ブランドストーンコーデ【メンズ】雨でもオシャレなサイドゴアブーツ

今ではサイドゴアブーツの元祖的存在になったブランドストーン(Blundstone)。タフネス溢れる堅牢な作りは、ドレス色が強みのサイドゴアブーツではなく、実用性に富んだアウトドア感とカジュアル感が魅力のサイドゴアブーツに。

デザートブーツと言えば『クラークス』と呼ばれるように、サイドゴアブーツと言えば『ブランドストーン』となっていても過言ではないと思う。

タスマニアの自然が生んだ全天候型のタフなブーツを作る。それがブランドストーン(Blundstone)

1960年代、サイドゴアブーツがブランドアイコンとなる

ブランドストーン サイドゴアブーツ イメージ’画像1

via:MAGASEEK:『ブランドストーン』BEAMS

元々は、シューズの輸入ビジネスから。後に。タスマニア製レザーを用いたオリジナル製品の生産を開始し、タフで丈夫なシューズは時代背景もあり多くの人に重宝されるように。
第二次世界大戦では軍用のシューズの生産も請け負うことで、他のブランドでも多い軍用生産を経験することで技術の上昇と信頼を勝ち取るようになり、今やブランドストーンのアイコンであるサイドゴアブーツもその流れで誕生。

Blundstone / ブランドストーン
オーストラリア南東部、大自然豊かなタスマニア島で生まれたサイドゴアブーツの元祖。耐久性、機能性、そして高いオリジナル性を兼ね備えたブーツは、アウトドアにタウンユースにシチュエーションを選びません。

via:MAGASEEK:『ブランドストーン』BEAMS

オーストラリアの国民的ブランドから世界的ブランドへと成長

ブランドストーン メンズコーデ画像

via:wear

オーストラリアンフットボールのレジェンド的存在であるタスマニア島出身のダリル・バルドックの名を冠したフットボールブーツを製造することで既にオーストラリアでマーケティングは成功し、ブランドの評判は国内で確たるものに。
90年代にはカジュアルファッションの流れを受けて、ブランドストーンのサイドゴアブーツのフォーマル過ぎず、カジュアル過ぎずのデザインは世界的に受け入れられ、現在に至ります。

ブランドストーンのサイドゴアブーツの強みと特徴

タフネスと快適さを生むディティール。クラシックライン

ブランドストーン 500 クラシック アーバンリサーチドアーズ 画像1

via:MAGASEEK:『ブランドストーン』URBAN RESEARCH DOORS

1・サイドゴア
着脱がしやすいだけでなく、ゴムがさまざまな動きに対応。レザーブーツを履いていても快適性を損なうことはない。
2・プルストラップ
指を通せば、簡単に脱ぎ履きも出来るようになっていて、ブランドネーム入りのプルストラップはアクセントだけじゃなく利便性も実現。
3・ラウンドトゥ
広く設計されたラウンドトゥは、足の趾を自由に動かせる。
4・XRD™
衝撃を効果的に吸収する高機能クッション素材をかかとに搭載。
5・アウトソール
140度の高温にも耐える水、油、細菌、酸などによる劣化に強いサーモウレタン素材を採用。
6・ソール
縫い目がない、アッパーと結合させるインジェクション製法。これにより雨の侵入を防ぐ作りになっている。

ブランドストーン 500 クラシック 画像1

via:MAGASEEK:『ブランドストーン』BEAMS

快適さと安心を強める。クラシックコンフォートライン

クラシックラインと基本設計は同じですが、より快適に、より安心感のあるハイグレードラインの「クラシックコンフォート」のディティール。

1・レザーライナー
滑らかな肌触りと堅牢性を実現するために、ライニングにはレザーを採用。
2・インソール
かかとだけじゃなく、インソールにもXRD™を採用し、長い時間着用していても足に疲れを軽減し、より快適な歩行を実現。

ブランドストーンのサイドゴアブーツメンズコーデ

マウンテンパーカー×ワークパンツでラフカジュアル

マウンテンパーカー×ワークパンツでラフカジュアル 画像1

via:wear

サイドゴアブーツをカジュアルにではなく、ドレス色のない着こなしの足元にON。『ブランドストーン』オリジナルのソールがカジュアルな装いにマッチする。

ジャケット:nisica
パンツ:BARNS OUTFITTERS
サイドゴアブーツ:Blundstone

マウンテンデニムパンツと合わせてアーバンアウトドア

マウンテンデニムパンツと合わせてアーバンアウトドア 画像1

via:wear

Mt Design 3776xGramicciの別注デニムをロールアップ、ベージュの『ブランドストーン』のサイドゴアブーツを合わせてアーバンなアウトドアテイストの着こなし。シンプルだけどセンスがいい芯の強いコーディネート。

着用アイテム:URBAN RESEARCH DOORS
サイドゴアブーツ:Blundstone

Mt Design 3776xGramicci:別注デニムMountain Pants

Mt Design 3776xGramicci:別注デニムMountain Pants 画像1

ブランド:Mt Design 3776xGramicci
商品名:別注デニムMountain Pants

当然、きれいめコーディネートにも合うのがブランドストーン

当然、きれいめコーディネートにも合うのがブランドストーン 画像1

via:wear

コートにスラックスを合わせて大人の王道のきれいめコーディネート。白いパーカーをインナーにして、カジュアルな要素も加味。『ブランドストーン』のサイドゴアブーツもソールは凸凹していないモノを選ぶなどが必要になる。

コート、スラックス:CIAOPANIC TYPY
サイドゴアブーツ:Blundstone

アウトドアジャケットの装いにもマッチする

アウトドアジャケットの装いにもマッチする 画像1

via:wear

『ブランドストーン』が持つタフネスはアウトドア感を感じさせてくれるので、アウトドアライクな着こなしにも積極的に使っていきたい。もちろん、耐水があるので街使いには十分なアクティブな機能を持つサイドゴアブーツだと実感できる。

ジャケット:WOOLRICH
パーカー:チャンピオン
パンツ:RED KAP
サイドゴアブーツ:Blundstone

スタジャンできれいめアメカジテイストに

スタジャンできれいめアメカジテイストに 画像1

via:wear

ゴツくなりがちなアメカジテイストもスタジャンの色味を黒に、パンツはグレーのトラウザーズっぽいモノをチョイスすればいい。サイドゴアブーツで足元もスッキリとさせる。

スタジャン:nano・universe
パンツ:BEAUTY&YOUTH
サイドゴアブーツ:Blundstone

軽やかなブラックワントーン

軽やかなブラックワントーン 画像1

via:wear

黒のウェアも質感が軽いアイテムで統一すると重たくならない。カジュアルウェアを『ブランドストーン』のサイドゴアブーツで軽く締めた。

カーディガン:JOHN SMEDLEY
Tシャツ:古着
サイドゴアブーツ:Blundstone

アノラック系ジャケット×スリムパンツ

 画像1

via:wear

スタイリストの本間良二氏が手がける『ブラウンバイツータックス』の味のあるアノラック系パーカーに、アウトドア感のあるサイドゴアブーツで大人っぽく。『スタビライザージーンズ』のパンツをチョイスするなどブランド選びや趣味傾向が出ているのもイイ。

ジャケット:BROWN by 2-tacs
ジーンズ:STABILIZER GNZ
サイドゴアブーツ:Blundstone

らしさ溢れるアウトドアアメカジ

らしさ溢れるアウトドアアメカジ 画像1

via:wear

『BEAVER』らしいミックス感覚のスタイリング。ヌケ感があって、適当感もあるんだけど馴染んでいてまとまっている。ラフなジーンズのレングス処理もイイですね。

パーカー:チャンピオン
サイドゴアブーツ:Blundstone

ミリタリーアウター×ダメージジーンズ

ミリタリーアウター×ダメージジーンズ 画像1

via:wear

インナーに赤のニットを合わせてアメカジテイストは影を潜ませたカジュアルコーディーネート。サイドゴアブーツでドレス感もほんのりと加えている。

ジャケット:WORK NOT WORK
ジーンズ:URBAN RESEARCH DOORS
サイドゴアブーツ:Blundstone

白シャツ×ワークパンツ系でアクティブ

白シャツ×ワークパンツ系でアクティブ 画像1

via:wear

この組み合わせでカッコよく見せれるのはセンスがある証拠。本人の雰囲気に馴染んでいるし、『ユニクロ』と『エンジニアドガーメンツ』の組み合わせもイイですね。ラフでルーズ感のある雰囲気がナチュラルでカッコいい。

シャツ:UNIQLO
パンツ:Engineered Garments
サイドゴアブーツ:Blundstone
ニットキャップ:BEAMS PLUS

お手本的な冬の大人のカジュアルコーディネート

お手本的な冬の大人のカジュアルコーディネート 画像1

via:wear

『ビームス』らしいと言いますか、『ビームス』らしいカジュアル具合の着こなしはやはりシンプルな休日ファッションの王道とも言えますね。奇をてらうこともなく、いつでもベーシックに着回せる…それが『ビームス』らしさ。

着用アイテム:B:MING by BEAMS
サイドゴアブーツ:Blundstone

ベスト×カットソー×スリムパンツ×サイドゴアブーツ

ベスト×カットソー×スリムパンツ×サイドゴアブーツ 画像1

via:wear

ちょっと物足りないなんて時に便利なベスト。シンプルで控えめなコーディネートにサラッと羽織るだけ。ベージュのサイドゴアブーツでカジュアル感を維持している着こなしでもあります。コレが黒のスムースレザーサイドゴアブーツだと雰囲気がガラリと変わる。

着用アイテム:B:MING LIFE STORE by BEAMS
サイドゴアブーツ:Blundstone

ブランドストーンのサイドゴアブーツモデル

機能面の基本設計とデザインルックスはそこまで変わりありません。サイドゴアの範囲、色、レザーの種類、ソールの種類など細かいディティールの変化があります。この細かいところで『ブランドストーン』のサイドゴアブーツを選ぶことになります。
正式な長い品番に「BS」とつきますが、省略してのサイドゴアブーツモデルの品名を「#」だけで公式サイトでは表記しています。なので、そのまま「#」で紹介したいと思います。

#500

ブランドストーン(Blundstone) 500 画像1

『ブランドストーン』のクラシックラインのスタンダードで最初の一足にふさわしい。「#510」は全体の色がブラックになっている。

ブランド:ブランドストーン(Blundstone)
商品名:#500

#1455

ブランドストーン(Blundstone) 1455 画像1

こちらはスウェードバージョンで消臭ライニングが施されている。

ブランド:ブランドストーン(Blundstone)
商品名:#1455

#550

ブランドストーン(Blundstone) 550 画像1

こちらはスタンダードクラシックのコンフォートライン。レザーライナーとXRDインソール搭載。

ブランド:ブランドストーン(Blundstone)
商品名:#550

▽ブーツ関連

Thumbnail by:MAGASEEK:『ブランドストーン』BEAMS MEN

GOOGLE CUSTOM SEARCH

PAGE TOP