アメリカコンバースの違い。球数激減の古着と日本販売モデル

『コンバース』のオールスターを軸にしていきます。他のモデルでも当然、アメリカ生産と日本の新品販売モデルであるアジア生産に分けられますが、軸はオールスター。時系列の意味でも比較的わかりやすいかなと思います。

伊藤忠商事のコンバースジャパンと、古着じゃない現在のアメリカ生産のオールスターついては他のサイトやコンバースジャパンの公式で確認を。

私は元セレクトショップバイヤー経験で、過去にチャックテイラーのアスレチックモデル(履きすぎて穴が空いて処分)を持っていたりと古着に関しては、いちユーザーの知識を持っているに過ぎません。より深いヴィンテージに関しては専門家に譲るとして、間違っているかもしれませんが知っている範囲で書いていきます。

大きな分かれ目。90年代の後半あたりまでのアメリカ生産とアジア生産

オールスターのヒールパッチ、インソールに刻まれている”MADE IN U.S.A.”があるのが90年代の後半あたりまで(90年代は、インソールかヒールパッチのどちらかだったかも)。

後の、ストリートで起こるヴィンテージブームの追い風もあり、アメリカ生産のオールスター、スニーカー類は高騰。古着屋さんもアメリカから多くのオールスターを仕入れていました。

”MADE IN U.S.A.”と記載されているオールスター(コンバーススニーカー)はキャンバス生地の風合いがいい。古着屋で何度も見てきた、買って履いていたこともあり、アジア生産のオールスターにはないどことなく、こなれた雰囲気が魅力でした。

アメリカ生産のオールスターにある80年代を見分けるサイドステッチ

soma 下北沢さん(@somashimokitazawa)がシェアした投稿

このサイドステッチは、チャックテイラーにも採用されていたディティール。バスケットシューズとして補強の意味ですね。80年代のオールスターはサイドステッチ、風合い、”MADE IN U.S.A.”の文字、白いヒールパッチで判断できます。

80年代後半あたりのオールスターからサイドステッチはなくなってきたと思います。

シューレースに関してはうろ覚えで、ポリエステルが入っていたかどうか…。古いアメリカ生産のチャックテイラーは紐の素材感がツルツルしていたのですね。

70年代。アメリカ生産の1つ星チャックテイラー

ko.taro211さん(@ko.taro211)がシェアした投稿

1976年まで生産されたのが、黒ヒールパッチの1つ星チャックテイラー。現在、古着屋で探すのも骨が折れることでしょう。コンバース全般に言えることですが、現在、商標関係で、アメリカ生産のコンバース(オールスターだけじゃないかも)はビジネスの輸入は禁止されています。

古着屋も、球数がない、法律上の関係もあり仕入れるのが難しく、個人で隅々まで探してやっと手に入れることができます。現在、コンバースの日本法人が頑張っていますので、新作、復刻、コラボレーション、限定モデルなど新たな展開に期待しましょう。

Apichit Vivatvakinさん(@wayobu)がシェアした投稿

「コーチ」はチャックテイラーと同じように展開していたモデルで、クオリティがチャックテイラーのほうが高く、実用性の意味でもないがしろに。

古着的価値もそこまでなかったのですが、2000年代後半になると、チャックテイラー自体の数がなくなり、見た目的な意味では近い「コーチ」も代替品の古着としての価値が上がっています。

60年代と70年代初期のコンバース三ツ星チャックテイラー

manabuさん(@manasann1981)がシェアした投稿

『コンバース』のチャックテイラーと言えばコレ!的な存在が60年代と70年代の三ツ星。持っている方は大切に保存しましょう。そして、大切に履きましょう。自分の足のサイズはもう見つかる可能性は低い。

ヴィンテージのチャックテイラーは手に入りづらいけど、過去とは違う履き心地がアップしているコンバースジャパンの復刻なら購入もしやすい。

CONVERSE チャックテイラー 復刻 三ツ星 画像

CONVERSE チャックテイラー 復刻 三ツ星 画像2

『コンバース』
70’s 復刻 チャックテイラー

味ならヴィンテージ、履き心地なら現行のコンバース

vintage clothingさん(@khafa_pf)がシェアした投稿

90年代の後半あたりから、”MADE IN U.S.A.”がなくなり、現行のオールスターディティールに近くなっています。今後は、コンバースジャパンによる、”MADE in JAPAN”製のコンバース製品が時代を経て、どのようになっていくのか楽しみなところ。

今買える、おすすめコンバース日本モデル

微妙なディティール、デザインの差といえばそうですが、履き込んでいくうちに大きく印象が変わる。「キャンバスオールスター」、「レザーオールスター、「キャンバスオールスターJ」、「ジャックパーセル」除いたおすすめモデルを2つ紹介。

ALL STAR 100 COLORS HI

ALL STAR 100 COLORS HI 画像

上質なキャンバス生地を使い、低反発でフィット感を向上させた履き心地を提供するタンなど目にはわかりづらいデザインワーク。100周年を記念するモデルで、今後もシーズンでデザインアレンジが楽しみなライン。

『コンバース』
ALL STAR 100 COLORS HI

ONE STAR J

ONE STAR J 画像

スタンスミスの対抗馬として十分なデザインのカッコよさを誇る。センスがいいファッションインフルエンサーが履けば一気に広まる可能性が高い。

コンバースの聖地と呼ばれる神戸の『柿本商店』

場所は、神戸市中央区・元町高架通商店街(通称・モトコー)。モトコー3番街の再整備のため、今年の4月に移転になったわけですが、モトコー3番街から同4番街へと65メートル西へ移動という目と鼻の先なので、場所に迷うことはありません。

昔の古いモデル、限定デザインモデルなどお探しの方は、見つからなかったオールスター、コンバースが見つかるかも。

▽合わせて読みたい:

Thumbnail by:Amazon

GOOGLE CUSTOM SEARCH

PAGE TOP