ボアフリースおすすめブランド【メンズ】鉄板はアウトドアブランド

モコモコ感、柔らかい着心地、保温性を兼ね備えたボアフリースウェアは、秋冬ファッションの定番。ファッションブランドからもリリースされていますが、アウトドアブランドに絞っています。機能性を意識しなくてもいいのもデカイ。

ボアフリースおすすめブランド:パタゴニア

R2ジャケット

細身のシルエットは、アウターだけじゃなくミドルレイヤーでも着用できるように設計。コンパクトなフィット感のフリースウェアは秋はメインアウターに、冬はメインのインナーウェアとしてヘビロテ候補。

削ぎ落とされたミリタリーのミニマルデザインがシンプルながらも存在感を放つ『パタゴニア』の名作の1つ。

▽他のフリースにクラシックレトロX、レトロパイルベストがあります:

ボアフリースおすすめブランド:コロンビア

アーチャーリッジベスト

コロンビア フリース アーチャーリッジベスト メンズ 画像1

『ザ・ノース・フェイス』、『パタゴニア』と並ぶ流通量、知名度である『コロンビア』。昨今では、よりタウンユースファッションへの距離がグッと近くなり、ブラックレーベルラインも好評。

こちらは『コロンビア』のフリースウェアのロングセラーモデル。優れた防風性と透湿性を兼ね備えた中綿入りで、モコモコだけのフリースとは違い、保温性と防寒性を格上げ。袖がある「アーチャーリッジジャケット」もございます。

ボアフリースおすすめブランド:ジムマスター

アウトドアブランドカテゴリーよりも、スポーツが強めのスウェットブランドとしての立ち位置である『ジムマスター』ですが、製品クオリティ、使い用途、昨今のネオアウトドア的なファッションの流れもあり、認知度上昇中。

クラシカルなスポーツスタイルを軸にライフスタイル全般に使えるアイテムは、フリースウェアも例外ではなく、リバーシブル仕様でかつポップなカラーリングを使い、ストリートライクなデザインに。

毛足の長いフリースと、サラっとした質感で着やすいタスロン素材のコンビは存在感ある秋冬アウターに使える。

ジムマスター
ボア×タスロンフードJACKET

ボアフリースおすすめブランド:ワイルドシングス

PILE FLEECE NO COLLAR JACKET

数々のショップ別注アイテムも多く、サコッシュやクライミングパンツも人気の『ワイルドシングス』。コスパのいい価格帯ながら、クライマー向けの製品なため、ハイパフォーマンス、クオリティを誇るカナダのアウトドアブランド。

こちらのフリースジャケットはノーカラーにし、比翼のナイロンディティールがミリタリーチックでアクセントになること間違い無し。色はブラック、オリーブの色がやっぱいい。

タイトすぎない着心地とフィット感は、気温や季節に合わせてアウターからミドルアウターとして着回しできる。

ワイルドシングス
PILE FLEECE NO COLLAR JACKET

ボアフリースおすすめブランド:ロックス

CLASSIC BERBER VEST

『グラミチ』の創立者であるマイク・グラハム氏がアウトドア愛好家として納得のいくモノ作りをすべく立ち上げたのが『ロックス』。なので『グラミチ』よりもストイックでちょっとハードコアな魅力が製品にあります。

こちらは、ブランド定番人気のパイルボアフリースを使い、ポケットにはジッパー、位置側にはメッシュを使用するなどクライマー向けのディティールワークが冴え渡るバーバーベスト。

胸のコーデュロイ切り替えでストリートライクな雰囲気を作るなど、どことなくやっぱり「作りという側面」が出ており、ストイックさを垣間見れる。

ボアフリースおすすめブランド:ザ・ノース・フェイス

ジップインバーサミッドジャケット

ザ・ノース・フェイス フリース ジップインバーサミッドジャケット 画像1
説明不要の『ザ・ノース・フェイス』からは2つのフリースを。1つはジップインバーサミッドジャケットで、新しいカラーラインナップで新作が登場。カラーはブラック、グレー、ブルー、オリーブカーキの4色で人気はオリーブカーキな勢い。

秋冬のアクティビティに最適なフリースのボリューム感は汎用性トップの中間着として機能。

なので、シルエットは今どきのボリューム感を活かした着こなしではなく、あくまでコンパクトなトップスバランスに。登山やトレッキングのワイフワークと普段着ファッションを両立したい方に。

ザ・ノース・フェイス
ジップインバーサミッドジャケット

デナリジャケット

もう1つがやっぱり外せない不動のデナリジャケット。『ザ・ノース・フェイス』好きは誰もが知っているヘリテージフリースモデルで、その汎用性、スペックは今日に至るまで通用するレベルの高さを思い知らされる一枚。

街に、外に、通勤に通学に、スポーツの休憩タイムになど人それぞれの防寒対策、ファッションに機能する。

ザ・ノース・フェイス
デナリジャケット

ボアフリースおすすめブランド:マナスタッシュ

BIG FOOT JKT 2

シアトルのアウトドアブランド『マナスタッシュ』のウェアは、フリーダム、実用的、スタイリッシュ。ヘンプ素材を使用したウェアが人気を誇っていますが、それだけではなくアウトドアフィールドに適したウェアをトータルで展開中。

ヘンプと並ぶ人気ウェアがリサイクルフリースを使ったアイテム。襟をなくし、ノーカラーにすることでカーディガンフリースになっているディティールは秋冬シーズン通して活躍できる一枚。

ファッションにアウトドアに。秋冬大活躍のボアフリース

アウトドア系ではない上品なニットアイテム、スラックスライクなボトムスなどで大人カジュアルな着こなしの幅を広げやすいのがボアフリースアイテム。

従来通りにアメカジ、ワーク、スポーツなどのジャンルにも合わせやすく、ダウンジャケットなどの季節感あるアイテムと相性もいいため、着こなしに困ることはそうそうない。

意識しなくてもナチュラルなアウトドアテイストをスパイスに加えられるのもボアフリースの魅力。

ボアフリースのボリュームをチェック

ボアフリースのボリュームをチェック 画像1

via:WEAR

ミドルレイヤー前提(重ね着のこと)で作られているボアフリースはコンパクトなシルエット、アウターメインで作られているボアフリースはビッグなボリューム、シルエットでデザイン。

時々のファッションの流れでワンサイズ上げて大きめに着るなどもありなので、秋冬シーズン、または肌寒い春先までどんなふうに着回しをしたいかイメージをしておくと決めやすい。

ファッション用なら機能性は難しく考えなくてもいい

ファッション用なら機能性は難しく考えなくてもいい 画像1

via:WEAR

ファッションブランドであれば、街着に最適化された機能性ですし、アウトドアブランドであれば、アウトドアフィールドで活躍する素材使い、設計になっていますので、難しく考える必要はほぼない。

あくまでも、ラフに、簡単に、着こなしを楽しむ選び方で問題ありません。

▽あわせて読みたい:

Thumbnail by:MAGASEEK:シップス デイズ【別注】Columbia:リバーシブルボアジャケット

RELATED ARTICLE

  1. ワードローブの買い足しTシャツ【2019夏セール・再入荷】

    ワードローブの買い足しTシャツ【2019夏セール・再入荷】

  2. ぽっちゃりデブの男性に似合うベターなアウター種類【ジャンル別】

    ぽっちゃりデブの男性に似合うベターなアウター種類【ジャンル別】

  3. アウトドア農業ファッション|お洒落日本ブランド5選【農Boy 農Fashion】

    アウトドア農業ファッション|お洒落日本ブランド5選【農Boy 農Fashion】

  4. グラミチ(GRAMICCI)ショップ別注パンツ【2018・秋冬】

    グラミチ(GRAMICCI)ショップ別注パンツ【2018・秋冬】

  5. フリースアウター着こなし【メンズ】コーデポイント4つ

    フリースアウター着こなし【メンズ】コーデポイント4つ

  6. ガッチリ体型のメンズファッション|男のアウトドアストリートMIX

    ガッチリ体型のメンズファッション|男のアウトドアストリートMIX

  7. 夏定番のサンダルもセレクト・ショップ別注でフレッシュに

    夏定番のサンダルもセレクト・ショップ別注でフレッシュに

  8. おしゃれなサコッシュ【メンズ】旅行にデイリーユースにおすすめ

    おしゃれなサコッシュ【メンズ】旅行にデイリーユースにおすすめ

PAGE TOP