アメカジファッションコーデ|ジャンルミックスでフレッシュ

アメカジコーデをワンランクアップするコツは、ファッションジャンルを混ぜながら、ガチガチ、コテコテ、ゴリゴリのアメカジファッションから良い意味で距離を置き、アメカジブランドに頼りすぎないことでもあります。

【WEB限定】 [チャンピオン] SC★★CHAMPION コーチジャケット / ブルゾン 画像1
green label relaxing
SC★★CHAMPION コーチジャケット / ブルゾン

日本人はラーメンがいい例で、独自に解釈し、消化した表現方法が実は得意で、ファッション分野においても同じ。文脈の基本をなぞりながらもジャンルミックスで新鮮味を出していきたいところです。

アメカジコーデ×シンプルストリート

多くの人が真似しやすいファッションでもあり、ファッションアイテム自体も手に入りやすいモノが多い。アメカジにトレンド感のあるベーシックなアイテムをミックスする感覚のコーディネートが主流。

チャンピオン×リーバイスデニムパンツ

チャンピオン×リーバイスデニムパンツ 画像1

via:wear

首元のボタンディティールに特徴があるスウェットは、アーバンリサーチドアーズがチャンピオンに別注をかけたアウトドア感もあるデザイン。
アイテムだけ見るとアメカジの王道に見えますけども、シルエットや素材感で今の空気感のコーディネート。

スウェットパーカー:URBAN RESEARCH DOORS MENS チャンピオン別注
デニムパンツ:Levi’s
スニーカー:オールスター ハイカット

白のケーブルニットとネルシャツの重ね着でキレイに

白のケーブルニットとネルシャツの重ね着でキレイに 画像1

via:wear

アメカジのコテコテ感がないのは、ケーブルニットとネルシャツの重ね着が上手いから。あとは体型がゴツくない点も大きい。

ニット:galvanize
シャツ:galvanize
デニムパンツ:galvanize
ブーツ:VOLT

縦を意識したシルエット

縦を意識したシルエット 画像1

via:wear

コテコテのアメカジコーデは、縦のシルエットよりも横に膨らみがちなシルエットが多い。

この方のように、縦のシルエットを意識するだけでアイテム選び、サイズ選び、印象もグッと変わってくると思います。レッドウィングのブーツもゴツさがないモデルをチョイスしてるのもナイス。

今時のサイズ感であり定番的サイズ感

今時のサイズ感であり定番的サイズ感 画像1

via:wear

今後、当たり前と言われるサイズ感。流行り廃りのないキレイなジャストサイズで、人気のあるジョガーパンツもミックス。

トップス:adidas
デニムジョガーパンツ:coen
スニーカー:adidas スーパースター

ボーダーカットソーでマリン感をプラス

ボーダーカットソーでマリン感をプラス 画像1

via:wear

色落ちで味のあるデニムパンツにマリン感のあるボーダーカットソーをミックス、レングスは短めにすることで、今っぽいアメカジエッセンスが入ったカジュアルコーディネートに。

ミリタリーシャツだけだとまた違う印象の着こなしを上手に柔らかく抜け感もプラスしている。

デニムパンツ:SEVESKING
スニーカー:ジャックパーセル

春、秋、冬に使える重ね着コーディネート

春、秋、冬に使える重ね着コーディネート 画像1

via:wear

レザージャケット、グレーのスウェットパーカー、デニムパンツ、スニーカーの定番アイテムをスリムシルエットで。キャップの生地感がワークっぽくてアメカジの雰囲気に一役買っている。

レザージャケット:URBAN RESEARCH
パーカー:DIESEL
デニムパンツ:DIESEL
スニーカー:VANS

きれいなシルエットが引き立つ

きれいなシルエットが引き立つ 画像1

via:wear

淡い、グレーとブルーの色合わせも妙で熟練。本人の雰囲気ととても馴染んでいて、タイトなボトムスとゆるめのトップスバランスも見事。

パーカー:GYMPHLEX
デニムパンツ:MAISON MARGIELA
スニーカー:ナイキ
メガネ:OLIVER PEOPLES

男らしい上品な着こなしを目指す。アメカジコーデ×ワーク×ミリタリー

アメカジにワークとミリタリーをミックスするというと、元々入っているジャンルであり、矛盾しているのを承知で見出しで書いていますけども、ここで選んだ着こなしは、ワーク感やミリタリー感を強く感じるコーディネートというテーマ。

ジャンルミックスが秀逸

via:wear

ワークとミリタリーのミックスの他に、アウトドアとストリート感も加味。『キャプテンサンシャイン』を着用ということで、ワーク×ミリタリー枠。

ジャケット:KAPTAIN SUNSHINE×BEAMS PLUS
ニット:BEAMS PLUS

絶妙なワークとミリタリーのミックス

絶妙なワークとミリタリーのミックス 画像1

via:wear

ヴィンテージアイテムをデザインソースに持つ、ナイジェル・ケーボンのジャケットが着こなしの決め手。
ワーク、ミリタリーに、デニムパンツとブーツの組み合わせが無骨でアメカジ感を感じるミックスで、ネイビー調にして統一感を演出。

ジャケット:Nigel Cabourn
デニムパンツ:STEVENSON OVERALL CO.

オーセンティックなアメカジワークスタイル

オーセンティックなアメカジワークスタイル 画像1

via:wear

デニムジャケットにベージュのチノパンと王道。シルエットをタイトにして、現代のアメカジ感も充分。30代、40代以上の男性は、真似しやすいコーディネートでもあり、どこか懐かしさも感じる着こなしかなと。

ジャケット:orSlow
キャップ:BRIXTON
スニーカー:VANS

老舗ブランドのコートで渋いワークカジュアル

老舗ブランドのコートで渋いワークカジュアル 画像1

via:wear

『ストロングホールド』のコートで渋みを感じるアメカジの着こなし。
今っぽいトレンド感を追っているコーデではなくても、ちゃんと今の空気感にまとまっている。『アーバンリサーチ』のワイドなシルエットのパンツが効いています。

コート:strong hold
パンツ:URBAN RESEARCH
シューズ:クラークス
腕時計:TIMEX

サイズバランスが素晴らしい

サイズバランスが素晴らしい 画像1

via:wear

アメカジっぽいんだけど、どこかアメカジっぽくないバランス。スケート、ストリート、アウトドア感もミックスされているナイスなさじ加減。

チェックシャツのサイジングでこなれ感を作り、ダークブラウンのパンツとネルチェック生地の色合わせも統一感につながっています。

シャツ:RVCA
キャップ:RVCA

王道のアメカジ着こなしはデニムパンツで黙らせる

王道のアメカジ着こなしはデニムパンツで黙らせる 画像1

via:wear

『ウェアハウス』のデニムパンツは、ヴィンテージ感が強くでるので、アメカジファッションに使いやすいボトムス。
穿き込んで味がでたデニムパンツはカッコいいのヒトコト。カモ柄のキャップでミリタリー感をプラス。

スウェット:チャンピオン
デニムパンツ:ウェアハウス
スニーカー:VANS
腕時計:G-SHOCK

やはり強い。リーバイスのヴィンテージクロージング

やはり強い。リーバイスのヴィンテージクロージング 画像1

via:wear

アメカジの着こなしに慣れている男性向け。アイテム単体とシルエットの雰囲気からかなりアメカジテイストが強め。

トップス:古着
デニムパンツ:LEVI’S VINTAGE CLOTHING
サンダル:BIRKENSTOCK

今後のファッションスタイル主流候補。アメカジコーデ×アウトドアミックス

雑誌の『GOOUT』、『HUNT』など影響力を持つファッション雑誌が多くの人に認知され、実生活の趣味やシーンにも直結することから、アウトドアアクティビティーライフスタイル、価値観、機能性を反映させたファッションスタイルは市民権を獲得。

アメカジとアウトドアの絶妙タウンユースファッション

アメカジとアウトドアの絶妙タウンユースファッション 画像1

via:wear

サイズバランス、アイテムチョイス、カラーバランスと都市向けアメカジコーデ。パンツのゆるさ加減も堅苦しいアメカジじゃない印象に。

ダウンベスト:モンクレール
ニット:MAISON KITSUNE
パンツ:SOPHNET.
スニーカー:NIKE BLAZER

なぜ、アウトドア感を感じるのか?

なぜ、アウトドア感を感じるのか? 画像1

via:wear

アメカジ感はさておき、アウトドア感も感じるのはなぜなのか?本人が持つ雰囲気でそう思ってしまう不思議な着こなし。
ZARAのスキニーダメージデニムパンツと赤のVANSがグッド。

シャツ:TOMMY HILFIGER(古着)
デニムパンツ:ZARA
スニーカー:VANS
キャップ:Supreme

オーソドックスなアメカジとアウトドア感を50%ずつ

オーソドックスなアメカジとアウトドア感を50%ずつ 画像1

via:wear

全体シルエットとアイテムの色使いがよくまとまっていて、ベージュと赤の2つの色を軸にしたコントラストもナイス。
アウトドア感はノースフェイスのジャケット、アメカジ感が強く感じるのはシューズ選び。

ジャケット:THE NORTH FACE
カーディガン:Needles
パンツ:Nigel Cabourn
シューズ:80’s u.s navy

ブランドチョイスでアメカジアウトドアミックス

ブランドチョイスでアメカジアウトドアミックス 画像1

via:wear

『パタゴニア』のフリースジャケットをトップスに、ストリート感とアメカジ感が強いナンバーナインデニムでタウンユースファッションに。

フリースジャケット:パタゴニア
シャツ:Anachronorm
デニムパンツ:NUMBER (N)INE DENIM
シューズ:RED WING

ルーズシルエットもまとまりやすいのがアメカジとアウトドアファッション

ルーズシルエットもまとまりやすいのがアメカジとアウトドアファッション 画像1

via:wear

ワーク感が強いベージュのリーバイスのパンツ、アウトドアテイストに欠かせないノースフェイスのジャケットと定番的な組み合わせで普遍的で男らしい着こなし。ファッションジャンルを上手にミックスするのはブランドチョイスも大切な要素。

ジャケット:THE NORTH FACE
パンツ:Levi’s
スニーカー:VANS

サイズバランスでアメカジワークとアウトドアのミックス

アメカジワークとアウトドアのミックス 画像1

via:wear

『コロンビア』は都市型アウトドアファッションをしやすい常連ブランドで、自然とミックスされたコーディネートがしやすい。フェス系ファッションでも愛用者は多い。

ジャケット:Columbia
パンツ:Columbia
ブーツ:SOREL

カテゴライズ不能のアールディーズ

カテゴライズ不能のアールディーズ 画像1

via:wear

アメカジでもある、ワークでもある、スポーティでもある、アウトドアでもある、ストリートでもあるのが『アールディーズ』。
多彩なカラーアイテムが多く、アウトドアが持つ空気感にマッチするスタイルが作りやすい。

ジャケット:ALDIES
パンツ:ALDIES

▽あわせて読みたい:

Thumbnail by:MAGASEEK:【WEB限定】 [チャンピオン] SC★★CHAMPION コーチジャケット / ブルゾン

RELATED ARTICLE

  1. coen(コーエン)メンズコーデ|大人が着る納得コスパブランド

    coen(コーエン)メンズコーデ|大人が着る納得コスパブランド

  2. すぐ使えるおすすめブランドのアンクル・ショート・スニーカーソックス【メンズ】

    すぐ使えるおすすめブランドのアンクル・ショート・スニーカーソックス【メンズ】

  3. 即戦力おすすめ人気メンズアウター!ブルゾン〜ダウンまで

  4. ラコステコーデ【メンズ】色褪せない名品ポロシャツ「L.12.12」

    ラコステコーデ【メンズ】色褪せない名品ポロシャツ「L.12.12」

  5. 【メンズ】気温18度の服装|春と秋のアウトドア×スポーツコーデ

    【メンズ】気温18度の服装|春と秋のアウトドア×スポーツコーデ

  6. ショートパンツ×長袖コーデ【メンズ】見た目と季節の変化にイイ着こなし

    ショートパンツ×長袖コーデ【メンズ】見た目と季節の変化にイイ着こなし

  7. ガッチリ体型のメンズファッション|男のアウトドアストリートMIX

    ガッチリ体型のメンズファッション|男のアウトドアストリートMIX

  8. 第2の主役スニーカー3モデル。いつでも差す気マンマンの名品

    第2の主役スニーカー3モデル。いつでも差す気マンマンの名品

PAGE TOP