透けるリネンシャツのインナーテクニックとおすすめの色【メンズ】

素材と織り方による特徴から、インナー選びに迷ってしまうリネンシャツ。着こなしを外さない、おしゃれなリネンシャツ×インナーの組み合わせについて解説。

基本を押さえて、独特の風合いとシワ感がこなれ感を生むリネンシャツを使った春夏コーデを楽しみましょう。

春夏コーデにリネンシャツが人気なワケ

春夏コーデにリネンシャツが人気なワケ 画像1

天然繊維である亜麻布(あまぬの)のリネンは、湿度が高い中近東の普段着で多く使われる素材。
亜熱帯と化している昨今の日本の本州エリアでリネンシャツは、春夏コーディネートの季節感、気温と湿度にも対応する利便性も相まって、カジュアルコーデの定番トップスウェア。

『ナノ・ユニバース』
∴フレンチリネンシャツ

リネンシャツはこなれた空気感が魅力

リネンシャツはこなれた空気感が魅力 画像1

リネン100%もありますし、コットンや他素材の混紡で仕立てられたリネンシャツもありますが、共通しているのは、オックスフォードやブロードのシャツにはない、独特な肩の力が抜けた空気感や雰囲気、シワが味になって、本人の雰囲気に馴染んでいく風合いが魅力。

汚れも落ちやすい、洗濯した後の乾き速く、アイロン掛けもいらないので、いい意味で適当に、雑に、ラフに扱えるのもメリット。インディゴデニムアイテムのように経年変化を楽しむ気持ちでコーディネートをするのがいい。

『アーバンリサーチドアーズ』
Linen 7分袖 Shirts

リネンシャツの定番色は、白、スカイブルー系、ネイビー系の3つ

リネンシャツの定番色は、白、スカイブルー系、ネイビー系の3つ 画像1

白はシャツウェアの基本色。ネイビーはリネンを使った生地感との相性がミックスされて、男性の魅力を引き出してくれる色。
春夏のライトで淡いトーンのスタイリングにも使いやすいことから、ネイビーと白を一枚ずつ持っているメンズもいるでしょう。

スカイブルー系のリネンシャツは、できるだけ白に近いものを選ぶようにしたほうが、お兄系色が出ません。出したい人はどうぞ。
他には、赤、黄色などのパステルカラーのリネンシャツがありますけども、似合う人はかなり限られるんじゃないかなと思います。

白のリネンシャツに合わせるインナーの着こなしテク。条件はインナーの袖丈をリネンシャツと同じか、少し長めにする

長袖か7分袖の場合です(あんまり半袖リネンシャツに長袖とかはないと思うので)。

白のリネンシャツを合わせる時に、「インナーが透けるんだけど。」と対処に迷う方もいらっしゃいます。インナーが透けるのを隠すんじゃなくて、リネンシャツとインナーを溶け込ませるように着こなす方向転換をしてみてください。

着こなしテク【1】リネンシャツと同系色のインナー

着こなし方【1】リネンシャツと同系色のインナー 画像

まず外さないインナーの色は、リネンシャツと同じ色を選ぶこと。白なら白、ネイビーならネイビーです。白に近いスカイブルーのリネンシャツなら、白のインナーや、青と白のボーダーカットソーでも違和感はないでしょう。

この時、リネンシャツと同じ袖丈(ボーダーなら袖丈を見せるテクも使えます)を選ぶのも忘れずに。袖捲りをして着るなら、七分丈のカットソーでも大丈夫。

『アーバンリサーチ』
EUROPEAN LINEN SHIRTS

着こなしテク【2】グレー系、ネイビー系など中間色のインナー

着こなし方【2】グレーの系、ネイビー系など中間色のインナー 画像1

白に対して、白のインナーカットソーじゃない場合は、グレー系とネイビー系のカットソーが溶け込みます。原色が強い青や黄色などのインナーは選ばないように。

青や黄色のカットソー自体は春夏の季節感がありますが、白のリネンシャツと合わせるなら、同じ白のカットソーやグレー系、ネイビー系の中間色のカットソーのほうが馴染みます。いろんなウェブサイトの着こなしサンプルを見れば感じるはずかなと。

『アーバンリサーチ サニーレーベル』
リネン長袖シャツ

着こなしテク【3】同系色ボーダーTシャツをインナーに

上の写真ではピッチが太めのボーダーを合わせていますが、細いピッチのボーダーカットソーが好相性です。後述にリネンシャツに合わせるインナーカットソーを紹介しますので、ボーダーの太さ加減をチェックしてみてください。

もちろん、ボーダーカットソーの場合も、リネンシャツと同系色にすることが鉄板の合わせ方、選び方です。白のリネンシャツに合わせるなら、白×黒のボーダー、青(ネイビー)×白のボーダーカットソーがインナーに合わせやすい。

『シップスメン』
“Herdmans”(ハードマン) リネン/コットン 7スリーブ シャツ2

リネンシャツの中に着るオススメのインナーウェア

リネンシャツ×Tシャツ 画像

via:MAGASEEK:『ナノ・ユニバース』バスクボーダーシャツ 7/S

基本は、襟ぐりが深くないタイプのカットソー。襟があるリネンシャツでも、襟のないバンドカラー、スキッパー系のリネンシャツでも、インナーにポロシャツなどの襟のあるタイプはやめておきましょう。

あと、上品でこなれ感のあるリネンシャツと馴染ませるためにも、首のネックが縦に深いVネックや、Uネックのカットソーもいやらしい感じが出るのでおすすめできません。

下に紹介するインナーウェアはリネンシャツはもちろん、合わせるアイテムをほとんど選ばないメリット、コスパがいい価格帯も考慮して選んでいます。いっぱいカットソーがある中で2つに絞りました。

『ヘインズ』ジャパンフィット Tシャツ 2枚組

ヘインズジャパンフィット 白とグレー 画像

ヘインズの「赤パック」と呼ばれる既存モデルを、日本人体型に合わせたジャパンフィットモデル。

今のファッションのサイズ感にも適しているコンパクトなサイジング、生地に洗いをかけているので初めから馴染んだ着心地と見た目の良さ、サイズ展開のバリエーション、白、黒、グレーのベーシックな色、価格帯も含めてリネンシャツとの相性もバッチシです。

同じ色の2枚組、色違いのアソート2枚組、クルーネック、Vネックからお好みで。

『ヘインズ』
ジャパンフィット クルーネック アソート2枚組

『バックナンバー』【WEB限定】日本製新潟スペック染ボーダー半袖Tシャツ

『バックナンバー』WEB限定 日本製新潟スペック染ボーダー半袖Tシャツ 画像

『ライトオン』が展開するオリジナルブランドの『バックナンバー』から。襟ぐりが横に広がったボートネックタイプのボーダーカットソーで、スペック染めを施しており、ムラのある味のでた生地の表情、風合いを楽しめる一枚。

正直『バックナンバー』の他の製品に魅力は感じませんが、このボーダーカットソーはいい。スペック染めは大量生産ができないとか、そういう理由じゃなくて、モノ自体の雰囲気の良さが伝わってきます。

ボーダーの色の組み合わせは全4色です。

『バックナンバー』
【WEB限定】日本製新潟スペック染ボーダー半袖Tシャツ

▽リネンシャツのインナーにも使い勝手十分:

リネンシャツは半袖、7分袖、9分袖、ロングスリーブのどれがいいか

夏しか着ないなら、半袖、7分袖。春や秋口、エリアでは東北、北海道の方は、7分袖、長袖のほうが便利なんじゃないかなと思います。

半袖は、趣味趣向によりますし、ファッション性、利便性を考えるとあまりいらないんじゃないかな?と身もふたもないことを書いておきます。リネンシャツのこなれ感は、袖を折る腕まくりをすることで発揮されるからです。生地が厚手のオックスフォードシャツなどでもそうです。

リネンシャツ ボタンを閉めて着る着こなし 画像

via:MAGASEEK:『ナノ・ユニバース』【至極の逸品】フレンチリネンシャツL/S

最後にですが、前を全部開けて着るよりも、上の第一ボタンと一番下のボタンだけ開けて、他のボタンは閉める着方がイイです(リネンシャツに限ったことじゃない)。

それだけで、だいぶカジュアルすぎない着こなしになりますし、閉めたからといって決めすぎない雰囲気のゆるさも残せるのがリネンシャツ。

▽あわせて読みたい:

Thumbnail by:MAGASEEK:『ナノ・ユニバース』∴フレンチリネンシャツ

GOOGLE CUSTOM SEARCH

PAGE TOP