気温10度前後の服装【メンズ】ダウンジャケットを着てもいい気温

10度の服装は、最高気温、平均気温、最低気温なのか、装いが大きく変わりやすい気温。フリース、ニットなどの重ね着はもちろん、帽子、手袋、マフラーで防寒する日もあれば、重ね着をちょっとしただけで過ごしやすかったりします。

体感で感じる温度調整はその日のインナーを少し薄手にする、厚手にするなどで対応すれば、外出時、室内にいるときでも快適です。

ニットアイテム、パーカーや暖かい防寒インナーを使って、薄手のライトなアウターで過ごせるのも10度前後の気温ですが、最高気温が10度のときは「ちょっと暑いかな?」と感じるくらいのアウターのほうが、寒いストレスを感じることもないでしょう。

最高10度前後、平均気温10度以下の日のポイント

最高気温10度前後以下は、ダウンジャケットを着る目安

最高気温10度前後以下は、ダウンジャケットを着る目安 画像1

最高気温が10度以下、または平均して10度前後であれば冬アウターの本命であるダウンジャケット、ダウンコートをもったいぶらずに着ちゃいましょう。暑いと感じるときはあるかもしれませんけども、インナーを少し薄手にするなど、前述に書いたとおり体温調整はできます。

数字の気温だけじゃなく、その日の風の強さ、日差し、湿度などで体感は変わりますので、一番はちょっと玄関ドアを開けて確かめるのがいいです。

nano・universe
《WEB限定》西川ダウン(R) [SHIELD] MATSUMI ダウン

春でも秋でも同じ10度は10度。肌寒さを基準に服装を選ぼう

春の気温10度と秋の気温10度では、これから向かう季節に合わせて洋服の生地、デザイン、ボリュームなど季節感らしさで同じとはなりませんが、気にしすぎもよくない。

気にする人はすでに用意しているでしょうし、無理やり季節感にあった春用の10度前後の装いと、秋用の10度の装いを揃える必要はそこまでないので、寒さに対して洋服を選ぶ、用意するのが大事です。

▽最低気温が10度前後の場合は下記を参考:

【メンズ】最高気温10度前後の服装コーデ

ブラックが映えるダウンジャケット×スリムブラックパンツ

ブラックが映えるダウンジャケット×スリムブラックパンツ 画像1

via:WEAR

インナーのニットの裾をチラ見せ。ブラックを基調としたカジュアルとシックさを混ぜた着こなし。トップス、腰回りからのパンツシルエットの作り方など慣れていますね。

マウンテンダウンジャケットが主役!チェックシャツとルーズパンツでサラッと

マウンテンダウンジャケットが主役!チェックシャツとルーズパンツでサラッと 画像1

via:WEAR

インナーにはチェックシャツとルーズパンツで、キメすぎない感じがさすが。これ、色の薄いジーンズとかインナーにニットを合わせるとキメ過ぎ感出ちゃうんですね。アイテムチョイスがナイス。アウトドアやワークらしいスポーツライクなテイストがコーデしやすいかなと思います。

フード付きのメルトンコートでトラッドカジュアル

フード付きのメルトンコートでトラッドカジュアル 画像1

via:WEAR

ちらっと見えるマフラーの分量もいやらしくないですし、ネイビーとベージュパンツのシルエット、裾バランス、黒の革靴などトラッドカジュアルのお手本。

Pコートがすごく似合ってる

Pコートがすごく似合ってる 画像1

via:WEAR

グレーのPコートと暖色系カラーを上手に使ったメリハリのあるトラッドファッション。ちらっと見えるデニム生地なんかもいい。

フリースジャケット×パーカー

フリースジャケット×パーカー 画像1

via:WEAR

少しゆとりのあるサイズ感のフリースジャケットのインにパーカーを重ね着。内部の空気を通し保温性も十分。やりすぎないゆる感のあるサイジング。

フリースジャケット×パーカー。アウトドアとストリートにブーツで大人コーデに

フリースジャケット×パーカー。アウトドアとストリートにブーツで大人コーデに 画像1

via:WEAR

本格的な冬アウターじゃなく、フリースとパーカーで保温を。10度らしい重すぎない服装にもしやすい。Aバランスのシルエット、ワラビーブーツの履き方も上手い。

クラシックマウンテンパーカー×ジーンズ

クラシックマウンテンパーカー×ジーンズ 画像1

via:WEAR

1つの型といえば型。だけど、アウトドアとアメカジのミックスの王道で、10度の気温にもばっちしな服装。上だけボタンを留める着方もグッドです。

ライトダウンが活躍

ライトダウンが活躍 画像1

via:WEAR

ネイビーカラーとグレーの色合いがきれいな着こなし。チノパンツとライトダウン(インナーダウン)でワークとスポーツ要素をミックス。チェックのマフラーも気温10度の寒さにいいですね。

アウター別の10度前後のメンズ着こなし

メルトンコート

気温10度 服装 メルトンコート 画像1
メルトンボディのステンカラーコートは秋冬らしい重厚感のあるアウター。スキニーパンツ、ボリューム抑えめの革靴と合わせれば、ドレス要素とカジュアル要素をミックスした10度の服装にしやすい。
気温10度 服装 メルトンコート 画像2
ベージュのメルトンステンカラーコートの色をブラックやグレーにし、全体の色使いをモノトーンにするだけでガラッと印象を変えることができます。

nano・universe
【WEB限定】メルトンステンコート

ダウンジャケット・ダウンコート(中綿も)

気温10度 服装 ダウンジャケット・ダウンコート 画像1

アンクルパンツ×スリッポンにビビッドなイエローダウンジャケットの前を閉めてシュッと。ミリタリーとアウトドアが混ざり、足元の軽快さでこなれた雰囲気を生む着こなし。雪国じゃない地域に。

JOURNAL STANDARD
【至極の逸品】【19FW】SHIGA DOWN NANGA×relume / 別注AURORA-TEXダウンジャケット
気温10度 服装 ダウンジャケット・ダウンコート 画像2

カーキのアークティックパーカデザインのダウンコートはオンとオフ兼用で10度前後、10度以下の服装で活躍するアウター。秋冬らしい季節感も同時に作れるのもメリット。ボトムス、靴などはシンプルなきれいめでまとめるとちぐはぐしたコーデになりません。

nano・universe
【至極の逸品】 西川ダウン アークティックダウン(WEB限定カラー: ベージュ)
気温10度 服装 ダウンジャケット・ダウンコート 画像3

インナーはシャツとTシャツで、アウターはスポーティすぎないボディにダウンジャケットをチョイス。スリムパンツとデッキスニーカーで肩の力を抜いた服装。

気温10度 服装 ダウンジャケット・ダウンコート 画像4

インナーをTシャツにダウンジャケットをラフに羽織る。スリムシルエットのクライミングパンツとスニーカーで、10度前後の大人カジュアルの服装は簡単に作れる。全体シルエットはコンパクトに。

気温10度 服装 ダウンジャケット・ダウンコート 画像5

トップにボリュームを、ボトムスはタイトのVバランスコーデ。モノトーンに前を閉めたダウンジャケットのボリューム調整など細かい小技が入っています。

気温10度 服装 ダウンジャケット・ダウンコート 画像6

ファーフードが付いているモッズタイプのダウンコート×ワイドパンツのルーズシルエットの組み合わせはインナーを見せることで、柔らかい印象に。ダークネイビーと白のメリハリもさわやか。

モッズコート・ミリタリーコート

気温10度 服装 モッズコート・ミリタリーコート 画像1

タイトシルエットになっているメルトンボディモッズコートは、程よく男らしい雰囲気が出てきます。

メルトンボディだとドレスライクな雰囲気も加味されるので、ミリタリーすぎるのが苦手な方は10度前後に活躍するメインアウターにしやすい。

気温10度 服装 モッズコート・ミリタリーコート 画像2

中に着るトップスは無地系のシャツ、定番のニットと合わせるだけできれいめカジュアルな着こなしに。メルトンボディのPコートとは違った装いになります。

気温10度 服装 モッズコート・ミリタリーコート 画像3

ショートタイプのメルトンモッズコートはライナー付きで、保温性と防風性を組み合わせたアウター。クラシカルなメルトンボディはトラッド風味とマウンパのアウトドア、ミリタリー風味の2つをコーディネートする際に楽しめる。

ライダース・レザージャケット

気温10度 服装 ライダース・レザージャケット 画像1

風を通さないレザージャケット、ライダースとはいえ、インナーはニットやパーカーなどは必須になるのが10度前後気温。上品にニット×シャツは鉄板。スラックスだとより上品な着こなしになります。

他に定番のライダースとパーカーのコンビも使いやすいコーディネート。ただ一工夫するサイジングと色に気を配りたい。色の組み合わせはグレーのパーカーが使いやすいですが、合う色は個人によって様々で、アースカラー、ちょっとパステルカラーなどが似合う方はパーカーに使ってみるといいでしょう。

マウンテンパーカー(ボア、フリースなどライナーあり)

マウンテンパーカー(ボア、フリースなどライナーあり) 画像1

中綿、ダウン、ライナーがないマウンテンパーカーは重ね着でライトアウター(フリース系やソフトシェル)×アウターの着こなしに使えます。中綿、ダウン、取り外し可能なフリースマウンテンパーカーは、気温10度の服装では、気温差を気にせず着やすいでしょう。

着こなしにメリハリをつけるなら、前を開けて、インナーを見せるなどのアレンジもしやすい。

JOURNAL STANDARD
【LASKA PRO】Mt HEAT 3WAY BOA FLEESE LINER / ボアフリースライナー

【メンズ】一応。最低気温10度前後の服装

最低気温10度ならコレくらいで十分

最低気温10度ならコレくらいで十分 画像1

via:WEAR

寒い気温に活躍するフリースパンツに鮮やかなブルーコートできれいなスポーツミックス。

アメカジ感とアウトドア感のミックス。10度の気温差も対応

アメカジ感とアウトドア感のミックス。10度の気温差も対応 画像1

via:WEAR

『シエラデザイン』のダウンベストにジーンズに『レッドウィング』ブーツとアメカジとアウトドアをミックスし、いい意味で世代らしさがあっていいですね。パーカー、シャツなどでスタイルチェンジも可能。

▽ニット、フリース、マウンパ、インナーダウン関連:

▽10度の気温だと季節的にも気温的にもブーツもガンガン履きたい:

Thumbnail by:MAGASEEK:『ジャーナルスタンダード』WOOLRICH / 別注 ARCTIC PARKA アークティックパーカ

RELATED ARTICLE

  1. 足太いメンズが穿くテーパードパンツ10種類|少しのゆとりがコツ

    足が太いメンズが穿くテーパードパンツ10種類|少しのゆとりがコツ

  2. ダウンジャケットの色選び|ダウンおすすめ7カラーの特徴【メンズ】

    ダウンジャケットの色選び|ダウンおすすめ7カラーの特徴【メンズ】

  3. コンバースオールスターの履き方。着こなしを決めるパンツと裾丈

    コンバースオールスターの履き方。着こなしを決めるパンツと裾丈

  4. 【上品でラフ】ストリートアメカジファッションブランドアイテム

    【上品でラフ】ストリートアメカジファッションブランドアイテム

  5. ネクタイは口ほどに物を言うのだ!説得力が増すネクタイブランド

  6. テーラードジャケットに合う定番インナーと選び方【メンズ】

    テーラードジャケットに合う定番インナーと選び方【メンズ】

  7. オーバーオールコーデ【メンズ】こなれたワーク感が魅力

    オーバーオールコーデ【メンズ】こなれたワーク感が魅力

  8. チャッカブーツとデザートブーツのおおまかな違い。上品な着こなしに欠かせない

    チャッカブーツとデザートブーツのおおまかな違い。上品な着こなしに欠かせない

PAGE TOP