップの後ろかぶりでさりげなくストリート感を。

ブラックモノトーンストリート

ブラックモノトーンストリート 画像1

via:wear

アウター:ノースフェイス
パンツ:H&M
スニーカー:ナイキ

マウンテンパーカーにスリムダメージジーンズで今っぽさも十分。派手さではない、テイストミックスとシルエットで見せるストリートファッション。

ハイエンドブランドによるスポーツストリート

ハイエンドブランドによるスポーツストリート 画像1

via:wear

ニット:メゾンキツネ
パンツ:アクネジーンズ
スニーカー:アクネストゥディオズ

海外のアスレチック感とレジャー感による「アスレジャー」とは違いますが、日本らしいスポーツミックススタイル。
ストリートシーンで評価も高い『メゾンキツネ』、『アクネ』を選ぶなど、スタイルの背景もしっかりとしています。

アーバンリサーチ提案のアウトドアストリート

アーバンリサーチによるアウトドアストリート 画像1

via:wear

アウター:アーバンリサーチ ロッソ メン
パンツ:グラミチ

『グラミチ』別注のクライミングパンツにレザーライダースの組み合わせは、アーバンアウトドアストリートにピッタリ。
シンプルな着こなしにリサーチらしいさりげないテイストミックスがらしさを感じる。

『アーバンリサーチドアーズ』:別注『グラミチ』デニムMountain Pants

『アーバンリサーチドアーズ』:別注『グラミチ』デニムMountain Pants画像1

『アーバンリサーチドアーズ』:別注『グラミチ』デニムMountain Pants画像2

『キーン』のブーツできれいめカジュアルにひねりを

『キーン』のブーツできれいめカジュアルにひねりを 画像1

via:wear

アウター:リーバイス
パンツ:フリークスストア
ブーツ:キーン

トップスとパンツはアメカジやきれいめカジュアルに、『キーン』のブーツとサイズ感でストリート色を配分よく混ぜています。
ロールアップでキレイな足元へつながるシルエットラインがキレイですね。

メンズストリートコーデ【夏】

セットアップ×スニーカー

セットアップ×スニーカー 画像1

via:wear

セットアップ:ブルーワーク
スニーカー:バンズ
キャップ:キツネ

ショートパンツのセットアップがナイス。ロゴTにスニーカーもラフでキメすぎない雰囲気がカッコイイ。

『バンズ』AUTHENTIC

あ

時にはインパクト抜群のトップスで

時にはインパクト抜群のトップスで 画像1

via:wear

トップス、キャップ:アールディーズ

カテゴライズ不能なブランドの『アールディーズ』らしいTシャツにほかは主張を抑えたアイテムでコーディネート。
キャップとデニムのショートパンツでアメカジテイストもミックス。

七分丈カットソー×ワンポイントショートパンツ×赤キャップ

七分丈カットソー×ワンポイントショートパンツ×赤キャップ 画像1

via:wear

トップス:セブンデイズサンデイ
スニーカー:プーマバイミハラヤスヒロ

カットソーとショートパンツのゆる感サイズと生地感でもストリート色が十分に出ていますが、赤キャップが効いています。

細身体型に合ったYラインシルエット

細身体型に合ったYラインシルエット 画像1

via:wear

シャツ:ユニクロ
ショートパンツ:ディッキーズ
キャップ:リー

ルーズサイズのシャツと細身のショートパンツのサイズ感がグッド。帽子のかぶり方と袖まくりで、雰囲気があるストリートファッションに。

腰履き具合がイイ

腰履き具合がイイ 画像1

via:wear

ジーンズ:ビューティアンドユース
シューズ:ポロラルフローレン

スリムジーンズをシルエットが崩れないように腰履きし、ルーズ感を。ジャストサイズなボーダーカットソーと合わせ、夏らしい色合いの着こなし。

『ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ』のジーンズはファッション業界人からも評価が高いアイテム。

『ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ』【WEB限定】スキニーデニムアンクルパンツ

『ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ』【WEB限定】スキニーデニムアンクルパンツ画像1

『ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ』【WEB限定】スキニーデニムアンクルパンツ画像2

メンズストリートコーデ【秋】

ミリタリージャケット×スリムジーンズ×ランニングシューズ

ミリタリージャケット×スリムジーンズ×ランニングシューズ 画像1

via:wear

アウター、インナー、ジーンズ:ラウンジリザード

ミリタリー、キレイめカジュアル、スポーツ要素をミックスした『ラウンジリザード』らしいシルエットの着こなし。

少しゆるめサイジングで統一でサングラスとキャップで味付け

少しゆるめサイジングで統一でサングラスとキャップで味付け 画像1

via:wear

アウター:ノースフェイス
パンツ:GU
スニーカー:バンズ
リュック:マキャベリック

ナイロンブルゾンにスウェットパンツとラフで昨今の王道的ストリートコーデの1つ。真似しやすく、動きやすく、着こなしアレンジもしやすい。

フリースジャケット×パーカー×イエローニットキャップ

フリースジャケット×パーカー×イエローニットキャップ 画像1

via:wear

アウター:フリークスストア
スニーカー:バンズ

トップスアイテムと小物で十分にストリートエッセンスを出していますね。イエローニットキャップを差し色にするのも派手すぎないですし、やりすぎないバランスがイイ。

サングラスと『バンズ』スニーカーでアメカジストリート

サングラスと『バンズ』スニーカーでアメカジストリート 画像1

via:wear

アウター:フルカウント
インナー:スタンダードカリフォルニア
パンツ:フリークスストア
スニーカー:バンズ

サングラスと『バンズ』スニーカーがないと、アメカジテイストが強いですが、小物を上手に使うことで、ふんわりとしたアメカジストリートファッションに。

レイヤードテクを使い、アイテムの質感と色でメリハリ

レイヤードテクを使い、アイテムの質感と色でメリハリ 画像1

via:wear

ダウンベスト:ジップファイブ
インナー:ジョルダーノ
パンツ:フリークスストア
スニーカー:ナイキ

ダウンベストとチェックシャツのコンビは王道。質感や全体のカラー、シルエットでストリートコーデに見せていますね。

『ジョルダーノ』シャギーネルチェックシャツ

『ジョルダーノ』シャギーネルチェックシャツ

メンズストリートコーデ【冬】

ハイエンドブランドで見せるトラッドストリートコーデ

ハイエンドブランドで見せるトラッドストリートコーデ 画像1

via:wear

アウター、パンツ:アンダーカバーイズム

海外のストリートファッションスナップに出てきそうですね。ギラギラ感はないけどラギッドな雰囲気もありますし、足元をローファーにしてとタッドも混ぜるなどニクい着こなし。

ブラックでまとめたカジュアルなストリートコーデ

ブラックでまとめたカジュアルなストリートコーデ 画像1

via:wear

アウター:無印良品
インナー:ビューティアンドユース
パンツ:ステューシー
キャップ:ニューエラ

トップスアイテムはきれいめアイテムが揃うブランドで、パンツはらしさ溢れる『ステューシー』。
キャップのかぶり方もストリートテイストの着こなしを理解しているメンズならでは。

今日らしいカジュアルストリートミックス

今日らしいカジュアルストリートミックス 画像1

via:wear

アウター:ユニクロ
インナー:ジェイ・クルー
ジーンズ:リーバイス

特にストリート!というアイテムを使っているわけじゃありませんが、この”馴染み感”がとてもストリート的センスだなぁと。

『リーバイスヴィンテージクロージング』1954モデル/501zxx

『リーバイスヴィンテージクロージング』1954モデル/501zxx画像1

ダウンベスト×パーカーコンビはストリートコーデらしさを出しやすい

ダウンベスト×パーカーコンビはストリートコーデらしさを出しやすい 画像1

via:wear

パーカー:アーバンリサーチ
パンツ:チャオパニック
スニーカー:バンズ

なかなか帽子は挑戦心が必要ですが、今年は売れているみたいですね。マタギか!とツッコミたくなるのですが、アウトドアフィールドには持ってこい。

帽子は別として、トップスはダウンベストとパーカー、ボトムスにルーズなヒップ周りが大きめのサルエル調のパンツが新鮮。だらしくないルーズ感がイイ。

ブラックロゴブルゾン×カモ柄スリムパンツ

ブラックロゴブルゾン×カモ柄スリムパンツ 画像1

via:wear

アウター:スターター
パンツ:ナノ・ユニバース
スニーカー:アディダス

ブラックブルゾンの前を全部閉めて、さりげなくインナーの裾をレイヤード。スリムカモ柄パンツと元々ストリート感が強い『アディダス』のキャンパスで。

カモ柄以外、ブラックで統一し、アイテムを主張させながらも馴染んだバランスコーデがストリート的。

【attack the mind 7】New York City Dream ライダーズジャケット

【attack the mind 7】New York City Dream ライダーズジャケット画像2

▽経験と知識から個人的に考えている、思っているメンズファッションの名品や定番。ラフなストリートファッションにも合わせやすい。

▽気温でストリートコーデをするのかしないのかを考えてもイイですね。

Thumbnail by:CAMBIO:【attack the mind 7】

GOOGLE CUSTOM SEARCH

PAGE TOP