アディダス×ナンバーズエディションコラボ|スケート×スポーツミックス

『ナンバーズエディション』のロゴは、マークゴンザレスが見た「12:45」の時刻数字から。間に数字の「3」を入れて、12345の羅列、つまり「NUMBERS」の流れ。

「NUMBERS」というと、デジタルなヒップホップビートの進化、誕生、ブレイクなど…まぁ流れである『クラフトワーク』のトラックを思い浮かべる方もいるかもしれない。

話はそれたが、どことなく、過去から連続し、つながっている文脈を感じ取れるブランド名であり、スケートカルチャーを担うのが、『アディダス』とコラボレーションした『ナンバーズエディション』。

『アディダス』とコラボは初。『ナンバーズエディション』はスケートブランド

2016年12月本格始動した、スケートカンパニー

創業者は、エリック・コストンとガイ・マリアーノ。スケートカルチャーの一端を担ってきたキャリアの持ち主。『ナンバーズエディション』はすでに、『ナイキ SB』とのコラボ、厳選されたセレクトショップでの取り扱いがある。

スケートカルチャー文脈に欠かせない、グラフィック、音楽、ヴィジュアルと影響された過去からのインスパイアが製品に反映。

『アディダス』×『ナンバーズエディション』は都市的モノクローム

CITY CUP X NUMBERS EDITION

華美な装飾ではなく、原点回帰とも捉えられる、クリーンでより良いフィット感を追求、実現したスニーカー。『アディダス』のスリーストライプに「12:45」の時刻数字、ヒールには「NUMBERS」のロゴ、立体的なアッパーディティールがカッコいい。

素材には耐久性に優れたヌバックを採用し、履き口にはニットをあしらい、またカスタムメイドのようなフィット感をもたらす成型ヒールを搭載。カップソールがさらに安定感を高め、サイドのラバートレッドがグリップ力を発揮し、コントロール性を向上。
via:『アディダス』公式オンライン:CITY CUP X NUMBERS EDITION

『アディダス』×『NUMBERS EDITION』
CITY CUP X NUMBERS EDITION

トラックジャケット、トラックパンツ、キャップなどリリース

YOUTUBEで公開されているPVにスケーティングと合わせて着用をしている。黒の彩度とグレーの彩度、コントラストが都市的モノクロームであり、ミニマルなデザインに仕上がっている。

『アディダス』
スケートボーディング

RELATED ARTICLE

  1. ベーシック×トレンド。ドメスティックブランドメンズウェア18

    ベーシック×トレンド。ドメスティックブランドメンズウェア18

  2. ダナーブーツコーデ|カッコいい着こなしと履き方の3つのコツ

    ダナーブーツコーデ|カッコいい着こなしと履き方の3つのコツ

  3. 【一生モノ】メンズおすすめ名品アウター|普遍性重視

    【一生モノ】メンズおすすめ名品アウター|普遍性重視

  4. おすすめボア・フリースリバーシブルジャケット5枚【メンズ】

    おすすめボア・フリースリバーシブルジャケット5枚【メンズ】

  5. グラミチショーツコーデ|春夏のヘビロテ筆頭ボトムス【メンズ】

    グラミチショーツコーデ|春夏のヘビロテ筆頭ボトムス【メンズ】

  6. バスクシャツおすすめ8枚【メンズ】コスパブランド〜フランスブランドまで

    バスクシャツおすすめ8枚【メンズ】コスパブランド〜フランスブランドまで

  7. ラコステコーデ【メンズ】色褪せない名品ポロシャツ「L.12.12」

    ラコステコーデ【メンズ】色褪せない名品ポロシャツ「L.12.12」

  8. 【ビジネス】気温15度の服装【メンズ】スーツとカジュアル2本立て

    【ビジネス】気温15度の服装【メンズ】スーツとカジュアル2本立て

PAGE TOP