ショップ別注ブランドTシャツ【メンズ】旬なサイズ感で夏の即戦力

少しでも人と被りたくないコーディネートをしたいメンズ向けになります。オリジナルラインの定番ブランドのTシャツに旬な空気感を反映させるショップ別注Tシャツは、夏だけじゃなく、主役、脇役、引き立て役がしっかりまとまったファッションコーディネートが苦手なメンズにも活躍。

▽旬なコーディネートにしやすいTシャツのサイズ感の要素3つ:

1.十数年前〜5年前くらいのTシャツに比べて身幅にゆとりがあり、着丈は身幅とバランスをとり長すぎないように調整
2.肩幅も大きめにとり、着たときに下がるドロップショルダー
3.袖丈も4分丈、5分丈がメイン

ショップ別注Tシャツは、これら3つの要素を満たしているまたは、2つの要素を満たしながら、細かいサイズ設計でリラックスしたムードをコーディネートにプラスしてくれます。

URBAN RESEARCH DOORS:Goodwear×DOORS 別注6分袖ポケットTシャツ

URBAN RESEARCH DOORS:Goodwear×DOORS 別注6分袖ポケットTシャツ 画像1
URBAN RESEARCH DOORS:Goodwear×DOORS 別注6分袖ポケットTシャツ 画像2

オリジナル『グッドウェア』のTシャツもいいけど、もうちょっとリラックスしたサイズ感を求めるワガママさんに。同ブランドの代名詞である”7.2ozヘビーウェイトコットン”に袖丈を6分丈、アームホール、身幅ともにゆとりをもたせたサイズバランスへ別注。

夏シーズンはもちろん、晩夏、秋口などの微妙な気温差のある季節にも活躍。ロンTでオールドスクールな着こなしも。

URBAN RESEARCH DOORS
Goodwear×DOORS 別注6分袖ポケットTシャツ

URBAN RESEARCH Sonny Label:Champion 別注ボーダー刺繍バスクシャツ

URBAN RESEARCH Sonny Label:Champion 別注ボーダー刺繍バスクシャツ 画像1
URBAN RESEARCH Sonny Label:Champion 別注ボーダー刺繍バスクシャツ 画像2

開いた襟ぐりとやや厚手の綿素材の鉄板バスクシャツ×『チャンピオン』のミックスTシャツ。ガーメントウォッシュ加工(製品後の水洗い)を施し、着たときから身体とコーディネートに馴染みやすい風合いに仕上げています。

殆どの男性の方はMサイズかLサイズです。Sサイズは着丈バランスが取りにくいかなと。

URBAN RESEARCH Sonny Label
Champion 別注ボーダー刺繍バスクシャツ

UNIVERSAL OVERALL×JOURNAL STANDARD relume:別注 ポケットTシャツ

UNIVERSAL OVERALL×JOURNAL STANDARD relume:別注 ポケットTシャツ 画像1
UNIVERSAL OVERALL×JOURNAL STANDARD relume:別注 ポケットTシャツ 画像2

最古の歴史を持つワークブランドでありながら、日本では一気に注目株になった『ユニバーサルオーバーオール』。通常のオレンジタグではなく、ブラックタグに変更、特注のボックスロゴ、旬なスタイリングにしやすいビッグシルエットなのもチェックポイント。

大きいだけのビッグシルエットじゃなく、程よくドロップショルダーにすることで着たときの袖丈を調整、身幅も大人らしいカジュアルコーデにしやすいサイズに。

UNIVERSAL OVERALL×JOURNAL STANDARD relume
別注 ポケットTシャツ

SHIPS JET BLUE×Champion:別注 ヘビーウエイト・リラックス エンブロイダリー ロゴボーダーTシャツ

SHIPS JET BLUE×Champion:別注 ヘビーウエイト・リラックス エンブロイダリー ロゴボーダーTシャツ 画像1
旬なコーディネートを後押しする、SHIPS JET BLUEオリジナルのリラックスフィットサイジングによる別注。他に、14番手のヘビーウエイトオープンエンドジャージーボーダーを採用することで、スポーツ、ストリートに加え、マリンな雰囲気も兼ね備えたTシャツ。

Mサイズでもだいぶゆとりを作ったサイズバランスに仕上げていますので、自分がどのように着たいか、コーディネートをするかでサイズ選びも楽しめる。

ボーダーパターンは、ネイビー、ホワイト、グレー。

SHIPS JET BLUE×Champion
別注 ヘビーウエイト・リラックス エンブロイダリー ロゴボーダーTシャツ

GRAMICCI×BEAVER:グラミチ別注 PIGMENT TEE

GRAMICCI×BEAVER:グラミチ別注 PIGMENT TEE 画像1
90年代に流行したピグメント加工を施し、少し使い込んだ雰囲気に仕上げた別注Tシャツ。サイズ感も過去のままじゃなく、今の空気に合うよう肩幅は広め、着丈も長過ぎないようにサイズバランスを調整。

クライミングパンツが好評の『グラミチ』らしく、アウトドアファッションはもちろん、タウンユースにも使いやすい生地感がポイント。

GRAMICCI×BEAVER
【men’s FUDGE 8月号掲載】グラミチ別注 PIGMENT TEE

URBAN RESEARCH:UR×MANUAL ALPHABET×Velva sheen 別注POCKET T-SHIRTS

URBAN RESEARCH:UR×MANUAL ALPHABET×Velva sheen 別注POCKET T-SHIRTS 画像1
URBAN RESEARCH:UR×MANUAL ALPHABET×Velva sheen 別注POCKET T-SHIRTS 画像2

アメリカの老舗カットソーメーカー『ベルバシーン』と『マニュアルアルファベット』とのトリプルコラボ。厚すぎず、薄すぎずの生地感に仕上げ、身体に馴染むような柔らかい質感がポイント。

古着のTシャツが好き、または抵抗がない方が好きそうな質感かなと思います。

URBAN RESEARCH
UR×MANUAL ALPHABET×Velva sheen 別注POCKET T-SHIRTS

EDIFICE:オーシャンパシフィック×417 別注 POCKET TEE

EDIFICE:オーシャンパシフィック×417 別注 POCKET TEE 画像1
EDIFICE:オーシャンパシフィック×417 別注 POCKET TEE 画像2

色ムラのあるカラー、アームホール、肩幅、身幅のゆとりなど、ルーズなサイジングも相まってリラックスムード全開に仕上げた別注Tシャツ。『オーシャンパシフィック』のブランド感であるサーフ×ストリートに、アーバンな雰囲気も加わった。

ブルー、ピンク、ホワイト、ブラック、カーキの5色。

EDIFICE
オーシャンパシフィック×417 別注 POCKET TEE

▽合わせて読みたい:

Thumbnail by:MAGASEEK:SHIPS JET BLUE×Champion: 別注 ヘビーウエイト・リラックス エンブロイダリー ロゴボーダーTシャツ

RELATED ARTICLE

  1. ダウンジャケットとダウンベストを着る時期。気温で決めると失敗しない

    ダウンジャケットとダウンベストを着る時期。気温で決めると失敗しない

  2. 夏の服装の靴はサンダルで。人気サンダルブランドモデル【メンズ】

    夏の服装の靴はサンダルで。人気サンダルブランドモデル【メンズ】

  3. 冬の暖かいインナー最強候補5ブランド【メンズ】真冬の簡単防寒インナー類

    冬の暖かいインナー最強候補5ブランド【メンズ】真冬の簡単防寒インナー類

  4. 【メンズ】気温18度の服装|春と秋のアウトドア×スポーツコーデ

    【メンズ】気温18度の服装|春と秋のアウトドア×スポーツコーデ

  5. ヘビーで使える無地ロンT(長袖Tシャツ)おすすめ7枚【メンズ】

    ヘビーで使える無地ロンT(長袖Tシャツ)おすすめ7枚【メンズ】

  6. サイドゴアブーツメンズ着こなし|シックな色気をコーデに

    サイドゴアブーツメンズ着こなし|シックな色気をコーデに

  7. 夏定番のサンダルもセレクト・ショップ別注でフレッシュに

    夏定番のサンダルもセレクト・ショップ別注でフレッシュに

  8. Tシャツの着こなし方法4つ【メンズ】Tシャツ選びも上手に

    Tシャツの着こなし方法4つ【メンズ】Tシャツ選びも上手に

PAGE TOP