タウンユースヘビロテ候補。アウトドアジャケットおすすめブランド

タウンユースヘビロテ候補。アウトドアジャケットおすすめブランド

タウンユース、デイリーユース、街着に使いやすいアウトドアジャケットをおすすめブランドから選出。特に目新しいウェアやブランドではなく、コーデの主役と引き立て役を行き来するようなアイテムに絞っています。

あくまでタウンユースとしておすすめするアウトドアブランドジャケット

ですので、機能性は二の次です。ゴアテックスのような完全防水もありませんし、通気性抜群!なんてこともない。あるのは、街着として、近所のお出かけ、ライトなアウトドアレジャーやスポーツに適したアウトドアジャケットに絞っています。
そうとはいえ、そこは流石アウトドアブランドのジャケットウェア。防風性、撥水性、通気性、保温性などある程度の機能は自然とついてくる。

おすすめアウトドアジャケットブランド

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

ベンチャージャケット

ザ・ノース・フェイス ベンチャージャケット 画像1

防水シェルと風を防ぐウインドシェルの機能を持ち、ライトな街着用、ロードバイクのサイクリングにも◎でタウンユースコーディネートに向いている定番マウンテンパーカー。カラーバリエーションも豊富で好みの色が見つかるはず。

ブランド:THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)
商品名:ベンチャージャケット

▽ノースフェイス関連

mont-bell(モンベル)

1975年、辰野勇は2人の山仲間、真崎文明、増尾幸子と共に「株式会社モンベル」を設立しました。
以来“Function is Beauty(機能美)”と“Light & Fast(軽量と迅速)”をコンセプトに商品開発を行っています。モンベルの歴史は、近年のアウトドア用品の進化の歴史といっても過言ではありません。
via:mont-bell

ウインドブラスト パーカ

モンベル ウインドブラスト パーカ 画像1

耐久性と軽量コンパクト性をバランスよく両立させ、持ち運びにも便利なウインドブレーカー。メイン素材構成は、40デニール・ナイロン・タフタ[ポルカテックス®加工]。

ブランド:mont-bell(モンベル)
商品名:ウインドブラスト パーカ

ライトシェルパーカ

モンベル ライトシェルパーカ 画像1

防風性と撥水性を備えたシェル素材で蒸れにくく保温性も高めたソフトシェル。タイトすぎない身幅は重ね着もしやすく、気温に合わせてインナーを選べる。

ブランド:mont-bell(モンベル)
商品名:ライトシェルパーカ

▽モンベル関連

Columbia(コロンビア)

高レベルの防水性と透湿性を両立させた”オムニテック”。銀色のライナーが体温を反射し保温効果を高める”オムニヒート”。汗に反応して冷却効果を生む素材”オムニフリーズゼロ”などオリジナル素材や機能を持った数々の製品が生み出されています。
via:コロンビアスポーツウェア

ヘイゼンジャケット

コロンビア ヘイゼンジャケット 画像1

機能性、運動性、デザイン性を兼ね備えた軽量ジャケットで、『コロンビア』の毎シーズン人気定番アウター。ナイロン特有のごわつきがないので、着たときの体に馴染む着用感は、良い意味でコーディネートがものぐさになりそう。

ブランド:Columbia(コロンビア)
商品名:ヘイゼンジャケット

▽コロンビア関連

MILLET(ミレー)

ミレーは1930年代に初のショルダーストラップ付きのバッグを販売し、その名を知られるようになった。 数年後にそれをバックパックへと進化させると、フランスのブランドとして一躍有名になる。 山岳向けのテクニカルな製品開発によって強化されたミレーのブランドイメージは、何世代にもわたる山岳家達から のサポートを受け、確固としたものとなっていく。
via:ミレー公式オンラインストア

TYPHON 50000 WARM ST JK

ミレー TYPHON 50000 WARM ST JK 画像1

オールシーズンテクニカルマウンテニアリング用のソフトシェルジャケットで、タウンユースでは余してしまう機能性がありますが、見た目のルックスも◎。

ブランド:MILLET(ミレー)
商品名:TYPHON 50000 WARM ST JK

HAGLOFS(ホグロフス)

現代のHAGLÖFS製品に見られる数多くの特徴は、創立以来ヴィクトル・ホグロフが会社の基盤としてきた価値に由来するものです。当時も今も変わらず、優れた品質と、素材の選択の重視、そして高い耐久性を持った堅牢な作りが、中核的価値観となっています。
via:アシックスジャパン株式会社

BARRIER III HOOD

ホグロフス BARRIER III HOOD 画像1

断熱フード付きジャケット。しなやかなストレッチ素材を使用した袖口に撥水加工を施しているボディ。スポーツミックスファッションが捗る一枚。

ブランド:HAGLOFS(ホグロフス)
商品名:BARRIER III HOOD

SIERRA DESIGNS(シエラデザイン)

日本では、1975年に60/40素材を使用したマウンテンパーカが販売され、アメリカと同様にまたたくまにアウトドアウェアとして浸透し、その後1980年代にはマウンテンパーカを街着として着用するスタイルが流行し人気を不動のものとしました。
そして今もなお、60/40素材を使用したマウンテンパーカの人気は衰えることがなく、マウンテンパーカの定番品として多くのファンを魅了し続けております。
via:about SIERRA DESIGNS

60/40クロス マウンテンパーカー

シエラデザイン 60/40クロス マウンテンパーカー 画像1

今なお40年以上前から続く伝統の縫製方法で生み出される名品で、『シエラデザイン』の原点でもある。マウンテンパーカーのオリジネーターモデルは、適度なゆとりのある身幅になっていて、スーツの上から羽織れ、ビジネスマンからアウトドアフリークにも評価を得た一枚。

ブランド:SIERRA DESIGNS(シエラデザイン)
商品名:60/40クロス マウンテンパーカー

▽シエラデザイン関連

Barbour(バブアー)

英国のアウトドア・ライフスタイルを体現するブランドであるバブアーは、1894年、ジョン・バブアーによりイングランド北東部のサウスシールズで創業。
北海の不順な天候の元で働く水夫や漁師、港湾労働者のために、オイルドクロスを提供したのが始まりでした。
その革新的なオイルドクロス製の防水ジャケットは耐久性が高く、瞬く間にバブアーの名声を広めていきました。
第一次、第二次世界大戦中には、防水服を英国軍に供給しており、その高い機能性は、第二次世界大戦時、ジョージ・フィリップ大尉により、潜水艦ウルスラの公式搭乗員服として採用されたという逸話が証明しています。
via:バブアー Barbour 公式オンラインストア

BEDALE SL

バブアー BEDALE SL 画像1

『バブアー』の人気モデルを現代のフィッティングに改良されたSLシリーズ。タフで強さを感じる男のアウターは、程よい着丈の長さで、スーツの上から、カジュアルシーンまで幅広いコーディネートに合うようになっている。

ブランド:Barbour(バブアー)
商品名:BEDALE SL

Patagonia(パタゴニア)

トレントシェルジャケット

パタゴニア トレントシェルジャケット 画像1

2.5層構造の防水性/透湿性を備えたシェルジャケットで、『パタゴニア』ジャケットデザインと価格も踏まえると、タウンユースで一番使いやすいんじゃないかなぁと。

ブランド:Patagonia(パタゴニア)
商品名:トレントシェルジャケット

CHUMS(チャムス)

Ladybug Jacket

チャムス Ladybug Jacket 画像1

タウンユースのアウトドアテイストのファッションだけじゃなく、ジョギングやサイクリングなど様々なシーンでも着回せる。配色の異なるジップ使いが『チャムス』らしいコンセプトが出ている。

ブランド:CHUMS(チャムス)
商品名:Ladybug Jacket

SNOWPEAK(スノーピーク)

Snow Peakのブランド名は、日本が誇る名峰、谷川岳を由来としています。遭難者の多さから世界で最も危険な山と言われながらも、その気高い美しさで人々を魅了し続ける谷川岳に創業者山井幸雄は、クライマーとして命を懸けて何度も挑みました。そしてその経験をもとに1958年から燕三条の優れた金属加工技術を活かしたオリジナルの登山用品を、いくつも生み出しました。
via:スノーピーク * Snow Peak

2.5レイヤーシェルジャケット

スノーピーク 2.5レイヤーシェルジャケット 画像1

高い透湿防水性と軽量性をあわせもつ2.5レイヤーのシェルジャケットで、アウトドア環境下とデイリーユースでも着れて丈夫だけど気軽には折れる感じがイイ。温度調整用のベンチレーションもついているジャケットタイプでコーディネートもしやすい。

テクノロジーの急激な進化はあらゆることを便利にしてくれます。人間らしい、地に足のついたゆるやかな時間を犠牲にしながら…。みなさまにとってスノーピークのプロダクトやサービスが、その時間を取り戻すきっかけになれたら、こんなにうれしいことはありません。
via:スノーピーク * Snow Peak

ブランド:SNOWPEAK(スノーピーク)
商品名:2.5レイヤーシェルジャケット

and wander(アンドワンダー)

2011春夏からブランドスタート
自然に触れることに魅せられて 山を楽しみ、パリコレクションブランドで培った企画力と山で感じた肌の感覚をもって、アウトドアウェアとギアを提案しています。
via:アンドワンダー: and wander

ライトレインジャケット

アンドワンダー ライトレインジャケット 画像1

ストレッチ性のしなやかな生地を使用した軽量のレインジャケット。ストレッチ性もあるので、軽いソフトシェルジャケット感覚。『アンドワンダー』のファッション性とアウトドア性をミックスさせた一枚。

ブランド:and wander(アンドワンダー)
商品名:ライトレインジャケット

Manastash(マナスタッシュ)

フリーダムをベースとしたライフスタイルを代表する、実用的でスタイリッシュ、
そしてハイクォリティなウエア。
山、川、そして道…MANASTASHは、自然環境の中で情熱を追いかけている
すべての人々と繋がっています。
via:MANASTASH

2.5LAYER PRIMAROFT100 JACKET

マナスタッシュ 2.5LAYER PRIMAROFT100 JACKET 画像1

『マナスタッシュ』のベストセラーアウトドアジャケット。軽量、保温力、風雨に強く、大きなジッパーと切り替えカラーがファッション性を強めている。

ブランド:Manastash(マナスタッシュ)
商品名:2.5LAYER PRIMAROFT100 JACKET

Marmot(マーモット)

現在カリフォルニア州サンタローザの本社に加え、コロラド、カナダ、イギリス、スウェーデン、ドイツ、香港にオフィスを構え、世界27カ国に製品を販売するまでに成長。しかしその成長は事業規模のみで『Marmot』の本質は何一つ変わらない。それは”FOR LIFE”のフィロソフィーのもと”生命を守り、生還できるプロダクト”を作り続けるアルパイン・ブランドとして、世界中の極限へと向かう人々から信頼され続けていること。そして今後もそのフィロソフィーが揺るがないことも変わらない。
via:Marmot [マーモット]

Jaunty ジャケット

マーモット Jaunty ジャケット 画像1

表地には耐水性、透湿性に優れたClimb® Shellを使用した2レイヤータイプのスノージャケット。雪山感があるのは仕方ないことですが、ダウンジャケットを上手にタウンユースで着こなせる方は違和感を感じないと思います。ストリート感を作るのがコーデのポイントになります。

ブランド:Marmot(マーモット)
商品名:Jaunty ジャケット

Natal Design(ネイタルデザイン)

私たちは過去の伝統や現在の流行、様々なアートやカルチャーを独自の視点で解釈し、
独自のユーモアやエッジを効かせた今までに無いアイテム作りを意識しています。

BE YOURSELF!
私たちのアイテムを身に付けたり、使用したりしているときに
”HAPPY”だったり、”FUN”だったり、
すこしでも着る方の感情が高ぶるアイテムが作れたら…

そういうモノ作りを目指しています。
via:NATAL DESIGN OFFICIAL SITE

DRIFTER JACKET

ネイタルデザイン DRIFTER JACKET 画像1

DRIFTER JACKET 画像2

DRIFTER JACKET 画像3

ジャパンデニムの本拠地と言える岡山県で生産した、上質なヒッコリーストライプによるカバーオール。『ネイタルデザイン』のミックス感覚は街とフィールドをつなげるウェアが特徴。ゴーアウト読者にはご存知のブランド。

ブランド:ネイタルデザイン
商品名:DRIFTER JACKET

▽ネイタルデザイン関連

ARC’TERYX(アークテリクス)

カナダの沿岸に位置する山脈で生まれたアークテリクスは、こだわりある緻密なデザインと生産の原則にのっとっています。我々にしかできないインハウス製造とデザインセンターにより、正しい方向性に沿った製品の継続的な進化と構築が可能となっています。時代を超えた品質、直観的なデザインとシンプルなコンセプトは、究極のニーズに対応できる、比類ないパフォーマンスの実現につながっています。
via:アウトドア衣類、テクニカル アウターウェア & アクセサリー / Arc’teryx

スコーミッシュフーディ

アークテリクス スコーミッシュフーディ 画像1

超軽量、高耐久性の折りたたみ式ウィンドシェルジャケット。機能性はお墨付きで商品説明にも書いていますので省きます。クライミング、ツーリング、ハイキングにも対応する機能性は気温が低い時のタウンユースファッションにうってつけ。

ブランド:ARC’TERYX(アークテリクス)
商品名:スコーミッシュフーディ

▽アークテリクス関連

ライトなアウトドアジャケットをタウンユースファッションに

機能性は置いといて、タウンユースで使うならアウトドアジャケットは見た目のルックで選ぶだけで十分。ナイロン素材のモノやコットンベースのワーク感とミリタリー感のあるジャケットもあり、フィールドと街の境界を行き来するスタイルが今の空気に合っている。

▽アウトドアジャケット関連

GOOGLE CUSTOM SEARCH

PAGE TOP