カッコいいシンプルファッション7つのコツ【メンズ】

シンプルファッションは言葉だけで説明は無理である。シンプルという基準は人それぞれ解釈が違うからだ。そうであれば、主観をまず捨てて、客観的に見る、着る、考える必要がある。

あくまでも、ファッションは本人が楽しんでいれば良いと思っているが、少しでもおしゃれに見せる理論はある。
論より証拠になるので、まずはメンズのシンプルファッションコーデを見ていこう。

メンズシンプルファッションコーデ ハイクオリティブランドで着こなす

via:wear

トップス:AURALEE
パンツ:Needles
シューズ:KLEMAN

ゆったり目のシルエットのニットの存在感が目を引く着こなし。
ブラック、グレーの2色をメインのコーディネートで、メガネが本人の魅力的な雰囲気を引き出している。

メンズシンプルファッションコーデ モノトーンベースにワンポイントのみ

via:wear

アノラックパーカー:PERMA PREST
トラウザーズ:Sonny Label
ニットキャップ:HIGHLAND 2000

ブラックとグレーを基調にしたアウトドアテイストのアノラックパーカー、トラッド感のあるトラウザーズの組み合わせ。
イエローのニットキャップでシンプルな着こなしに、過剰じゃないアクセントをプラスしている。

メンズシンプルファッションコーデジャストサイズ

via:wear

トップス:MAGIC NUMBER×SonnyLabel
パンツ:Sonny Label

ジャストサイズ。本人にピッタリなサイズシルエットになっている。少し腰で履いたゆるい感じのパンツシルエットが大人のカジュアルファッションに。

メンズシンプルファッションコーデ ラーベン編みニットのみのワンポイント

via:wear

トップス:ZIP FIVE
パンツ:ZIP FIVE
スニーカー:オールスター

着丈が短めのゆるトップスとスリムジーンズをゆるめに履いたシルエットがラフな印象を残す着こなし。コーデ自体はシンプルで、ブラック、ホワイト、オリーブの3色しか使っていない。

メンズシンプルファッションコーデ アメカジベース

via:wear

デニムジャケット:リーバイス
パーカー:Denime

日本メンズがする王道的アメカジファッションをシンプルに。
トップスはジャストサイズ、パンツはルーズのAラインシルエット、パンツはブラック、インナーは白とモノトーンにデニムジャケットのブルーでポイントを作っている。

メンズシンプルファッションコーデ アウトドアカジュアル

via:wear

ジャケット:モンテイン
パンツ:グラミチ

黒のジャケット、白のスニーカーに同系色のオリーブのパンツ、ベージュのニットキャップで統一感を持たせている。
ショートパンツとスニーカー、ニットキャップを馴染ませて、黒のジャケットで軸を感じさせるアウトドアミックスのファッション。

いかがだろう?どこかに共通するモノが見えないだろうか?

次に、巷でよく言われているシンプルファッションについて書いていこうと思う。読んでいる方はどこかで聞いたことのある内容も含まれていると思うが、ここでは違った見方、解釈を加えていく。

メンズシンプルファッションコーデ ジャストサイズの定義

ジャストサイズとは何を指すか?即答できるかどうかでセンスがいいか分かれるし、本当の意味でカッコいいシンプルファッションを理解しているか違いが出る。
先に結論を言うとジャストサイズとは”本人に似合うシルエットになっている、またはサイズ感になっている”のが定義と考える。

足のサイズで例えるが、実寸サイズ27センチで、普段履いているスニーカーサイズは少し大きめという方が大半だと思う。
この27センチのスニーカーを選ぶことがジャストサイズではないだろう。

”本人に似合うシルエットになっている、またはサイズ感になっている”事が前提なので、大きめシルエットのトップス、パンツアイテムでも全体シルエットが本人に似合っているのがジャストサイズとも言えるのだ。

ZOZOTOWNの採寸スーツはファッション業界、EC業界に大きな影響を与える。

これだけ、多くの人が自分に適したサイジングを知りたい、適した洋服を欲しいと思っているネックなところを解消するプロジェクトだ。
これはオシャレなシンプルファッションの追い風になるとも言えるし、既製サイズの概念がなくなるとも言える。

自分にとって心地よい、自分に似合う、他人から見ても良いというのがジャストサイズと呼べるものだ。自分に適切なサイズシルエットを見つけるのがオシャレなシンプルファッションの近道。

メンズシンプルファッションコーデ スキニー、スリム、ジャストを一緒くたにしないこと

ジャストサイズは単に肉体的な体型にピッタリのコトを指すことではないと解説したが、スキニーシルエットのパンツを履いて、シンプルコーデをしているつもりのメンズを多く見かける。コレがジャストサイズの大きな勘違いである。

特に、脚の形がそのまま出ていて、フィットネスタイツのようにみえるのはいただけない。ストレッチが効いているからと言って、極度に細くスキニーパンツを履いているメンズの大半はセンスのあるシンプルファッションでもないし、全くファッションとしてコーディネートされていない事がほとんどだ。

スキニー、スリム、テーパード、ワイドであれ”本人に似合うシルエットになっている、またはサイズ感になっている”事が重要。

シンプルファッションにおける尖っているデザインのアイテムは使えるのか?

尖っているとは人によって捉え方は様々だ。ある人にとっては派手、ある人にとっては地味など千差万別。簡単に言うなら、無地のアイテムでコーディネートすることがシンプルファッションの基本となる。これは多くの人がそうだろう。

または奇をてらったシルエット、パターン、柄、生地で作られたアイテムはまず着ないことになる。

しかし、トップスはカラフルなボーダーニット、パンツはリペア加工されたダメージジーンズでコーディネートし、カッコいいシンプルファッションをするメンズもいる。

つまり、無地アイテムはあくまでシンプルファッションの基本というだけで、本人の持つ顔立ち、体型、雰囲気、髪型でシンプルファッションの意味合いも変化する。

ここでも、シンプルファッションにおける優先順位は”本人に似合うシルエットになっている、またはサイズ感になっている”のが大きなポイントを占めていることが分かると思う。

▼シンプルファッションにおいてチャッカブーツは足元をキレイに上品にしてくれる

▼基本アイテムであるTシャツ。消耗品であるがゆえに一枚は持っておきたい:

メンズシンプルファッションコーデの色使い

シンプルファッションの色使いについては、多くのメンズファッションメディアで口酸っぱく書いていることなので、改めて書くこともない。基本は3色程度で留めておこう。

ファッションにおいてベーシックカラーとなる黒、グレー、白(ネイビーもベーシックカラーに入るが、モノトーンの方が挑戦しやすいので3色とした)を軸にして、他のアクセントになるカラーをワンポイント的に加えていこう。

基本的な色使いに慣れてくると、色使い+素材感+生地感+光沢感を使えるようになる。同じ色でも素材、生地、光沢感で違う表情を見せるので、全身黒でもメリハリのあるシンプルファッションも出来る。

メリハリのあるシンプルファッションコーデは単純にカッコいいと感じる人が多い。

▽関連

メンズシンプルファッションコーデのアイテム使い

ただ、ジャケットを着ればいい、白のシャツを着ればいいとかではなく、手っ取り早いのは、ファッションジャンル、ファッションスタイルを知ることにある。その点、ファッション雑誌は深掘りをしているコンテンツになっているのでとても参考になる。

アメリカンカジュアル、ブリティッシュトラッド、アメリカントラッド、ワーク・ミリタリー、アウトドアファッション、モード、ハイエンド、ロック、モッズ、パンク、サイケデリック、コンサバなど色々あるが、イメージとして知っておくと幅があり、どのファッションアイテムを選べばいいかも分かってくる。

バランスの良い中間が分かるので、センスのいいシンプルコーディネートもしやすくなる。

センスがいい、シンプルファッションとは膨大な情報量から必要な部分だけを抜き出し、削ぎ落としたファッションのことであり、『アップル』のiPhoneに代表されるプロダクトデザインも同じ理屈。

おしゃれに、センス良く見せるシンプルファッションで軸となるアイテム

軸となるアイテムは出費がかかる。当たり前だが良いものは高いのだ。その中で特に軸となるアイテムは何か?答えは、パンツアイテムだ。

カッコいいパンツアイテムがあるからこそ、トップスが活きる、シューズアイテムが活きる。よく、冬はアウターが主役とあるがあくまでも軸となるパンツアイテムが良いのが前提だ。
「オシャレは足元から」はパンツアイテムとセットと考えての名言である。

シンプルファッションの髪型

とりあえず、どうしていいかわからないメンズは、カッコいいと思うサロンスタイリストにおまかせしてもらうといいだろう。美容師、理容師問わず。

自分がどのような仕事をしていて、どのような職場なのか?どのような職業の人と接するのか?など細かい情報を伝えるといい。

ボサボサでもカッコいいシンプルファッションをするメンズもいるし、上品で清潔感のある髪型でシンプルファッションをするメンズもいるので、洋服以上に正解とか定義とか基準が見えないのが髪型ではないだろうか。

メンズシンプルファッションコーデの小物使い

使いやすいファッション小物は「帽子」、「メガネ」、「腕時計」の3つだ。
ネックレス、ブレスレット、指輪はなくてもいい。つけたい方はつけるといい。ただ、やり過ぎ感がでないように、必要最小限に留めておくのがシンプルファッションになる。

今、どんな人がカッコいい、センスがいい、おしゃれと思うかでシンプルファッションの方向性が見えてくる

どのような人物をカッコいい、センスがいい、おしゃれだと思うか?理想像、またはちょっと頑張ればなれそうだとか、入り口はそれぞれだ。または、自分はなりたくないけど、カッコいいよねもあるだろう。

手っ取り早く、少しでもオシャレに見せたいなら同世代の男性を真似する、ワンランク上に行きたいと思うなら、時間はかかるけども自分の年齢よりも5歳から上、または10歳上の男性を参考にすると良い。

自分にとってセンスの良いシンプルファッションのお手本を見つけて、真似していこう。真似しているうちにオリジナリティも自然と出てくる。

ここまで書いたメンズのシンプルファッションコーデについての解釈、解説の答えは、最初に紹介したコーディネート例に含まれている。

▽20代、30代のメンズファッションの基本形

▽合わせて読みたい:

NEW ARTICLE

  1. スーツに合うスニーカー|メンズ着こなしハズレ無しの6足はコレ
  2. イージーパンツおすすめ【メンズ】ナチュラルイージーな着こなしに
  3. 1番は腰の位置。ライダース×パーカー着こなし3ポイント【メンズ】
  4. 一生モノ=3年。コレでいいメンズおすすめアウター【2018年版】
  5. 【秋冬】マッチョのコーデ・着こなし|筋肉を活かすメンズの5スタイル
  6. 【メンズ】太もも太い、ふくらはぎ太いけど似合うゆったりパンツ5本
  7. 定番ディッキーズ874のサイズ感、ロールアップ、腰履きテク【男】
  8. テーパードデニムパンツおすすめブランド【メンズ】アウトドア推し気味
  9. 街着に最優先。おすすめザ・ノース・フェイスウェア・ギア【メンズ】

GOOGLE CUSTOM SEARCH

PAGE TOP