クライミングパンツブランド&アーバンアウトドアコーデのコツ

以前に、メンズのクライミングパンツコーデ・着こなしを、クライミングパンツブランドの2大巨頭である『グラミチ』と『ロックス』に絞って書きました。

▽以前に書いたもの

他のメディアでも色々書いてありますし、クライミングパンツはしばらく書かなくてもいいかなと思いましたが、ちょっとしたスタイリングのコツやアイテムの選び方の基準など書こうかなと。

では、スタイリングのコツ、春夏のクライミングパンツと秋冬のクライミングパンツを書いていこうと思います。

新作も続々。春夏と秋冬のクライミングパンツブランドアイテム

『417 EDIFICE』:GRAMICCI(グラミチ)別注 STRETCH PUNCH PANTS

417EDIFICE:GRAMICCI(グラミチ)別注 STRETCH PUNCH PANTS 画像1

アウトドアの雰囲気を消し、『417 EDIFICE』らしさのスラックスライクなルックの別注品。『グラミチ』への敬意とオリジナリティーを表現した一本。

『417 EDIFICE』:GRAMICCI(グラミチ)別注 STRETCH PUNCH PANTS 画像2

ブランド:『グラミチ』
商品名:別注 STRETCH PUNCH PANTS

『nano・universe』:ウールライクTRクライミングパンツ

『nano・universe』:ウールライクTRクライミングパンツ 画像1

ウールのような素材感でシュッとした印象を与えるクライミングパンツはきれいめの着こなしスタイリングにもってこいだ。細すぎるシルエットじゃないので頑張っている感もないコーデが出来ます。

『nano・universe』:ウールライクTRクライミングパンツ 画像2

ブランド:『nano・universe』
商品名:ウールライクTRクライミングパンツ

『Mt Design 3776×Gramicci 』:ツイルマウンテンパンツ

『Mt Design 3776×Gramicci 』:ツイルマウンテンパンツ 画像1

『Mt Design 3776×Gramicci 』:ツイルマウンテンパンツ 画像2

ブランド:『Mt Design 3776×Gramicci 』
商品名:ツイルマウンテンパンツ

『KRIFF MAYER』:ナロークライミングパンツ(9分丈)

『KRIFF MAYER』:ナロークライミングパンツ(9分丈) 画像1

9分丈のクライミングパンツでレングス処理が楽しくなる一本。ナローシルエットのタイトなレッグラインでスッキリと見せるスタイリングがしやすい。

ブランド:『KRIFF MAYER』
商品名:ナロークライミングパンツ(9分丈)

『GRAMICCI×BEAMS』:別注 コンフォータブルパンツ

『GRAMICCI×BEAMS』:別注 コンフォータブルパンツ 画像1

8つのポケットを配したデザイン、耐久性に優れ、撥水性のあるナイロン混のタッサー素材とドライな風合いがカッコいいクライミングパンツの機能性を最小限に高めたミニマルなパンツ。

ブランド:『GRAMICCI×BEAMS』
商品名:別注 コンフォータブルパンツ

『coen』:【WEB限定】ストレッチスキニーデニムクライミングジョガーパンツ

『coen』:【WEB限定】ストレッチスキニーデニムクライミングジョガーパンツ 画像1

主な3つの特徴と評判。足に吸い付く美しいテーパードスキニーシルエット、動きやすさを実現するストレッチ素材×クライミングパンツのデザイン、通年使える絶妙な生地の厚みのデニム生地。現在購入できるカラーは4つですね。ウェブ限定とはいえ、在庫がジワジワとなくなっていく。

『coen』:【WEB限定】ストレッチスキニーデニムクライミングジョガーパンツ

ブランド:『coen』
商品名:【WEB限定】ストレッチスキニーデニムクライミングジョガーパンツ

『GRAMiCCi×SHIPS』:別注 COOLMAX(R) ショーツ

グラミチ×SHIPS クールマックス ショーツ 画像1

元々の『グラミチ』クライミングショーツをベースに吸水速乾性と通気性に優れたハイテク素材”COOLMAX(R)”を採用した『シップス』の別注モデル。夏向けのパンツとして特化しています。

ブランド:『グラミチ×SHIPS』
商品名:別注 COOLMAX(R) ショーツ

『Mt Design 3776xGramicci』:別注デニムMountain Pants

『Mt Design 3776xGramicci』:別注デニムMountain Pants 画像1

シーズンレスに使えるデニムの質感とサイズ感、カラー具合に仕上がった『アーバンリサーチドアーズ』の『Mt Design 3776』人気別注モデル。
少し緩めのサイズ感で履いたほうがおしゃれで馴染んだ着こなしがしやすい。

『Mt Design 3776xGramicci』:別注デニムMountain Pants 画像2

ブランド:Mt Design 3776xGramicci
商品名:別注デニムMountain Pants

『Gramicci』:NN-パンツ

グラミチ NNパンツ 画像1

ヒップ周りをスッキリさせ、ストレッチ入りで快適な動きとシルエットを実現した人気定番クライミングパンツ。いつも思うのですが、アマゾンの写真どうにかならないのか…。NNパンツを履いたメンズコーデを見ればカッコいいと分かるのですけど、この写真だとイメージが伝わりづらい。

ブランド:『Gramicci』
商品名:NN-パンツ(ニューナローパンツ)

『ROKX』:コットンウッド クライミングパンツ

ロックス コットンウッド クライミングパンツ 画像1

知っている方は御存知の通り、『グラミチ』と『ロックス』の創業者は同じマイク・グラハム氏ですね。大きな違いはやはりリブ使い。ストリート色とスポーティな印象をより強くしたクライミングパンツが『ロックス』です。

ブランド:『ROKX』
商品名:コットンウッド クライミングパンツ

クライミングパンツをアーバンな着こなしにするコツ

クライミングパンツをアーバンファッションにするコツ 画像

via:wear

スポーティな素材は避ける

タウンユースとして使いやすい素材・生地はコットンベースやウールなどの素材感がイイ。シャカシャカとした質感が好きなら、マウンテンパーカーなどのトップスアイテムだけにとどめておくこと。

デニム、ツイルがタウンユースに使いやすい

ブランドがリリースするモノで大半はデニム、ツイル生地のモノです。他にはウールライクなスラックス、ジョガーパンツとミックスさせたジャージ生地やスウェット生地、秋冬ならフリース、コーデュロイなどがありますね。

シルエットはスリムが無難。慣れている方はルーズ感のあるスリムがおすすめ

シルエットはスリムが無難。慣れている方はルーズ感のあるスリムがおすすめ 画像

via:wear

リリースされるクライミングパンツもスリムシルエットが大半なので、無難とか改めて書くことでもないのですけど、このスリム感をパンツだけにはき違えるともさい感じになってしまう。
タイトシルエットだから簡単にスマートに見えることはありません。今の気分ではアンクル丈くらいのレングスにするのが手っ取り早い解決策です。

普段着からアウトドアシーンまで。クライミングパンツメンズスタイリング

先程、今の気分ではアンクル丈のバランスで穿きこなすのがオススメと書いたので、アンクル丈のスタイリングのみです。

クライミングパンツコーデ:アンクル丈の着こなし

 画像1

via:wear

ベージュのクライミングパンツと七分丈のカットソーでリラックスした雰囲気のスタイリング。カットソーのシワがいい感じでクライミングパンツの生地感とも合っていますね。

 画像1

via:wear

アウター:ARC’TERYX
クライミングパンツ:Goodwear

冬の季節感にも合っているブラックカラーを基調にし、アイテムの素材感も重めで統一。

 画像1

via:wear

アウター:patagonia
インナー:URBAN RESEARCH
クライミングパンツ:GU

ライトなアウターとデニムクライミングパンツでアクティブなアーバンアウトドアファッション。

 画像1

via:wear

ベスト:go slow caravan
クライミングパンツ:coen
シューズ:RUSSELL MOCCASIN

ロールアップなしのアンクルクライミングパンツに、ネルシャツとベストでアメカジとアウトドアのミックス。

 画像1

via:wear

ベスト:ABAHOUSE
クライミングパンツ:coen
帽子:NEW ERA

ブルーカラーの統一感とアメカジ感のあるアイテムを統一させたストリートファッション。ブラウンのシューズと赤のソックスで足元にアクセントを。

 画像1

via:wear

アウター:ikka
クライミングパンツ:coen
シューズ:SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH

アウターが主役じゃなく、シャツのバランス感が主役。クライミングパンツを馴染むようにコーディネート。

 画像1

via:wear

着用アイテム:UNITED TOKYO

クライミングパンツを含めたカジュアルアイテムをドレスシューズでアーバンな雰囲気を強めに。

 画像1

via:wear

着用アイテム:ALDIES

オーバーサイズのクライミングパンツをタイトなトップスでAバランスで。『アールディーズ』らしい着こなし方なので、似合うかどうかはかなり分かれますね。

 画像1

via:wear

アウター:KLATTERMUSEN
トップス:SATURDAYS SURF NYC
クライミングパンツ:Gramicci

『クレッタルムーセン』のアウターと『グラミチ』のクライミングパンツの組み合わせで王道的かつセンスのいい着こなし方。クライミングパンツのロールアップ、インナーの見せ方、帽子の被り方など細かい配慮にセンスの良さが出ていますね。

Thumbnail by:MAGASEEK:『Mt Design 3776xGramicci』

GOOGLE CUSTOM SEARCH

PAGE TOP