【コスパで選ぶ】チャッカブーツおすすめブランド【メンズ】

人それぞれ、チャッカブーツに対しての安い、コスパの良さ、かっこよさはあるかと存じますが、アパレル経験から見出した、周りからも納得される安くてコスパもいいチャッカブーツブランドを書いていきます。

カジュアルのみじゃなく、ビジネスからスーツにまで応用できるモノもあります。

コスパで選ぶ。チャッカブーツおすすめブランド6

自身の経験だけじゃなく、周りの経験談、そして、長い目で見た客観的メリットから選出。

ブランド1:クラークス(Clarks)

クラークス チャッカブーツ(デザートブーツ) 画像

『クラークス』といえば、デザートブーツですけども、チャッカブーツとの大まかな違いは革の厚さ、スエードになっているかなど現在明確な線引きはあるようでなくなってきています。

そんな中、『クラークス』のチャッカブーツはデザートブーツブランドとしての大義名分、オリジネイターという立場、価格に見合ったコスパを感じるクオリティ、トレンドに関係ない普遍性、最初の1足目筆頭候補。

スエードとスムースレザーがありますので、ビジネスよりならスムースレザーを。

『クラークス』
チャッカブーツ(デザートブーツ)

ブランド2:グリーンレーベルリラクシング(green label relaxing)

チャッカブーツ コスパ グリーンレーベルリラクシング(green label relaxing) 画像1
チャッカブーツ コスパ グリーンレーベルリラクシング(green label relaxing) 画像2

『ユナイテッドアローズ』グループが展開する『グリーンレーベルリラクシング』のオリジナルチャッカブーツ。膨大なアパレル製品のブランドバイイング、情報の経験から、価格、質、デザインなどバランスの良さを実現したモノ。

『グリーンレーベルリラクシング』
SC GLR スエード チャッカ ブーツ

ブランド3:ティーケータケオキクチ(tk.TAKEO KIKUCHI)

チャッカブーツ ビジネス ブランド3:ティーケータケオキクチ(tk.TAKEO KIKUCHI) 画像1
チャッカブーツ ビジネス ブランド3:ティーケータケオキクチ(tk.TAKEO KIKUCHI) 画像2

オーソドックスで王道のプレーントゥ、艶やかな牛革がビジネスに、カジュアルにバランスを取ってくれるチャッカブーツ。きれいめファッション、トラッドベースのファッション向き。

『ティーケータケオキクチ』
【日本製】レザーチャッカブーツ

ブランド4:デデスケン(Dedesken)

コスパ 日本製本革チャッカブーツ 画像1
多分、安いチャッカブーツでお目にかかったことがあるかと。他に『デデス』、『グラベラ』などありますけども、安くてコスパのバランスなら『デデスケン』。

ただ、臭いが気になる方は多いかなと思う。どうしても気になる方はインソールやスプレーなどで対策。

『デデスケン』
日本製本革チャッカブーツ

ブランド5:レインファブス(RAINFUBS)

憂鬱な雨の日を足元から楽しく過ごして欲しいという願い、造語から生まれた日本ブランドが『レインファブス』。

雨の日でもオシャレに、楽しく履けるチャッカデザインのレインブーツは、レザーを使った革靴の様な履きシワやステッチを忠実に再現し、履き方の気持ち面でもカジュアルにしている。

『レインファブス』
レイン チャッカブーツ

ブランド6:シップスメン(SHIPS MEN)

SHIPS SC: ホースレザー チャッカブーツ 画像1
SC: ホースレザー チャッカブーツ 画像2

マッケイ製法による柔らかいホースレザーの質感、ヴィンテージ加工が特徴のチャッカブーツ。シーズンレスで使えるデザインは、ボトムスのレングスの遊びも楽しくなる一足。

価格は、¥21,600(税込)と紹介するチャッカブーツの中で1番高い。ただ、心理面、納得面で十分コスパは得られる。

『シップス』
SC: ホースレザー チャッカブーツ

1万円〜2万円前後のチャッカブーツが、コスパ、安さ、かっこよさを満たす3つの理由

SC GLR スエード チャッカ ブーツ 画像1

1万円〜2万円前後のチャッカブーツが、安い価格でコストパフォーマンスを満たす理由を箇条書きで書いていきます。

1・いくら安くても周りからの評判が悪いチャッカブーツはコスパを満たしていない。本末転倒を回避できる。
2・1万前後または、少し高くなってくると質が納得できるレベルに向上されている。説得力のあるブランドからも購入可能。
3・デザイン、レザー、スエードの質感によっては、カジュアルだけじゃなく、ビジネス、スーツにも応用可能。

この3つです。

SC GLR スエード チャッカ ブーツ 画像2

すでに色々調べている方は、なんとなく察している方もいるかなと思います。異様に安いチャッカブーツは、やたらとつま先が上向きになっている、とんがっている、レザーの質、スエードの質がいくらなんでも安っぽすぎるなど。

そこから導き出せるのは、安い価格に見合ったパフォーマンスを満たすのは、1万円〜2万円前後がボーダーライン。できるだけ安く済ませ、ダサいと言われない、レザーが剥がれたなどの失敗を避ける場合、1万円前後を狙い撃ちしましょう。

▽あわせて読みたい:

Thumbnail by:MAGASEEK:SHIPS

RELATED ARTICLE

  1. コンバースオールスターの履き方。着こなしを決めるパンツと裾丈

    コンバースオールスターの履き方。着こなしを決めるパンツと裾丈

  2. 夏の服装の靴はサンダルで。人気サンダルブランドモデル【メンズ】

    夏の服装の靴はサンダルで。人気サンダルブランドモデル【メンズ】

  3. 男のスタンダードのヘインズジャパンフィット。赤パックが汎用性グンバツ

    男のスタンダードのヘインズジャパンフィット。赤パックが汎用性グンバツ

  4. ワードローブの買い足しTシャツ【2019夏セール・再入荷】

    ワードローブの買い足しTシャツ【2019夏セール・再入荷】

  5. 【アメカジコーデ】おしゃれメンズのチェックシャツ×スキニー×チャッカブーツ

    【アメカジコーデ】おしゃれメンズのチェックシャツ×スキニー×チャッカブーツ

  6. アディダス×ナンバーズエディションコラボ|スケート×スポーツミックス

    アディダス×ナンバーズエディションコラボ|スケート×スポーツミックス

  7. リブパンツメンズブランド7|寝間着と言わせないお洒落シルエット

    リブパンツメンズブランド7|寝間着と言わせないお洒落シルエット

  8. セレオリマウンテンパーカー7アイテム|アレと被りたくない人向け

    セレオリマウンテンパーカー7アイテム|アレと被りたくない人向け

PAGE TOP