ショップ別注ダウンジャケット【2019・メンズ】色・生地感・形で選ぶ

別注ダウンらしい変更点は、素材使い、限定カラー、色の配色バランス、大人のコーディネート、ファッションスタイルを選びすぎない質感への配慮に表れています。セレクトショップ別注ダウンジャケットですからトレンド感への配慮のバランスも◎。

WOOLRICH×JS / 別注 ウールリッチ:ARCTIC PARKA NF ML

WOOLRICH×JS 別注 ウールリッチ:ARCTIC PARKA NF ML 画像1
WOOLRICH×JS  別注 ウールリッチ:ARCTIC PARKA NF ML 画像2

最高傑作と言われる「アークティック パーカー」をファーなしのデザインベースに。リップストップ生地を採用し、スポーティかつ男臭さを中和したアウターに。

ボタンをモノトーン、控えめなロゴバランスなどスーツのオンスタイルと休日のファッションコーディネートどちらにもハマる1枚。

JOURNAL STANDARD
WOOLRICH×JS / 別注 ウールリッチ:ARCTIC PARKA NF ML

【WEB先行予約】【別注】WOOLRICH×TOMORROWLAND ダウンジャケット ARCTIC PARKA ML

【別注】WOOLRICH×TOMORROWLAND ダウンジャケット ARCTIC PARKA ML 画像1
ミリタリー・ワークの存在感を残しつつも、高級感のあるリアルホーンボタン、60/40クロスを優れた防水性・防シワ性・軽量性を誇る『CITY FABRIC』を使うことで、シティライク、ビジネス、ドレス色をバランス良く配置した別注アークティックパーカ。

『トゥモローランド』らしい別注はトラッド感がありますね。グリーン、ブラックの2色。

TOMORROWLAND
【別注】WOOLRICH×TOMORROWLAND ダウンジャケット ARCTIC PARKA ML

【2019FW】SHIGA DOWN NANGA×relume / 別注AURORA-TEXダウンジャケット

【19FW】SHIGA DOWN NANGA×relume 別注AURORA-TEXダウンジャケット 色別 画像1
【19FW】SHIGA DOWN NANGA×relume 別注AURORA-TEXダウンジャケット コーディネート 画像1

「NANGA」よりリブランドして誕生した「滋賀ダウン」別注は今年も登場。人気ダウンへの要望は多く、前たて、カラーバリエーションを増やすなど、かゆいところに手が届くタウンユースデザインが秀逸な別注ダウンジャケット。

スペックは販売サイトで書いています。クオリティは申し分なし。イエロー、ブラウン、カーキ、ジッパーカラーがわけられたブラックがあります。

JOURNAL STANDARD relume
【19FW】SHIGA DOWN NANGA×relume / 別注AURORA-TEXダウンジャケット

EDIFICE:WOOLRICH / ウールリッチ 別注 New ARCTIC PARKA

EDIFICE:WOOLRICH / ウールリッチ 別注 New ARCTIC PARKA 着用 スーツ 画像1
EDIFICE:WOOLRICH / ウールリッチ 別注 New ARCTIC PARKA ネイビー ブルー 画像1

主な別注らしい変更点は色使いと限定カラー。『エディフィス』限定のネイビーBカラーはフレンチ感漂い、ビジネススーツ、トラッドファッションからカジュアル全般までカバー。

裏地を表地と同色系、ボタンも同色にすることでミニマルでソリッド感(シュッとした)ある別注ダウンジャケット。ネイビー、ネイビーB、ブラックの3色。

EDIFICE
WOOLRICH / ウールリッチ 別注 New ARCTIC PARKA

Cape HEIGHTS×URBAN RESEARCH 別注LUTAK ダウンジャケット

Cape HEIGHTS×URBAN RESEARCH 別注LUTAK 画像1
Cape HEIGHTS×URBAN RESEARCH 別注LUTAK 画像2

『ケープハイツ』の人気アイテム、”LUTAK”への別注。フードとファーはどちらも着脱可能。ゴージャスなコヨーテファーの好き嫌いはもちろんありますけども、アメカジベース、アウトドアベースのファッションと相性がいい。

街着として使いやすい撥水加工を施したコットンナイロンボディ、着たときの軽さ、防寒性などスペックは十分。ネイビー(表記はPEACOAT)、ブラックの2色。

URBAN RESEARCH
Cape HEIGHTS×URBAN RESEARCH 別注LUTAK ダウンジャケット

FIRST DOWN×SHIPS JET BLUE: 別注 ダウンジャケット

FIRST DOWN×SHIPS JET BLUE: 別注 ダウンジャケット 画像1
FIRST DOWN×SHIPS JET BLUE: 別注 ダウンジャケット 画像2

スポーツテイストを弱めにマットな表情で落ち着いた雰囲気に仕上げた『ファーストダウン』への別注。形から別注したことで、トレンド感のあるボリューミーな見栄えに。

表地は、スーツ系で猛威を振るっている素材「SOLOTEX/ソロテックス」を使用。マットでクッション性のあるボディ。フィルパワーは660と街着としての防寒性はバッチリ。ブラック、キャメル、グリーンの3色。

SHIPS JET BLUE
FIRST DOWN×SHIPS JET BLUE: 別注 ダウンジャケット

DANTON×DOORS 別注ダウンジャケット

DANTON×DOORS 別注ダウンジャケット 着用画像
DANTON×DOORS 別注ダウンジャケット 色 ベージュ 画像

老舗ファクトリーワークブランドらしい、厚みのあるボディと耐久性の高い高密度タッサー生地は、オーソドックスなカジュアルファッションにハマる安定感。フロント部にはジップと釦の二重構造で風の寒さをガード。

左胸のブランドロゴ、フードの取り外しなどアクセントと実用性も◎。ニューキャメル、ネイビー、ブラックの3色。

URBAN RESEARCH DOORS
DANTON×DOORS 別注ダウンジャケット

JOURNAL STANDARD:ALLTERRAIN / オルテライン別注 : ANCHOR / アンカー

JOURNAL STANDARD:ALLTERRAIN / オルテライン別注 : ANCHOR / アンカー 全身スタイル 画像1
JOURNAL STANDARD:ALLTERRAIN / オルテライン別注 : ANCHOR / アンカー カーキ 画像1

「マウンテニア」と並ぶ水沢ダウンジャケット代表的なモデル「アンカー」への別注は、マットな雰囲気と大人な感じを演出する生地の変更と限定カラーのカーキが目玉。素材使い、内部のジッパーディティールによる防寒性の高さなど『デサントオルテライン』のスペックは折り紙付き。

ハイスペックモデルの「マウンテニア」別注もあります。

JOURNAL STANDARD
ALLTERRAIN / オルテライン別注 : ANCHOR / アンカー

EDIFICE:DESCENTE ALLTERRAIN / オルテライン 別注 MOUNTAINEER

EDIFICE:DESCENTE ALLTERRAIN / オルテライン 別注 MOUNTAINEER 着用画像
EDIFICE:DESCENTE ALLTERRAIN / オルテライン 別注 MOUNTAINEER 黒 画像

わかりやすい別注デザインは内側のシルバーカラーの別注ネーム。質感がかっこいいので紹介。一番人気ダウンモデルで、オリジナルの売り切れも早く、別注のほうが残る場合もあります。

EDIFICE
DESCENTE ALLTERRAIN / オルテライン 別注 MOUNTAINEER

▽合わせて読みたい:

Thumbnail by:【19FW】SHIGA DOWN NANGA×relume / 別注AURORA-TEXダウンジャケット

RELATED ARTICLE

  1. 涼しい服の素材で消耗しない夏|夏に馴染むコーデの参考に

    涼しい服の素材で消耗しない夏|夏に馴染むコーデの参考に

  2. KURO(クロ)コーデ【メンズ】おすすめデニムは「グラファイト」

    KURO(クロ)コーデ【メンズ】おすすめデニムは「グラファイト」

  3. 近所の買い物の服装【大人】ファッションとは関係ないようであります

    近所の買い物の服装【大人】ファッションとは関係ないようであります

  4. 【北海道】函館と札幌の7月(8月)服装。旅行ファッションもオシャレ【メンズ】

    【北海道】函館と札幌の7月(8月)服装。旅行ファッションもオシャレ【メンズ】

  5. サファリハットメンズコーデ|こなれたアウトドアタウンユース

    サファリハットメンズコーデ|こなれたアウトドアタウンユース

  6. タカヒロミヤシタザソロイスト.×コンバースジャックパーセル|東京の今を感じるプレミアムな靴

    タカヒロミヤシタザソロイスト.×コンバースジャックパーセル|東京の今を感じるプレミアムな靴

  7. タウンユース×アウトドア。おすすめメンズスノーブーツブランド7選

    タウンユース×アウトドア。おすすめメンズスノーブーツブランド7選

  8. マナスタッシュで作るアーバンアウトドアファッションコーデ

    マナスタッシュで作るアーバンアウトドアファッションコーデ

PAGE TOP