夏フェスで穿くおすすめ短パン【メンズ】30代オーバーもOK

難しく考えず、選択肢も絞って、フェスで活躍するメンズの短パンブランドウェアを紹介。20代、30代など年代に関係なく、フェスを楽しむことと、ファッションとしての見映えもイイバランスの短パンになります。

素材、生地の特徴で野外夏フェスで穿く短パンなのか、屋内の夏フェスで穿く短パンなのか使い分ける

フェス 短パン メンズ 画像2

via:MAGASEEK:green label relaxing

例えば、耐久撥水、速乾性のある素材と生地で構成された短パンは、野外や夏向けなど。『ディッキーズ』のチノ・ツイル系パンツは屋内向けに使うなどです。

あとは、参加するフェスの音楽ジャンル、会場の雰囲気、参加する人たちの属性などにも左右されるので、自分のファッションスタイルに固執しすぎないこともフェスを楽しむポイント。

【メンズ】夏フェスで穿くおすすめ短パン:『パタゴニア』

バギーズショーツ

「太陽があるところにはバギーがある。」名言めいた商品説明がいかにも『パタゴニア』らしい。

水陸両用のバギーズショーツは、街にレジャーにと夏に穿くショートパンツとして機能性とファッション性を兼ね備えた人気ショートパンツ。当然、夏フェスなどにうってつけの短パン。

『パタゴニア』
バギーズショーツ

【メンズ】夏フェスで穿くおすすめ短パン:『ディッキーズ』

セルフォンポケットワークショーツ

フェスはフェスでも、ロック感の強いフェス向けもしれません。あとは屋内フェス、ライブなどです。定番短パンで、アーティストの着用率も高いことから、会場の雰囲気に合いやすいメリットも相乗効果であります。
『ディッキーズ』
セルフォンポケットワークショーツ

他には、ラスティーショーツ、ソロテックスショーツがイイ

『ディッキーズ』公式オンラインショップで詳細は確認。前述のセルフォンポケットワークショーツはフェス!よりもライブ!のイメージが強いかもしれませんけども、ラスティーショーツ、ソロテックスショーツは野外感がある素材、生地、フォルムになっています

『ディッキーズ』公式オンラインサイト

【メンズ】夏フェスで穿くおすすめ短パン:『グラミチ』

プリントパッカブルショーツ

水辺やランニング、街中など、様々なシーンで活用できる総柄プリント。もちろん、見た目だけじゃなくシーンに合う速乾性、パッカブル仕様になっているアクティブシーンに活躍するショートパンツ。

こちらは、総柄タイプですが、無地タイプもあります。

『グラミチ』
プリントパッカブルショーツ

ウェザーSTショーツ

夏場の気候でもストレスを軽減する穿き心地は、コットンとポリウレタン混紡によるストレッチ性によるもの。『グラミチ』のG-SHORTSと一番細いNNの中間シルエットになっています。
『グラミチ』
ウェザーSTショーツ

【メンズ】夏フェスで穿くおすすめ短パン:『ザ・ノース・フェイス』

クラスファイブカーゴショーツ

『ザ・ノース・フェイス』のクラスファイブショーツにカーゴディティールを加え、小物の持ち運びがスムーズになった短パン。

静電ケア設計、撥水機能、音楽フェス、トレッキング、キャンプ、普段着ファッションと汎用性は抜群。

『ザ・ノース・フェイス』
クラスファイブカーゴショーツ

【メンズ】夏フェスで穿くおすすめ短パン:『モンベル』

ストレッチO.D.ショーツ

モンベル フェス 短パン 画像
ソフトシェルでも人気のストレッチO.Dシリーズ。ハリ、コシのある生地感に、軽量、撥水性、運動性を加えた多機能短パン。

肉体を酷使する農業シーン(実際は日焼けするから農作業で穿かないけど)でも活躍するスペックは、野外フェスなどにも◎。まさにフィールドを大きく捉えたアウトドアの短パン。

『モンベル』
ストレッチO.D.ショーツ

▽合わせて読みたい:

Thumbnail by:MAGASEEK:SC GRAMICCIツイル G-SHORTS ショートパンツ

GOOGLE CUSTOM SEARCH

PAGE TOP