アウトドアやキャンプで活躍するオーバーオールブランドウェア【メンズ】

以前に書いた定番と呼ばれるアメカジベースのオーバーオールブランドではなく、アウトドア・キャンプシーンにハマるオーバーオールウェアブランドを紹介。

ポケットディティール、ステッチ、生地の工夫、ストレッチを持たせた着脱と動きやすい機能面、そして普段着、街着のコーディネートにも優れたオーバーオールウェアになります。

アウトドア×キャンプに使いたいオーバーオールブランド1:ジムマスター

ストレッチピケ オーバーオール

『ジムマスター』の着るのも楽ちんストレッチシリーズにセンタージップを配したオーバーオールが登場。動きやすい伸縮性のあるピケ生地に、配色、ステッチなどアウトドアらしい雰囲気も充分。

オーバーオールらしいゆとりとルーズ感はもたせ、男性が着てもダブつきすぎないきれいなシルエットも今日的なサイズ設計。

ブラック、ベージュ、オリーブ、ネイビー、クレイジーパターンが2色。

ジムマスター
ストレッチピケ オーバーオール

モンスターポケット オーバーオール

アメカジ感のある生地ではなく、ポリウレタンを混紡させたナイロンメインのスポーティなオーバーオール。アウトドア・レジャー、フェス、キャンプシーンの機能面も満たす2重構造のビッグポケットが目を引く。

オリーブ、ネイビー、ブラック、ベージュの4色。

ジムマスター
モンスターポケット オーバーオール

アウトドア×キャンプに使いたいオーバーオールブランド2:ザ・ノース・フェイス

ファイヤーフライ オーバーオール

デザインベースはワークがルーツにあるオーバーオールが基本。ハンマーループやポケットなどですね。『ザ・ノース・フェイス』らしいアウトドア、キャンプに向いているのは生地の使い方。

前身頃には難燃性の高い生地は微量のガスが燃焼部分の酸素を瞬時に奪い、無酸素状態にすることで日を消化。肩のストラップをゴムにするなど肩への負担を軽減しているなど、より軽快にアクティブに。

オーソドックスなワークディティールと、アウトドアシーンにマッチする機能面をミックスさせたオーバーオールになっています。

ザ・ノース・フェイス
ファイヤーフライ オーバーオール

アウトドア×キャンプに使いたいオーバーオールブランド3:ネイタルデザイン

CENTER ZIP OVERALL

岡山の工場で縫製されたネイタルらしいミリタリールーツとミックスセンスが反映されたオーバーオール。ヴィンテージ感のある生地にストレッチをもたせ、ファッション性を失わず、アクティブなアウトドア・キャンプにも動きやすい。

センタージップで着脱が簡単なのもポイント。細めのシルエット、サイズ設計になっているので、いつものサイズよりも、ワンサイズ、ツーサイズ上げて着るのもおすすめ。

ヒッコリー、リアルダメージ、ワンウォッシュの3パターン。

ネイタルデザイン
CENTER ZIP OVERALL

アウトドア×キャンプに使いたいオーバーオールブランド4:grn outdoor

HIASOBI BIG BEN OVERALL

キャンプに欠かせない焚き火、調理orBBQに最適な「難燃加工」を施したオーバーオール。従来のオーバーオールにはない、「SOTO ガストーチ」専用ポケットやドリンク用ポケットなど、より外でのフィールド、アウトドアシーンに対応したディティールに。

ブラック、キャメル、インディゴ、オリーブ展開。

grn outdoor
HIASOBI BIG BEN OVERALL

アウトドア×キャンプに使いたいオーバーオールブランド5:スノーピーク

TAKIBI Overalls

『スノーピーク』安定のクオリティを誇るオーバーオールは、ボタンとジップで開閉が可能な胸当て、サイズを調整するボタンとフラップ、道具や小物など収納できる2重になったビッグポケットなど機能性バッチシ。

難燃性に特化した100%アラミド素材、摩擦に強く強度を持たせたボディにシルエットと質感にファッション性を持たせ、アウトドア・キャンプに限らず、普段使いにも◎なデザイン。

ブラック、オリーブの2色。個人的にはオリーブが洒落感を出しやすいと思います。

アウトドア×キャンプに使いたいオーバーオールブランド6:ユニバーサルオーバーオール

もうちょっと上品にオーバーオールを着こなしたい。『ユニバーサルオーバーオール』のオーバーオールは密度が高く耐久性も高い光沢のある生地のブラック、ワーク感と経年変化も楽しみやすいライトオンスのデニム生地のヒッコリー。

特別、アウトドア・’キャンプに向けたデザインではありませんけども、多くのアメリカワークブランドの中ではアメカジ感が控えめな所がいいかなと。

UNIVERSAL OVERALL
オーバーオール

アウトドア×キャンプに使いたいオーバーオールブランド7:カウデン(COWDEN)

アウトドア×キャンプに使いたいオーバーオールブランド7:カウデン(COWDEN) 画像1
アウトドア×キャンプに使いたいオーバーオールブランド7 画像2

いつまでも変わることのない普遍的なコンセプトがウェアに体現されている1950年代から続いている『カウデン』。

ワークウェアの機能性を追求しながらも、昨今のルーズ感のあるサイズスタイリング、ヘタレない生地の強さなど、日々のファッションコーディネートから、ちょっとアクティブなアウトドアシーンにも着やすいオーバーオール。

カウデン(COWDEN)
オーバーオール

▽あわせて読みたい:

Thumbnail by:MAGASEEK:JOURNAL STANDARD 【COWDEN / カウデン】オーバーオール

RELATED ARTICLE

  1. 街着におすすめ。パタゴニアのフリースウェア3アイテム

    街着におすすめ。パタゴニアのフリースウェア3アイテム

  2. ワードローブの買い足しTシャツ【2019夏セール・再入荷】

    ワードローブの買い足しTシャツ【2019夏セール・再入荷】

  3. 【メンズ】気温18度の服装|春と秋のアウトドア×スポーツコーデ

    【メンズ】気温18度の服装|春と秋のアウトドア×スポーツコーデ

  4. エプロン×普段着メンズコーデ|似合う服はファッションの延長

    エプロン×普段着メンズコーデ|似合う服はファッションの延長

  5. クライミングパンツコーデ【メンズ】別注も人気のブランド紹介

    クライミングパンツコーデ【メンズ】別注も人気のブランド紹介

  6. おすすめボア・フリースリバーシブルジャケット5枚【メンズ】

    おすすめボア・フリースリバーシブルジャケット5枚【メンズ】

  7. セレオリマウンテンパーカー7アイテム|アレと被りたくない人向け

    セレオリマウンテンパーカー7アイテム|アレと被りたくない人向け

  8. 夏の服装の靴はサンダルで。人気サンダルブランドモデル【メンズ】

    夏の服装の靴はサンダルで。人気サンダルブランドモデル【メンズ】

PAGE TOP