フェスおすすめ帽子【メンズ】アウトドアレジャーとファッション兼用

フェスおすすめ帽子【メンズ】アウトドアレジャーとファッション兼用

アウトドアブランドメインに、実用性も兼ねたフェスでオシャレなコーデにもなる帽子を紹介していきます。通気性、快適性、日差しの遮断性、防水性を重要視するなら、アウトドアブランドがやっぱり候補に挙がります。

トレッキング、登山などがワークライフに入っている方は、すでにご存知のアイテム、ブランドばかり。

利便性とファッション性を兼ね備えた帽子でフェスをもっと楽しく

筆頭はハットアイテム。次点でキャップ

フェス 帽子 ハットコーデ  画像1

via:wear.jp

日よけ効果はもちろん、メッシュなどの通気性も考慮されたハットは実用性◎。

ノーブランドのハットアイテムでもなんとかなると思いますが、少し価格はするけど、クオリティの高いハットアイテムはファッション性もOKでフェスだけじゃなく、日常のアウトドアレジャー、コーデにも使えるので、一石二鳥。

フェス 帽子 キャップコーデ 画像1

via:wear.jp

アウトドアブランドのほうがフェスの環境に適した素材使い、生地使いをしていますのでおすすめ。

しかし、『チャンピオン』や『ニューエラ』などのキャップとハットは、普段アウトドアテイスト、ワークステイストのファッションスタイルじゃない人にとっても、普段使いを考えるとコーディネートアイテムとして重宝します。

フェスにおすすめのオシャレな帽子ブランドアイテム【ハット】

『カブー』Strap Bucket Hat

フェス 帽子 『カブー』Strap Bucket Hat 画像
御存知の方は、ウェビングテープは生産上の都合でバラバラというもの。在庫バランスも関係しておりますので、写真は代表的なデザインとカラーになっております。カラーバリエーション豊富。

雑誌『ゴーアウト』などでも多数登場するブランド。

『フェニックス』Water Colored Broad Booney

紫外線遮蔽率90%以上、吸汗速乾スベリ機能が付いている『フェニックス』のハット。ポップなテープデザインは目を引き、ドローコードによる調整も当然できます。ただし、裏側のデザインは賛否両論。
『フェニックス』
Water Colored Broad Booney

『パタゴニア』Mickledore Hat

フェス 帽子 『パタゴニア』Mickledore Hat 画像
トレイルや道路での長い1日を過ごすことを想定したハットはフェスでも効力発揮。コンパクト、軽量、収納も億劫にならず。

クールマックス・ファブリック製ヘッドバンドで汗の対策機能もあり、波のように曲線になったつば、コードがファッション性をグッと増している。

『コロンビア』Sickamore Booney

フェス 帽子 『コロンビア』Sickamore Booney 画像1

オシャレで紫外線をしっかり防止するヘッドウェア。『コロンビア』のハットアイテムで、トップの人気なので、バケットハットに抵抗があるメンズにとっても、最初のハットアイテムにもおすすめ。

パッチワークのように切り替えになっているデザインもフェスの空気感にも違和感なくマッチする。

『ノースフェイス』ホライズンハット

アウトドアシーン全般に活躍する万能ハット。『ノースフェイス』のホライズンハットは、人と被ることも十分ありえます。だけど、フェスなのですから、そこまで気にするほどでもない。

ストラップ(取り外し可能)による固定で、風に飛ばされることもありません。カラー展開も取扱店舗によっては8種類以上。

『ノースフェイス』
ホライズンハット

『ノースフェイス』ウォータープルーフキャンプハット

防水・透湿性に優れたハイベント®、縫い目のシームシーリングを全てに採用し、防水性抜群。裏地はメッシュになっていて、通気性も確保。つばが短めのコンパクトデザインはスッキリとしたフェスファッションに。
『ノースフェイス』
ウォータープルーフキャンプハット

『カリマー』Rain 3L Hat

リュックが人気のアウトドアブランド『カリマー』のデオテープによる抗菌加工、ソフトな風合いの完全防水ハットハイエンドモデル。

商品説明に「レインハットに見えないオシャレなデザイン!街にイベントに、海に山にキャンプに野外フェスに!」という文句も自信の表れ。

『モンベル』ワッフルハット(メッシュが強力)

フェス 帽子 『モンベル』ワッフルハット 画像
ファッション性という部分では若干劣るかもしれませんけども、それらを補う圧倒的な利便性をもたらす『モンベル』のメッシュ効果の威力。

通気性抜群のメッシュ地、自転車、散歩はもちろん、アウトドア・レジャー全般に使える汎用性の高さはさすがの『モンベル』。蒸し暑い夏にこそ、商品価値が確立される。

フェスにおすすめのオシャレな帽子ブランドアイテム【キャップ】

『カブー』Strapcap

フェス ぼうし 『カブー』Strapcap 画像
縁に付いたアジャスタブルウェビングテープは見た目のデザインと、サイズ調整も兼ねた機能性。ストラップはハットアイテム同様にアソートであります。アウトドアワークヘッドウェア!

『フェニックス』Rover Adventure Work Cap

基本性能は最初に登場したハットとほぼ同じです。カラー展開は取扱い店舗により5色くらい。
『フェニックス』
Rover Adventure Work Cap

『パタゴニア』P6トラッカー・ハット

ポリエステル・メッシュの後頭部が涼しいかぶり心地、ベタだけどブランドロゴが定番となった『パタゴニア』のキャップ。同じようにTシャツモデルもありますので、両方でコーデしたら『パタゴニアン』というあだ名がつけられるかもしれない。
『パタゴニア』
P6トラッカー・ハット

『コロンビア』Eagle Creek Cap

ヘッド部分の立体感のある刺繍でブランドロゴがフェス会場の雰囲気に映えるオーソドックスデザインのメッシュキャップ。

『ノースフェイス』ゴアテックスワークキャップ

GORE-TEX(R)ファブリクスを採用した完全防水トレッキングキャップ。シームシーリング加工を施し、ムレを追い出す作り、つばを固めにして、ワークテイストあふれる雰囲気に仕上げています。

カラー展開も4色以上。

『ノースフェイス』
ゴアテックスワークキャップ

▽合わせて読みたい

Thumbnail by:Amazon.co.jp

GOOGLE CUSTOM SEARCH

PAGE TOP