おデブさん、太った男性におすすめのファッションブランド【大きめOK】

一口にデブ、太っている体型と言っても細かい部分は当然違いますし、その人が本人が持つ顔立ち、雰囲気、髪型、佇まい(凛々しさ、男らしさ、ポニョっとした可愛らしさだったりなどなど)も違います。

が!私なりに比較的アベレージが高いというブランドは教えます。
ワーク系ブランド、アウトドアブランドなどは、ファッションジャンルミックスがしやすく、太め体型にも合うアイテムが多い。

▽紹介するファッションブランドウェアのメリットは3つ:

1.体型をカバーし、ゆったりめ、フィット感などアイテム次第で変化を加えられる
2.今の空気感十分のウェアを手に入れやすい
3.大人らしい説得力のあるコーデに使えるウェアが揃う

この3つです。

大きめサイズ、ゆったりサイズもOK。デブ体型、太っている男性におすすめのファッションブランド

大きいサイズが揃う服!系の通販ではなく、聞いたことのあるアウトドア、ワークブランドから選出。

ノースフェイス

ノースフェイス マウンテンダウン 画像1
ノースフェイスはサイズ展開ももちろんですが、アウトドアブランドらしいアプローチで、どんなシーンで必要最小限の機能でパフォーマンスが良いかで設計されていますので、サイズ感も小さめから大きめまで揃っています。

機能に関しては街着としてなので、スペックは気にしないでもいいですし、デブ体型にもフィットしやすい雰囲気のアイテムを選べば良いです。

カーハート

カーハート ワークジャケット 画像1
カーハートはアメリカラインと、ヨーロッパラインの「カーハートWIP」があり、デブはアメリカラインを。
サイズ展開もアイテムモデルによってxxxxxラージまであります。

アメリカの老舗ワークウェアブランドですので、クオリティはお墨付きです。農作業や工業作業で使えるつなぎもファッションアイテムとして使えます。

アークテリクス

アークテリクス ジャケット 画像1
アークテリクスはカナダのアウトドアギアを生産するブランドで、人気アイテムはマウンテンパーカーとリュック。リュックは幅広いファッションスタイルに合わせやすいことで、カジュアルファッション全般に向いています。

なぜ、アークテリクスがデブ向けなのかと言いますと、サイズがカナダサイズになっているので日本人体型のサイズ規格よりも大きめに作られているからです。

目安ですが、標準体型の日本人が、他のブランドで普段Lを着ているなら、ワンサイズ下げたMを着ればいい感覚です。太った男性でもちょうどいいサイズが見つかりやすいということです。

リーバイス

リーバイス 画像1
イマイチ、自分の中でボトムスが決まらない!そんなデブメンズにオススメなのがやはり『リーバイス』。サイズレンジが広いので、シルエットモデル、パターンモデル次第で履けるサイズが見つかりやすく、ブランドバリューも十分。

きれいめなカジュアルファッション全般はもちろん、アメカジ、トラッド、アウトドア、スポーツなどのテイストミックスも作りやすい。シルバータブラインはバギーパンツ、オーバーオールなど太め体型の男性向けのアイテムがあります。

ティンバーランド

Timberland 長袖 フランネル プレード シャツ A1FJT 画像1
『ティンバーランド』はブーツのイメージが強いですが、ワークテイストが詰まったアメカジスタイルがベースにあるので、カジュアルファッション全般に使えるウェア、そして体格がいい男性にも着やすいサイズが揃いやすい。

エルエルビーン(L・L・Bean)

LLBean イメージ
アメリカブランドなのでサイズ規格も大きめ。XXLまで展開し、ウェアのジャンルはアメカジ、アウトドアが中心。ビジネス用のアイテムも展開しています。

チノ、ツイル生地のパンツやセットアップがクラシカルなので、大人のキレイめコーデがしたい太め体型男性向けともいえます。

ブランド:『エルエルビーン』

エディー・バウアー

『エルエルビーン』よりも少しやんちゃっ気といいますか、言葉にするのがムズカシイのですが…「ザ・アメリカン・カジュアル」。とはいえ、子供過ぎないテイストのカジュアルなので30代以上の男性も多く利用しています。『GAP』とポジションは近い。
ブランド:『エディー・バウアー』

パタゴニア

パタゴニア Tシャツ
デブ具合(巨漢と感じる人)によってはサイズ的にはキツイかもしれません。ただ、補って余るほどのブランドネームの威力。アウトドアテイストのファッションが、簡単におしゃれに完成しやすい。

がっちり体型、ぽっちゃりしている方でも着やすいので、体格が大きいわけじゃない太め体型向きですね。

ブランド:『パタゴニア』

コロンビア

コロンビア イメージ
『ノースフェイス』、『パタゴニア』と並ぶ世界規模のアウトドアブランドの1つ。オーソドックスだけど、タウンユースにもアウトドアにもスポーツにも頼れるウェアばかり。それが安定の『コロンビア』。

私の知人で大学まで野球でキャッチャーをやっていた太めの友人でも着やすいので、サイズとデザインが揃った服が見つかりやすいと思います。

ブランド:『コロンビア』

グランバッグ

大きいサイズ ブランド ファッション 画像
太ってる男性御用達。2L〜5Lサイズまで取り揃える大きいサイズの専門店。ちょっと紹介してきたブランドとは毛並みが変わります。

サイズ重視で、ファッションブランド、文脈としては弱いですが、とりあえず自分が着れる服が見つかりやすいメリット。キャッチコピーにそれは表れています。

大きな背中を持つ(デブ、ぽっちゃり)のためのクローゼットストア。専門店らしいオリジナルからブランドセレクト。大きい男よ、あなたのサイズはここにある。

ただ着れるだけじゃない。太っている男性にメリットがあるファッションブランド

太っている男性にメリットがあるファッションブランド 画像1

via:WEAR

太った男性はひし形!色は黒で引き締めて!膨張色は控える!なども使えるテク。それはそれで、ゆったりでも、楽に自由に着ても決まりやすいブランドがテーマ。

それでは3つのメリットを列挙していきます。

1.ゆったり着てもOKなアイテムが多い

アウトドアの背景を背負ったブランド、またはワークウェアから発展しているブランドは、過去の歴史から理にかなったディティールデザインがポイント。サイズはコンパクト、ジャスト!などに左右されすぎないで済む。

2.過剰じゃないトレンド感を含んだ素材、デザイン

スポーツ、アウトドアなどで使われる素材は、アスレジャーブームを超え、進化し、スタイルじゃなく、今までの洋服にあったデザインに応用されてきています。自然と、トレンド感が出ているコーデがしやすい。

3.ファッション文脈に沿っているので説得力のある着こなしがしやすい

1番目のゆったり着てもOKと似ていますね。ブランドというのは長い歴史、製品の実力、信頼から出来上がっていくもの。それは、ブランド側ではなく、あくまでユーザーから。文脈に沿ったものづくりを行ってきたブランドは説得力のある洋服が多く揃う(たまに実験的に過剰なデザインしているものは一部の人向け)。

▽関連:

Thumbnail by:MAGASEEK:【大きいサイズのメンズ服・グランバック】

RELATED ARTICLE

  1. 男らしいファッション|ケンコバ風アメカジ×ラギッドスタイルMIXコーデ

    男らしいファッション|ケンコバ風アメカジ×ラギッドスタイルMIXコーデ

  2. 上手なライダース×パーカーコーデの重ね着コツ【メンズ】

    上手なライダース×パーカーコーデの重ね着コツ【メンズ】

  3. アノラックパーカーコーデ【メンズ】色の使い方で洒落感を

    アノラックパーカーコーデ【メンズ】色の使い方で洒落感を

  4. 売切御免。今が買いのセレショ推し秋冬人気メンズアウター

  5. パタゴニアコーデメンズ【夏】ヘビロテ確定バギーズショーツ、ロゴTシャツ

    パタゴニアコーデメンズ【夏】ヘビロテ確定バギーズショーツ、ロゴTシャツ

  6. タカヒロミヤシタザソロイスト.×コンバースジャックパーセル|東京の今を感じるプレミアムな靴

    タカヒロミヤシタザソロイスト.×コンバースジャックパーセル|東京の今を感じるプレミアムな靴

  7. ダウンジャケット着こなし【メンズ】冬コーデはやっぱりダウン

    ダウンジャケット着こなし【メンズ】冬コーデはやっぱりダウン

  8. バイヤー厳選。メンズの冬アウター入荷ラッシュ【2017】

    バイヤー厳選。メンズの冬アウター入荷ラッシュ【2017】

PAGE TOP