夏コーデメンズ【2018】カッコいい着こなしはパンツでキマる

パンツ選び、サイズ感も含めた穿き方がよければ、メンズの着こなしは80%できていると言っても過言ではない。そんな夏コーデをボトムス別に紹介。パンツのサイジングに注目です。

【2018】夏コーデは裾丈とシルエットで魅せるパンツ使いがキモ

2018 夏服コーデ メンズ 画像1

via:wear.jp

YosaKuginoさんですね。太もものフィット感、膝周りの適度なゆとり、そして全体で見たときのシュッとしたシルエットの作り方、質感のいいアイテム選びなど熟練された大人の着こなし。

夏コーデの主役はパンツアイテム

秋冬みたいにアウターでなんとかごまかせる材料がないのが、夏コーデ。主役はTシャツ、カットソー、シャツなどじゃなく、パンツ選びと穿き方です。物事の例えに、クリスマスツリーがあり、飾りや葉物はトップスや小物を指します。根本である、鉢と木の幹がないと活かすことが出来ない例えです。

鉢と木の幹を指すのがパンツアイテムですね。では、パンツアイテムがいいと何がメリットなのか箇条書きにします。

その1。パンツ選び、穿き方がよければ靴選びもついてくる

その2。パンツ選び、穿き方がよければトップス選びもついてくる

その3。パンツ選び、穿き方がよければ小物使いもついてくる

です。

太ももはバタつかず、膝から足首にかけて適度なゆとりを持たせるパンツ選びがキーポイント。夏コーデ2018年のまとめ的になりますが、年ごとのトレンドを上手く消化しながら、着こなしのセンス、普遍的と感じる着こなしがテーマです。

夏コーデメンズ【2018】:デニムパンツ・ジーンズ

淡い色落ちのインディゴが季節的に合いやすい。だけども、自分の好みでいいです。

ダメージジーンズを黒(クロ)アイテムでクリーンにスタイリング

ダメージジーンズを黒アイテムでクリーンにスタイリング 画像1

via:wear.jp

Tシャツ:KURO
ジーンズ:KURO
サンダル:mont-bell

ダメージジーンズ(ストレッチ入っていない生地感)の穿き方がとても上手い。ブラックの7分袖の無地ゆるカットソーに、ビーサン感覚で履ける『モンベル』のソックオンサンダルもミニマルな感じを強くさせています。

無骨さとスッキリさせたシルエット、サイジングが混在

無骨さとスッキリさせたシルエット、サイジングが混在 画像1

via:wear.jp

Tシャツ:GU
ジーンズ:BEAMS
スニーカー:VANS

この方らしさがある、サイジングがとてもいい。ジーンズの質感、キツすぎないサイジングもグッド。

コンパクトにまとめながらもリラックス感十分

コンパクトにまとめながらもリラックス感十分 画像1

via:wear.jp

ジーンズ:GRAMICCI
キャップ:NEW ERA

トップス、キャップで効果的に黒を使いながら、『グラミチ』のデニムクライミングパンツをロールアップでゆとりのあるサイジング。

夏コーデメンズ【2018】:クライミングパンツ

クライミングパンツの生地感に注目です。素材混紡をさせたスラックスライクなモノ、スポーツテイストが強い生地感のパンツもリリースされています。代表的なのはコットン素材のツイル生地。

グレーのツイル生地パンツがカッコいい着こなし

グレーのツイル生地パンツがカッコいい着こなし 画像1

via:wear.jp

Tシャツ:URBAN RESEARCH DOORS
クライミングパンツ:GRAMICCI
スニーカー:VANS

グレーのツイルパンツをロールアップし、デッキシューズデザインの『バンズ』で足元は軽く。人気シリーズのコラボパンツを生地が程よく厚めにアップデートされたモノをコーデされています。

太すぎないちょいワイドシルエットが旬

太すぎないちょいワイドシルエットが旬 画像1

via:wear.jp

Tシャツ:JOURNAL STANDARD
クライミングパンツ:GRAMICCI

太すぎるワイドパンツじゃなく、体型、雰囲気を理解した着こなしは、さすがプロ。アイテムの特徴を掴んで、よく魅せるテクニックバランス。

穿き込んだ雰囲気のパンツがいいリゾート感ある着こなし

穿き込んだ雰囲気のパンツがいいリゾート感ある着こなし 画像1

via:wear.jp

シャツ:BURLAP OUTFITTER
クライミングパンツ:GRAMICCI
サンダル:SHAKA

リゾート地(キューバ)で愛される4ポケットのキューバシャツと『シャカ』のサンダルに、クライミングパンツを合わせて都会らしいアーバンアウトドアコーデ。

夏コーデメンズ【2018】:ショートパンツ・短パン

夏コーデの主力であるショートパンツ・短パン。人気なのは『グラミチ』『パタゴニア』『ディッキーズ』などのブランド。今回、選出したのは『グラミチ』ばっかり(たまたま)。

タウンユースアウトドアファッションの1つの基本形

アウトドアファッションの1つの完成形な着こなし 画像1

via:wear.jp

Tシャツ:ORCIVAL
ショートパンツ:GRAMICCI 別注

スポーツ、ワーク、マリン、アウトドアが見事に噛み合った着こなし。足し算のように見えるようで見えない、引き算具合が素晴らしい。

カジュアルスポーツ×アウトドア

カジュアルスポーツ×アウトドア 画像1

via:wear.jp

Tシャツ:Champion
ショートパンツ:GRAMICCI
バッグ:GREGORY
サンダル:KEEN

グレーの色合いとコンパクト感がナイスなショートパンツコーデ。夏らしい色合いのTシャツも季節感があっていい。

モノトーンとアースカラーで魅せる

モノトーンとアースカラーで魅せる 画像1

via:wear.jp

Tシャツ:MR.OLIVE
ショートパンツ:GRAMICCI
スニーカー:adidas

グレーと黒の印象が残るモノトーンにカーキブラウンのショートパンツでミニマルに。太もも周りのシルエットがキレイです。

夏コーデメンズ【2018】:イージーパンツ

ベルト部分にゴム、さらにドローコードを機能に入れて、ジャージ生地を使ったモノがスポーティなモノから、チノ、ツイル、ウール素材を使ったスラックスライクなモノまで登場。

リラックスリゾート感をスラックスでピシッと

リラックスリゾート感をスラックスでピシッと 画像1

via:wear.jp

着用アイテム:SHIPS

リネンっぽい素材感の開襟(オープンカラーシャツ)にスラックスの組み合わせで大人のリゾートスタイル。開襟シャツは体型がある程度いい男性や男臭い風貌の人向けかなと思っていますけども、若い男性にも人気。

ミニマルなテーパードシルエットパンツをストリートに

ミニマルなテーパードシルエットパンツをストリートに 画像1

via:wear.jp

イージーパンツ:JOURNAL STANDARD relume

存在感を感じさせないパンツに、『バンズ』のオールドスクール、プリントTシャツ、キャップで大人ストリートな着こなし。

ワンサイズ上げたようなパンツシルエット

ワンサイズ上げたようなパンツシルエット 画像1

via:wear.jp

Tシャツ:MR.OLIVE
サンダル:SHAKA

元々の作りかもしれませんけども、ルーズ具合がいいパンツシルエットです。着丈が少し長めのTシャツとも相性良し。

夏コーデメンズ【2018】:チノパン・ツイルパンツ

春夏用に涼しく、履き心地を改良したデザインが多く登場し、昔より夏に穿きやすくなったと思います。ショートパンツ、短パンの定番生地としてチノとツイルは使われます。ちなみにチノとツイルは綾織のことで厳密には同じではありますが、アイテムニュアンスで使い分けされます。

紙一重なパンツサイジングとロールアップ

紙一重なパンツサイジングとロールアップ 画像1

via:wear.jp

Tシャツ、パンツ:JAPAN BLUE JEANS

ダサいのか?カッコいいのか?そんな紙一重のサイジング。いい感じにだらしなさが出ていていいなぁと。Tシャツのサイジングが上手いからでしょう。

ちょい緩めの上手なテーパードパンツサイジング

ちょい緩めの上手なテーパードパンツサイジング 画像1

via:wear.jp

Tシャツ:Champion
パンツ:FREAK’S STORE
サンダル:KEEN

自分の身長とパンツシルエットを活かした穿き方が上手い。足元周りもロールアップで軽めで旬な雰囲気も十分。

好みはかなり分かれます

好みはかなり分かれます 画像1

via:wear.jp

シャツ:PORT BY ARK
パンツ:AURALEE

ファッション業界の人!ならではの雰囲気とアイテム選びの着こなし。ゆるいんだけどだらしなさがない、トップスとパンツのサイジングはさすが。

【2018】夏コーデがいいからこそ、秋冬コーデも良くなる(大体)

ナノ・ユニバース 【WEB限定】Dickies/∴別注アンクルスキニーパンツ 画像

nano・universe
【WEB限定】Dickies/∴別注アンクルスキニーパンツ

ベースとなるパンツ選び、穿き方ができているからこそ、引き続き秋冬のコーディネートも楽しく、かっこよくスタイリングできるでしょう(たぶん)。

Thumbnail by:MAGASEEK:『ナノ・ユニバース』【WEB限定】Dickies/∴別注アンクルスキニーパンツ

GOOGLE CUSTOM SEARCH

PAGE TOP