着こなしも楽に。メンズリネンシャツおすすめの色【着回し重視】

暑い夏の気温と季節感あるファッションにしやすく、透ける心配、素材による質感、色味などコーディネートするときにできるだけ面倒くさくならないリネンシャツの色は、「白・オフホワイト系のベージュ」、「ネイビー・ブルー系」、「ブルーストライプ系」。

イエロー、ピンク、ブラウンもいいけど、コーディネートやアイテムを揃える手間暇を省き、リネンシャツを楽に着回したいメンズ向けです。

リネンシャツのおすすめの色【1】:白・オフホワイト系のベージュ

白・黒・グレ・ボーダーTシャツインナーでストレスなく羽織れる

nano・universe
フレンチリネンバンドカラーシャツ 7分袖 画像1
リネンシャツの特徴として、通気性の良さの反面、織り方次第で透けやすい点が挙げられます。白のリネンシャツは、多くの方が持っている白、黒、グレーのモノトーンであれば羽織るだけで問題はありません。

「暑いから、リネンシャツは素肌で着る」とかいう言葉がありますけども、見栄えはいいとは言えませんし、暑さのところも結局は汗と熱の逃し方、冷えなどで暑さの体感は人それぞれ。

nano・universe
フレンチリネンバンドカラーシャツ 7分袖

透け感はリネンシャツの混紡素材の比率で変わる

透け感はリネンシャツの混紡素材の比率で変わる 画像1
主にコットンとリネンの混紡比率。コットン90%、リネン10%などリネン素材の比率が少なければ透け感はなくなります。比率の他に糸の織り方でも変わってきます。他には生地の厚さ。

リネンシャツ選びの際は、サンプル写真で着ているインナーの見え具合、色具合、他のリネンシャツと比べるなどチェックを。リネン100%でも透けにくいシャツもメーカー、ブランドによってあります。

nano・universe
Herdman Linen カッタウェイシャツ LS

リネンシャツのおすすめの色【2】:ネイビー・ブルー系

糸の色味で十人十色なのが青

JOURNAL STANDARD relume Linen Panama シャツ 画像1
もちろん、素材、生地、糸を含め、他のカラーでも同じと言えば同じですけども、青系の色がより目と頭の印象に残りやすい。藍色、群青、グレーがかった青、水色、緑っぽい青などメーカー、ブランドの違いが面白い。

白のリネンシャツよりも透け感が出にくいのも特徴。

JOURNAL STANDARD relume
Linen Panama シャツ

誠実さを表現でき、リネンの素材感で夏の季節感も演出

リネンシャツ 誠実さを表現でき、リネンの素材感で夏の季節感も演出 画像2
白、イエロー、ピンクのリネンシャツの着こなしよりも、もっとファッショナブルに着こなしたいメンズにおすすめカラーが「ネイビー・青系」。

ネイビー・青系のリネンシャツは質感でこなれた洒落感を作りやすい色。ただ、白のリネンシャツよりも難易度は高く、リネン素材を使った生地の質感が決め手となりますから、製品選びにセンスが問われます。

ちょっと難易度は上がるけど、テーラードジャケット、カーディガンなどの下に青のリネンシャツを差し色に使うなど、コーディネートアクセントとしては使い勝手バツグン。

リネンシャツのおすすめの色【3】:青ベースのストライプ柄

無地の青よりも清涼感が出る

JOURNAL STANDARD relume インディゴストライプ コットンリネンシャツ 画像1
色のメリットは前述に書いたとおり。ストライプ柄が指すことによって「うまく言葉にできない涼し気で爽やかな印象」が強くなります。

他には、夏シーズンに避けられないマンネリコーデに変化を加えられる点もメリット(マンネリ自体は全然構わないと思いますが)。飽きちゃうのが人間ってものですから、夏シーズンを気分良く楽しみたい方はストライプ柄のリネンシャツも候補に入れてもいいかなと。

JOURNAL STANDARD relume
インディゴストライプ コットンリネンシャツ

夏らしさを強めるなら、リゾート感のあるカプリシャツかプルオーバータイプのリネンシャツ

カプリデザインだと、他のカラーも着こなしやすくなる

シップス SC: BAIRD MCNUTT リネン リラックス 7スリーブ カプリ シャツ 画像1
画像はネイビーですけども、リゾートにルーツがあるカプリシャツデザインになると、胸元のボタンがプルオーバータイプで極力少なくなり、スッキリとした印象に。素材感に工夫がある被りシャツとなおグッドです。

白系、ネイビー系じゃなく、カーキ、ブラウン、ブラックのリネンシャツもグッと着こなしやすい。

SHIPS
SC: BAIRD MCNUTT リネン リラックス 7スリーブ カプリ シャツ 10色

ボタンを閉めることで、清潔感とリラクシングを両立

GIORDANO
コットンリネン長袖バンドカラーシャツ 画像1
襟を削ぎ落としたバンドカラーかつプルオーバータイプのリネンシャツは、レギュラーカラーで定番前たてのリネンシャツよりも、夏らしい雰囲気満載。

ボタンは開けすぎずに、キチッと感を出すと、ファッションと肩の力が抜けたバランスのいい佇まいに。スリムシルエットのパンツよりも、レギュラー、ワイド系パンツと合わせたい。過剰なトレンドとは距離を置きながら、今の空気に合った大人のカジュアルファッションにも馴染みやすいと思います。

GIORDANO
コットンリネン長袖バンドカラーシャツ

▽合わせて読みたい:

Thumbnail by:MAGASEEK:nano・universe Herdman Linen カッタウェイシャツ LS

RELATED ARTICLE

  1. 2万以下!ユニバーサルオーバオールのカバーオールは重ね着で超優秀

    2万以下!ユニバーサルオーバーオールのカバーオールは重ね着で超優秀

  2. スポーツファッション【メンズ】5つのスタイル別着こなしコーデ

    スポーツファッション【メンズ】5つのスタイル別着こなしコーデ

  3. 短足・足が太いメンズファッション|ベーシックな3ジャンル

    短足・足が太いメンズファッション|ベーシックな3ジャンル

  4. 【2018春】ファッションブランド別注コラボメンズアイテム21

    【2018春】ファッションブランド別注コラボメンズアイテム21

  5. レッドウィングブーツ種類|ベックマンとアイリッシュセッター強し

    レッドウィングブーツ種類|ベックマンとアイリッシュセッター強し

  6. ヘビーウェイトTシャツブランド【メンズ】丈夫・厚手・タフ【無地中心】

    ヘビーウェイトTシャツブランド【メンズ】丈夫・厚手・タフ【無地中心】

  7. ベーシック×トレンド。ドメスティックブランドメンズウェア18

    ベーシック×トレンド。ドメスティックブランドメンズウェア18

  8. カーディガン着こなし基本テク|着丈、ゲージ、生地感を知る

    カーディガン着こなし基本テク|着丈、ゲージ、生地感を知る

PAGE TOP