靴下コーデ【メンズ】アンクル丈、ショートパンツのベターなソックス見せ

バランスのいい靴下コーデは、ロングパンツ、アンクルパンツ、ショートパンツから見える靴下(ソックス)の見え具合が決め手。

過剰に靴下が主張しているような着こなしは、ファッション文脈やアウトドア文脈など分かっている上級者向けで、ベターで清潔感重視のコーディネートなら、靴下はアンクル(くるぶし)丈がベター。

靴下コーデ サンプル着こなし 画像1
ソックスが見えてもいい分量は「靴からちょっと見えるくらい」がコツです。センチでいうと3センチくらい。

靴下コーデの色や柄ですが、基本はなんでもよく(よほどのことがない限り、コレはヤバイだろ?レベルのソックスは選ばないと思う)、重要なのは、先程も書いた「ちょっと靴から見えるくらい」を守ることです。

見えるソックスの分量がちょうどよければ、色や柄がある程度目立つデザインでもいやらしく感じる人はそこまでいないでしょう。

▽「靴下をイチイチ考えるのがめんどくさい!」という方は、ハイカット一択です

「靴下をイチイチ考えるのがめんどくさい!」という方は、ハイカット一択 画像1

via:WEAR

ハイカットスニーカーで、靴下を見えなくし、パンツレングスも調整。

メンズの靴下コーデ:アンクルパンツ・アンクル丈ロールアップ

最初からくるぶし丈くらいにデザインされているアンクルパンツだけじゃなく、ロールアップでレングスを調整するなど、持っているパンツアイテムでアレンジ可能です。

パンツシルエットをクリアしたなら、あとはソックスが見える分量のみ。

上級者向け靴下見せその1

上級者向け靴下見せその1 画像1

via:WEAR

ブラックコーデにちらりとのぞく靴下がワンポイント。だけど主張しすぎていないバランス。

パンツのロールアップでレングスを調整するなど真似しやすいテクはありますが、着こなしに自信のあるメンズ向けです。

ブルゾン:HAVERSACK
スニーカー:New Balance

上級者向け靴下見せその2

上級者向け靴下見せその2 画像1

via:WEAR

ブランド選びももちろんですが、サイズバランス、色使い、ファッションジャンル、自分が持っている雰囲気など総合バランスが高い。

白の靴下の見え具合、ローファー選びなど、トラッドミックス具合も巧み。

ライダース:MARTIN MARGIELA
革靴:Christian Louboutin

アンクル丈のパンツならこれくらいが基本

アンクル丈のパンツならこれくらいが基本 画像1

via:WEAR

外さない靴下の見え具合は、画像の方くらいが基本です。ソックス見せの着こなしはコレを守りましょう。

マウンテンパーカー:THE NORTH FACE
スニーカー:NIKE

ライトグレー、白のソックスもこれくらいならいやらしくない

ライトグレー、白のソックスもこれくらいならいやらしくない 画像1

via:WEAR

これ以上、靴下を見せすぎると、全体バランスが取りにくくなるので、絶妙な見え具合かなと思いますし、アンクルパンツはもちろんのこと、持っていない方でも、ロールアップで調整しやすい長さでもあります。

シャツ:GIORDANO
ジーンズ:AZUL by moussy
スニーカー:VANS

見えるか、見えないかのバランスもおすすめ

見えるか、見えないかのバランスもおすすめ 画像1

via:WEAR

チラリズムとは違いますけど、このくらいの靴下の見え具合もいい。色はなんでもいいです。

スリムパンツが多いですが、ルーズシルエットでもOKです。

スリムブラックパンツ:H&M DIVIDED
スニーカー:VANS

ブーツからのぞかせる靴下コーデ

ブーツからのぞかせる靴下コーデ 画像1

via:WEAR

靴はトップがくるぶしくらいのチャッカブーツをチョイス。ルーズシルエットのジーンズをロールアップで、靴下をほどよくアクセントに。

シャツ:DENIM & SUPPLY
ブーツ:Clarks

白×赤のチェッカーソックスも見え具合が重要

白×赤のチェッカーソックスも見え具合が重要 画像1

via:WEAR

ワイドパンツのレングスの長さがちょうどよく、チェッカー柄のソックスもいやらしくならない。もう少しレングスが長いほうが、真似しやすい方は多いかなと思いますが、参考までに。

フリースベスト:Patagonia
パンツ:BEAMS PLUS

立っていると見えないけど、座れば見えるパンツレングス

立っていると見えないけど、座れば見えるパンツレングス 画像1

via:WEAR

椅子に座ったときに靴下が見え、立っているときは見えないくらいの長さ。靴下を考えるのが面倒だと思うメンズはこのくらいの9分丈と10分丈の間くらいのパンツレングスもいい。

セットアップスーツ:JOURNAL STANDARD

ベターな靴下コーデのギリギリライン

ベターな靴下コーデのギリギリライン 画像1

via:WEAR

靴下見せのOKラインギリギリの分量かなと思います(あくまでベターな場合の)。セットアップスタイルにチェックシャツとカジュアルな出で立ちに、革靴でちょっとドレス要素をミックス。

セットアップスーツ:JOURNAL STANDARD relume

メンズの靴下コーデ:ショートパンツ・短パン

夏シーズンに活躍するショートパンツは、裸足×サンダルが通常ですが、その日の天候、履いていく場所、バーベキューなどのレジャーでは靴下とサンダルを組み合わせるコーデもOK。ポイントは靴下を主張させすぎないこと。

オールドスクールなカルチャー色の着こなしでもないかぎり、スニーカーと同じくらいのアンクル丈ソックスがベター。クォーター丈は、キャラ、佇まいなど本人の雰囲気に大きく左右されますし、わざわざ挑戦するほどでもないかなと。

サンダルから見えるちょっとな分量がナイス

サンダルから見えるちょっとな分量がナイス 画像1

via:WEAR

ちょっとトップが長めのスニーカーソックスやクォーター丈のソックスでもアウトドアレジャーなどではOKですが、あくまで街コーデならこれくらいがいい。『シェラデザインズ』を選ぶところもニクイ靴下コーデ。

色は全体をアースカラーで。

Tシャツ:コロンビア
ショートパンツ:ROKX
靴下:SIERRA DESIGNS

色のトーンが合っているダークカラー靴下コーデ

トーンが合っているダークカラー靴下コーデ 画像1

via:WEAR

辛子色のショートパンツと『キーン』の名作サンダル以外は、ダークカラーでバランスを。このくらいの見え具合もベターです。

ショートパンツ:UNIQLO
サンダル:KEEN
靴下:mont-bell

ソックスのデザインロゴ見せ

ソックスのデザインロゴ見せ 画像1

via:WEAR

『ナイキ』のブランドロゴを見せる靴下コーデ。スニーカー、サンダルとどちらでもOKなくるぶしソックスの長さ。

シャツ:DRESSTERIOR
靴下:NIKE

スポーツコーデにボーダーソックス

スポーツコーデにボーダーソックス 画像1

via:WEAR

ハイテクスニーカーに、他のアイテムも思いっきりカジュアルにしたスポーツコーデにラインボーダーソックスをチョイス。

ドレス要素がない着こなしにラインボーダーソックスは使いやすい。

ショートパンツ:Saturdays NYC
スニーカー:Reebok

▽フェスは場所、気候変化、気温変化などがありますので靴下コーデは使える:

▽あわせて読みたい:

Thumbnail by:MAGASEEK:GRAMICCI×EDIFICE / グラミチ別注 4wayトラウザー

RELATED ARTICLE

  1. オーバーオールコーデ【メンズ】こなれたワーク感が魅力

    オーバーオールコーデ【メンズ】こなれたワーク感が魅力

  2. イージーパンツおすすめ【メンズ】おしゃれ感はアンクル丈とテーパードで

    イージーパンツおすすめ【メンズ】おしゃれ感はアンクル丈とテーパードで

  3. バンズオールドスクールコーデ【メンズ】人気トップスニーカー着こなし

    バンズオールドスクールコーデ【メンズ】人気トップスニーカー着こなし

  4. 無印良品メンズ着こなしコーデ|シャツアイテムは鉄板

    無印良品メンズ着こなしコーデ|シャツアイテムは鉄板

  5. チャンピオン別注アイテム【秋冬2018】スポーツミックスの最右翼

    チャンピオン別注アイテム【秋冬2018】スポーツミックスの最右翼

  6. 1枚でこなれ見え。夏服おすすめトップス【30代メンズ・2019】

    1枚でこなれ見え。夏服おすすめトップス【30代メンズ・2019】

  7. コンバースオールスターの履き方。着こなしを決めるパンツと裾丈

    コンバースオールスターの履き方。着こなしを決めるパンツと裾丈

  8. グラミチショーツコーデ|春夏のヘビロテ筆頭ボトムス【メンズ】

    グラミチショーツコーデ|春夏のヘビロテ筆頭ボトムス【メンズ】

PAGE TOP