【どっちか決断】スタンスミスとジャックパーセルの選び方と違い

『アディダス』のスタンスミスと『コンバース』のジャックパーセルは、どちらもテニスシューズがルーツで、丸みのあるフォルムからくるイメージからこなれ感、抜け感 肩の力が抜けた大人のカジュアルコーディネートにビタリとハマる(10代、20代、30代、40代など年齢は関係なし)。

コンバース ジャックパーセル RET COLORS 画像1

どっちがいいかは、「どちらでもいいよ」というのが結論ですが、ざっくり違いといいますか、イメージ、ニュアンスを書いておきます。

・スタンスミスはヨーロッパ感、ジャックパーセルはアメリカ感が出やすくなります(大雑把)
・スタンスミスよりもジャックパーセルのほうがちょっと合わせるのにコツがいる
・色で迷ったら、どっちも白一択(スタンスミスは白とグリーンコンビが一番人気)

アディダスオリジナルス atmos STAN SMITH 画像1

スタンスミスはアメリカのヒップホップ系のミュージシャンも履いているなどもありますが、そこまでアメリカ感は強くなく、ジャックパーセルのほうが某グランジミュージシャンの影響からか、音楽(特にロック)のイメージも付随しやすい。

とまぁ、イメージは少なからずあるけども、共通するのはどちらも肩の力が抜けたコーディネートに向いているスニーカーで、これから履きたい方に向けて選ぶパターンを書いていきます。

スタンスミスを履きたい、選びたい3つのパターン

1.ミニマル感重視のコーディネートにしたいとき

ミニマル感重視のコーディネートにしたいとき 画像1

via:WEAR

服装で言えば、休日コーデ全般はもちろんのこと、スーツをベースにしたカジュアルセットアップ、トラッドベース、シャツやニットなどのアイテム、上品な着こなしが多い方、またはしたいメンズにとってスタンスミスは威力を発揮します。

2.ワーク、ミリタリー、アメカジ系の着こなしに清潔感を加えたいとき

ワーク、ミリタリー、アメカジ系の着こなしに清潔感を加えたいとき 画像1

via:WEAR

無骨感や男らしさを作るのに向いているワーク、ミリタリー、アメカジですが、スマートでスポーティな要素を加えるならスタンスミスはうってつけのスニーカー。コーディネートに「強さと清潔感」を両立させやすい。

3.ジャックパーセルに飽きたとき

スニーカーモデルかつブランドで気持ちも含め変えたいときにいいのが、スタンスミス。色で選ぶなら、白ボディに、緑、ネイビー、赤の色のコンビの定番から選ぶといいでしょう。迷わないし、余計なことを考えなくてラクです。

ジャックパーセルを履きたい、選びたい3つのパターン

1.夏シーズンに履く。理由はジャックパーセルはキャンバス地で通気性がある程度いいこと

夏シーズンに履く。理由はジャックパーセルはキャンバス地で通気性がある程度いいこと 画像1

via:WEAR

レザー素材のスタンスミスと違い、ジャックパーセルは生地が詰まった硬めのキャンバス地。コットン素材ですから通気性はよく、夏はスタンスミスを履かないで、ジャックパーセルやオールスターを履いている方も多いです。

2.アメカジ感ちょっと強めにしたいとき

スタンスミスに飽きたとき 画像1

via:WEAR

もっと、コーディネートに男性らしさやアメカジ感を強めたいときにいいのがジャックパーセル。思った以上に、存在感が強いのも特徴で、引き算を意識した着こなしがコツ。ちょっと物足りないかなと感じるくらいがちょうどいい。

3.スタンスミスに飽きたとき

「街を見渡せば、あっちもこっちもスタンスミスばかりじゃねーかよ!」と嘆いている方や、履きすぎて気分を変えたいメンズにいいのがジャックパーセル。色は白がおすすめですが、もっと気分を変えたい、着こなし雰囲気をガラッと変えたいなら黒でもいいでしょう。

スタンスミスとジャックパーセルの定番モデルとおすすめの色

スタンスミスはホワイト×ネイビー(オリジナルスなのかライセンスモデルは好みで)

オリジナルスモデル(ヴィンテージ復刻)と廉価版のライセンスモデルどちらがいいかは、履き心地、アッパーのフォルム、レザーの質など好みで。

色は白アッパーにネイビーが個人的にイチオシ。理由は意外とあまり見ないからと誠実さがネイビーにあるから(安直)。

シューレースタイプとベルクロ(マジックテープ)がありますけども、こちらもどっちでもいい。なんだかんだシューレースタイプのほうが履きやすいかな。

アディダス
スタンスミス(ホワイト×ネイビー)

白のジャックパーセル。強すぎない存在感が汎用性高し

ジャックパーセルは、白か黒の2択がほぼ!といった流れですが、数年履くことを考えた履き回しの高さなら白。ミッドカットもありますので、「パンツの裾をロールアップしたときに靴下を見せたくないなぁ」という方にいい。

ローカットのほうが難しく考えず、気軽に履きやすいメリットがありますね。夏にもいいし。

コンバース
ジャックパーセル

▽ジャックパーセルの着こなしについて:

▽スタンスミスの着こなしとライセンスモデルの違い、履き方について:

Thumbnail by:MAGASEEK:『JOURNAL STANDARD』JACKPURCELL RET COLORS

RELATED ARTICLE

  1. 西川ダウン2019新作【メンズ】目玉はPHOTOGRAPHERSモデル

    西川ダウン2019新作【メンズ】目玉はPHOTOGRAPHERSモデル

  2. ファッションビギナー歓迎|基本的メンズファッションスタイル

    ファッションビギナー歓迎|基本的メンズファッションスタイル

  3. コンバースオールスターコーデ【メンズ】ローテクスニーカーのキング

    コンバースオールスターコーデ【メンズ】ローテクスニーカーのキング

  4. ダウンブランドを選べ!防水、防寒、オシャレの三拍子  

  5. KURO(クロ)コーデ【メンズ】おすすめデニムは「グラファイト」

    KURO(クロ)コーデ【メンズ】おすすめデニムは「グラファイト」

  6. ショートパンツおすすめブランドアイテム|街着×アウトドアの9本【メンズ】

    ショートパンツおすすめブランドアイテム|街着×アウトドアの9本【メンズ】

  7. 熱中症対策の日傘【メンズ】晴雨兼用の頼れるやつ

    熱中症対策の日傘【メンズ】晴雨兼用の頼れるやつ

  8. 【雨にも負けず】ナノ・ユニバース「Squall Proof」パンツ【2018秋冬】

    【雨にも負けず】ナノ・ユニバース「Squall Proof」パンツ【2018秋冬】

PAGE TOP